三鷹、高円寺、立川…中央線に乗って個性豊かな街々を散策してみよう

常日頃から、通勤、通学の人々がひっきりなしに行き来する、東京の大動脈、中央線。

「日常の中の東京」を走る中央線沿いには、実はディープな東京を体感できるスポットが数多く点在します。あなただけのお気に入りの東京を探しに散策に出かけてみましょう。

image by PIXTA / 12470040

image by PIXTA / 24588904

古書と学生の街、御茶ノ水

古書と学生の街、御茶ノ水

image by PIXTA / 11400914

東京駅から中央線で2駅、御茶ノ水は都内随一の文教地区として知られています。

江戸時代、五代将軍徳川綱吉は、御茶ノ水を江戸における学問の街として発展させました。
それに伴い、多くの書店がこの地に開業し、学生と書物の街へと変貌を遂げていったのです。

image by PIXTA / 536426

現在でも、神田から御茶ノ水にかけては日本で最大の書店激戦区として知られ、特に古書、古本の品ぞろえの豊富さでは他の追随を許しません。
掘り出し物を探しに散策してみるのも楽しいですよ!






アングラな雰囲気漂う芸術とファッションの街、高円寺

アングラな雰囲気漂う芸術とファッションの街、高円寺

image by PIXTA / 8437957

サブカルの街として有名な中野に隣接する高円寺は、東京でも異色の雰囲気を放つ、芸術とファッションの街として知られています。

image by PIXTA / 11925422

個性的な古着屋やライブハウスが軒を連ねる高円寺は60年代から音楽やファッションを愛する若者の拠り所でした。
また、毎年8月下旬には東京で一番の盛り上がりを見せる阿波踊り祭りが開催され大変な賑わいを見せる街としても知られています。

都市と自然が融合した住みよい街、三鷹

都市と自然が融合した住みよい街、三鷹

image by PIXTA / 649309

東京郊外の街の中でもトップクラスの住みやすさを誇る三鷹。
都市の利便性と自然が融合したこの街は、今も昔もファミリーの憧れの街です。
次のページでは『急速な発展を続ける立川』を掲載!
次のページを読む >>