日本の小京都、兵庫県・龍野で巡りたい!観光スポット6選

龍野は「播磨の小京都」と言われる脇坂藩の城下町で、かつての経済規模で表すと「5万3000石」と言われ、とても大きな規模を誇りました。今も武家屋敷や醤油蔵が建ち並ぶ旧市街が残り、情緒を感じさせてくれます。龍野はかつて兵庫県西部に存在した地域で、現在は「たつの市」となっています。今回は、そんな龍野でぜひ訪れたいスポットを6選紹介します。

武将たちの戦いの跡・龍野城

戦国時代、武将赤松村秀により築城されたのが鶏籠山城でした。
この城は一度廃城になりましたが、その後大名脇坂安政が龍野城として再建しました。
明治時代に入ると再び廃城となり、多くの建物が失われてしまったため、現在の御殿や隅櫓、埋門などは1970年代に再建されたもの。
白い土壁が築城当時の面影を伝えています。

龍野城の住所・アクセスや営業時間など

名称 龍野城
住所 兵庫県たつの市龍野町上霞城128?1
営業時間・開場時間 8:30-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.tatsuno.lg.jp/shoukoukanko/rekishi.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍野城のスポットページ

県内有数の桜の名所・龍野公園

龍野城跡を公園にしたスポットなのが、龍野公園です。
兵庫県内で有数の桜の名所として人気で、毎年多くの花見客で賑わいます。
3本の遊歩道が整備されているので、ゆっくり散策にもおすすめ。
一目3000本と言われる桜は、感動的な美しさです。
三木露風作詞の「赤とんぼ」の歌碑など、桜以外の見どころも豊富で、のんびり過ごせるスポットとなっています。

龍野公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 龍野公園
住所 兵庫県たつの市龍野町下霞城
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.tatsuno.lg.jp/toshikeikaku/toshiseibi/tatsunokoen.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍野公園のスポットページ

龍野名物と言えば・うすくち龍野醤油資料館

龍野の名物と言えばうすくち醤油。
かつて「ヒガシマル醤油」本社として使われていた建物が、現在は醤油専門の博物館として親しまれています。
龍野では昔から醤油生産が行われてきましたが、江戸時代にうすくち醤油が生まれてからは、特に繁栄を極めたのだとか。
醤油の製造に関するさまざまな資料が展示されている博物館は珍しく一見の価値ありなので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
美味しいお土産購入にもぴったりですよ。







うすくち龍野醤油資料館の住所・アクセスや営業時間など

名称 うすくち龍野醤油資料館
住所 兵庫県たつの市龍野町大手54-1
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 10円
参考サイト http://www.higashimaru.co.jp/enjoy/museum/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

うすくち龍野醤油資料館のスポットページ

もうひとつの名物も堪能・揖保乃糸資料館そうめんの里

うすくち醤油と並んで有名な龍野の名物と言えば、揖保乃糸でしょう。
龍野は室町時代からそうめんの名産地として知られ、特に江戸後期から盛んになりました。
揖保乃糸資料館そうめんの里では、そうめん作りの実演や製造工程の見学、歴史を学べる展示室など内容も盛りだくさん。
季節に合わせて流しそうめんや温かいにゅうめんを頂くこともできるので、ランチタイムに合わせて訪れるのも良いでしょう。

揖保乃糸資料館そうめんの里の住所・アクセスや営業時間など

名称 揖保乃糸資料館そうめんの里
住所 兵庫県たつの市神岡町奥村56番地
営業時間・開場時間 現地時間9:00-17:00
利用料金や入場料 大人300円 中・高校生200円 小人100円
参考サイト http://www.ibonoito.or.jp/soumennosato/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

揖保乃糸資料館そうめんの里のスポットページ

名字帯刀が許された庄屋敷・永富家住宅

江戸時代に建てられた庄屋敷です。
国の重要文化財にも指定されている歴史深い建物です。
です。
江戸時代から大規模な修理もない状態で、ほぼ当時の姿が残っていて圧巻。
建物の要所要所が武家屋敷のようになっていて、大変面白い造りになっています。
永富家住宅の向かいには「秋恵園」があり、毎年6月には50品種のハナショウブが美しく咲き誇るので、合わせて巡ると良いでしょう。
次のページでは『梅の魅力いっぱい・世界の梅公園』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

兵庫県
国内
建築
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

兵庫県の記事を見る

神戸・三宮デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP30
神戸・三宮デートでランチするならここ!記念日ランチもバッチリな予約推奨レストランランキングTOP30
神戸デートで中華料理ならここ!予約推奨&記念日対応OKな中華料理レストランランキングTOP5/兵庫県デートガイド
神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
神戸元町ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP11
忠臣蔵・赤穂浪士四十七士の故郷「赤穂城」をご存知ですか?
明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?
【兵庫県】コウノトリ舞う但馬、小京都・出石(いずし)で皿蕎麦を
日本最古の名湯「有馬温泉」の愛される魅力とは
神戸の「五色塚古墳」周辺は歴史と遊びがいっぱいだった!
【神戸元町周辺の観光】「南京町」「神戸港」をめいっぱい楽しんできた!
「須磨浦山上遊園」で絶景とアトラクションを楽しもう!