半日で制覇可能!京都・「嵯峨嵐山」周辺エリアで堪能できる秋の絶景スポット5選

世界に誇る日本の観光地、京都。見どころを挙げればキリがありませんが、特に京都が美しく映えるのが、秋の紅葉の季節です。今回はそんな京都の中でも、「嵯峨嵐山」周辺エリアで堪能できる秋の絶景を5選ご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

多くの無縁仏が眠る・化野念仏寺

多くの無縁仏が眠る・化野念仏寺

image by PIXTA / 12592199

古の昔より「化野」と呼ばれるこの地は、葬送の地として故人と永遠の別れを惜しむ場所でした。
そんな「化野念仏寺」には、何百年前からの無縁仏や8000体以上の石仏などを祀っています。
夏には「千灯供養」も有名で、何千本ものロウソクが揺らめく風景は、荘厳であり幻想的な雰囲気も感じられます。
秋にはオレンジや黄色に色づいた紅葉が境内をしっとりと囲み、石仏とのコントラストもまた素敵。
苔庭に降り積もる紅葉も見物です。

image by iStockphoto / 39513464

化野念仏寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 化野念仏寺
名称(英語) ADASHINO Nenbutsu-ji
住所 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
営業時間・開場時間 9:00〜16:30(1・2・12月は~15:30)
利用料金や入場料 大人500円 中高生400円
参考サイト http://www.nenbutsuji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

化野念仏寺のスポットページ

愛逢い地蔵が待つ静かな草庵・直指庵

愛逢い地蔵が待つ静かな草庵・直指庵

image by iStockphoto / 85084245

嵯峨野で心静かに落ち着きたいときには「直指庵」がおすすめ。
田園風景の中を歩いて行くと見える、1646年に結ばれた草庵で、葦葺の山門が目印です。
風にそよぐ竹林に囲まれた本堂は趣のある葦葺屋根。
紅葉の赤と合わさって、素敵な景観を作り出しています。
本堂には「想い出草ノート」があり、参拝者がさまざまな想いの丈を綴っています。
また縁結びのご利益があるという「愛逢い地蔵」も要チェック。
女子旅にもぴったりのスポットですね。

image by iStockphoto / 78256707








直指庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 直指庵
名称(英語) Jikisian
住所 京都府京都市右京区北嵯峨北ノ段町3番地
営業時間・開場時間 9:00~16:00(11月~12月上旬は9:00~16:30)
利用料金や入場料 大人500円 小中高生400円
参考サイト http://www5e.biglobe.ne.jp/~jikisian/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

直指庵のスポットページ

日本最古の人工池が自慢・大覚寺門跡

日本最古の人工池が自慢・大覚寺門跡

image by PIXTA / 17838397

平安時代に嵯峨天皇が建立した離宮が元になった門跡寺院です。
「大覚寺門跡」の一番の見どころは、日本最古の人工池である「大沢池」です。
離宮造営の際に唐の「洞庭湖」模して造られたのだとか。
「大沢池」の周りはゆったり散策するにもぴったりで、シーズンには美しい紅葉が楽しめます。
山々の彩りも借景のように、景色を引き立ててくれますね。
時間があれば本堂の池に張り出した「観月台」から、じっくりと紅葉鑑賞してみるのもおすすめです。

image by iStockphoto / 63884857

大覚寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 大覚寺
名称(英語) Daikakuji
住所 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
営業時間・開場時間 午前9時~午後5時
利用料金や入場料 大人500円 小中高生300円
参考サイト https://www.daikakuji.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大覚寺のスポットページ

平家物語が紡がれた地・祇王寺

平家物語が紡がれた地・祇王寺

image by PIXTA / 17901113

嵯峨嵐山駅から歩いて約20分の場所にある「祇王寺」は、「平家物語」にゆかりのある寺院です。
平清盛に愛された祇王とその母や妹、仏御前が過ごしました。
そのため、本尊大日如来のほか、平清盛と祇王らの木像も安置されています。
新緑の季節は庭全体が苔むす落ち着いたたたずまい。
秋には茅葺の庵を包むように、赤やオレンジの紅葉が格別の美しさを見せてくれます。
庵内にある大きな円い「吉野窓」は一見の価値ありで、季節ごとの風景を切り取った、絵画のような景色を堪能することができますよ!
次のページでは『侘び寂びを感じて・落柿舎』を掲載!
次のページを読む >>