アメリカのWEBサイトが選んだ日本の絶景スポット15選

日本に住んでいても、あなたが知らない絶景スポットは数多くあります。もしそうした場所に行ったことがないのなら、今がまさにそのチャンス。こちらのリストをご覧ください。アメリカのWEBサイト「boredpanda」が選んだ日本の絶景リストは、旅行のアイディアに良いかもしれません。この中に、最高のスポットがいくつか見つかるはずです。人気の観光名所もあれば、人里離れたスポットもあるでしょう。地図に全く載っていない場所もあるかもしれません。でも、ご安心ください!いずれも素晴らしい観光地であることは保障します。

Reference : boredpanda.com

#1 嵯峨野の竹林(京都嵐山)

#1 嵯峨野の竹林(京都嵐山)
そびえ立つ竹林の中を歩いていると、まるで別世界に来た気分がします。
行楽シーズンは特にそうですが、たとえ観光客で混んでいたとしても、嵯峨野の竹林がこの地域を訪れる観光客にとって外せないスポットであることは否めません。

嵯峨野 竹林の道の住所・アクセスや営業時間など

名称 嵯峨野 竹林の道
住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kyoto-2.jp/kanko/sagano-chikurin.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

嵯峨野 竹林の道のスポットページ

#2 秋の国営ひたち海浜公園

#2 秋の国営ひたち海浜公園
秋は、本州東岸にある人気の公園、国営ひたち海浜公園を訪れるのに最高のシーズンです。
東京から公共の交通機関を使って2時間ほどで行けるので、首都の喧噪を離れ、つかの間の休みを求めて日帰り旅行をするにはうってつけの場所となっています。

国営ひたち海浜公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 国営ひたち海浜公園
住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間・開場時間 現地時間9:30-17:00 季節により変動あり
利用料金や入場料 大人410円 小人80円 シルバー210円
参考サイト http://hitachikaihin.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国営ひたち海浜公園のスポットページ

#3 450万本の瑠璃唐草(国営ひたち海浜公園)

#3 450万本の瑠璃唐草(国営ひたち海浜公園)
東京の北東にある国営ひたち海浜公園は、年間を通して訪れるのに最高の場所です。
それは、季節の花が咲きほこり、景色を色とりどりのカンバスに変えてくれるからでしょう。
花の種類が一番多いため、訪れる季節としては9月がベストですが、こちらの瑠璃唐草(別名ネモフィラ)を見たければ、4月から5月にかけて訪れることをお薦めします。


国営ひたち海浜公園 みはらしの丘の住所・アクセスや営業時間など

名称 国営ひたち海浜公園 みはらしの丘
住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間・開場時間 季節により異なる
利用料金や入場料 大人410円 子供80円 シルバー210円
参考サイト http://hitachikaihin.jp/hana/nemophila.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国営ひたち海浜公園 みはらしの丘のスポットページ

#4 藤のトンネル(河内藤園)

#4 藤のトンネル(河内藤園)
藤のトンネルを通り抜けたいと思ったことはありませんか?なら、あなたは運がいい。
河内藤園がまさにそれだからです。
この藤園は九州北端にあり、公共交通機関を使って福岡から約1時間で行けます。
日本人は瑠璃唐草が大好きで、和歌にもよく出てきます。
当地を訪れるベストシーズンは、この花が咲きほこる4月下旬です。

河内藤園の住所・アクセスや営業時間など

名称 河内藤園
住所 福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
営業時間・開場時間 4月中旬~5月中旬(藤) 11月中旬~12月初旬(もみじ)
利用料金や入場料 咲き始め、咲き終わり 500円 中間 1000円 見ごろ 1500円 高校生以下 無料
参考サイト kawachi-fujien.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

河内藤園のスポットページ

#5 芝桜畑

#5 芝桜畑
富士芝桜まつりは、富士五湖に育つ鮮やかな芝桜を祝う年中行事です。
まつりにやって来る人たちを、驚くほど美しい景色が出迎えてくれます。
畑を埋め尽くす80万本を超えるピンクと白と紫の芝桜が、背後にそびえる富士山の壮大な敷地に向かって広がっているのです。
見頃は年によって違いますが、まつりは通常4月から6月にかけて行われます。
見晴らしが一番いいのは早朝です。

富士芝桜まつりの住所・アクセスや営業時間など

名称 富士芝桜まつり
住所 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
営業時間・開場時間 毎年異なる 2016年4月16日?5月29日 8:00~17:00
利用料金や入場料 大人(中学生以上)600円 小人(3歳以上)250円
参考サイト http://www.shibazakura.jp/sp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

富士芝桜まつりのスポットページ

#6 川越まつり(川越市)

#6 川越まつり(川越市)
東京でひと時を過ごすつもりなら、川越を訪れることをお薦めします。
川越は電車でたった30分で行ける、日帰り旅行には絶好のスポットです。
たくさんの川が流れていることで知られ、「小江戸」と呼ばれることも多いですが、それは、目抜き通りが江戸時代(1603-1867)の町の雰囲気を今に伝えていると言われているからです。
川越まつりに合わせて訪れれば、10月の第3土曜と日曜の2日間大いに楽しめるでしょう。
Yoshiyuki

Writer:

旅行に食べ歩き(特に和・中華・エスニック系)、冬(暑いのが大の苦手!)、そして何より「翻訳」が大好きです! できるだけ多くの皆さんに読んで楽しめる海外の記事をお届けできたら…よろしくお願いします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米
国内
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語