仁和寺、金閣寺…半日で巡れる京都「きぬかけの路」周辺エリアの秋の絶景スポット4選

世界に誇る日本の観光地、京都。見どころポイントを挙げればさまざまありますが、特に京都が美しく映えるのが、秋の紅葉の季節です。今回はそんな京都でも、「きぬかけの路」周辺エリアで堪能できる秋の絶景を5選ご紹介します。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

品格と由緒ある御室御所・仁和寺

品格と由緒ある御室御所・仁和寺

image by iStockphoto / 85414981

「仁和寺」は886年に発願され、光孝天皇と宇多天皇によって完成しました。
古都京都の文化財として、世界遺産にも選ばれるなど由緒正しい寺となっており、天皇たちが代々門跡を務めていたことから「御室御所」とも呼ばれるなど、品格ある門跡寺院の筆頭となっています。
応仁の乱で一度失われましたが、1640年代に再興。
今でも美しい建物が数多く残っています。
境内には国宝の「金堂」や金剛力士像が守る「仁王門」、「五重塔」など趣深いポイントがたっぷり。

春は桜の名所として「御室桜」が有名。
「京城勝覧」という江戸時代のガイドマップにもその記載があるほどです。
また紅葉の名所としても名高く、紅葉のシーズンは11月中旬から12月上旬頃。
赤く燃える紅葉と建物がよくマッチした秋の風景は、まるで絵画を眺めているかのようです。

image by iStockphoto / 16100801


仁和寺の住所・アクセスや営業時間など

名称仁和寺
住所京都府京都市右京区御室大内33
営業時間・開場時間9:00-17:00
利用料金や入場料500円
参考サイトhttp://www.ninnaji.or.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

仁和寺のスポットページ

極楽浄土を表した・金閣寺

極楽浄土を表した・金閣寺

image by PIXTA / 20024442

「きぬかけの路」で最も賑わいを見せる世界遺産であり、北山文化の代表格と言えばこの「金閣寺」は外せないでしょう。
京都らしいスポットの代表格として、ガイドブックやメディアにも良く取り上げられているため、多くの人が一度は目にしたことがあると思います。
正式名称を「鹿苑寺」と言い、お釈迦様の骨を祀っている舎利殿の「金閣」が有名ですね。
足利義満が造り出した別荘建築と庭園は、極楽浄土を表現したものなのだそう。

紅葉のシーズンである11月中旬から12月上旬ともなると、「金閣寺」の金色と紅葉が作り出す絶景を目当てに、多くの観光客が訪れます。
その美しさは日本でもトップクラスの呼び声が高いスポットでしょう。
古都の栄華を長年見守ってきた「金閣寺」で、華やかな紅葉を愛でてみては!




鹿苑寺の住所・アクセスや営業時間など

名称鹿苑寺
住所京都府京都市北区金閣寺町1
営業時間・開場時間9:00-17:00
利用料金や入場料400円
参考サイトhttp://www.shokoku-ji.jp/k_about.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鹿苑寺のスポットページ

虎の子渡しの石庭・龍安寺

虎の子渡しの石庭・龍安寺

image by iStockphoto / 90545915

「龍安寺」は細川勝元が1450年に造った寺です。
長い歴史を誇る由緒ある寺で、「石清水八幡宮」より飛来した神龍が休めるように、と名づけられたのだとか。
「虎の子渡しの石庭」は世界的にも知られており、白砂を敷き詰めた広大な庭に、15個の石が配れています。
幅25m奥行き10mとそこまで大きな庭ではありませんが、禅の心や境地がぎゅっと凝縮された名スポット。
シンプルな雰囲気の中でじっくり侘び寂びを感じられます。

秋の「龍安寺」は、石庭の塀にかかる紅葉をぜひチェックしてみてください。
その他にも水戸光國ゆかりのつくばいや「鏡容池」、「山門」など、見どころが多いのでじっくり眺めてみましょう。
11月下旬から12月上旬が紅葉のトップシーズン。
赤や黄色に色付いていくしっとりした紅葉が楽しめますよ。

image by iStockphoto / 83383997


龍安寺の住所・アクセスや営業時間など

名称龍安寺
名称(英語)ryoanji
住所京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
営業時間・開場時間8:00-17:00
利用料金や入場料500円
参考サイトhttp://www.ryoanji.jp/top.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍安寺のスポットページ

貴族たちの散策地・船岡山公園

貴族たちの散策地・船岡山公園

image by PIXTA / 6134896

市内を見渡す素晴らしい風景と、紅葉のコラボレーションを楽しみたいなら、「船岡山公園」がおすすめです。
かつては京都で暮らす貴族たちの散策地となっていた風光明媚なスポットで、標高112mの小さな山ですが、ハギやツツジが咲き誇る遊歩道が整備されていて、散策にもぴったりです。

遊歩道そばには、バリエーション豊富な木々が植えられているため、秋になると赤や黄色、オレンジとカラフルな紅葉のコラボレーションが楽しめます。
頂上には東屋や藤棚があり、ほっと落ち着ける雰囲気。
頂上からは市街地が一望できますよ!「五山の送り火」で有名な「大文字山」や「京都タワー」も見渡せるので、夜に訪れるのもロマンチックかもしれません。
市街地から気軽にアクセスできる場所なので、デートの最後に紅葉と夜景を楽しむにもぴったりですよ。

LoveKobeGirl

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

京都
国内
建築
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
遺産総額70億円?!応仁の乱の原因を作った日野富子は金の亡者か?
「伏見稲荷大社」観光に行こう!京都観光常連が教える、外せないおすすめポイント
台車に船を載せて線路で運んだ?琵琶湖疏水の一部「蹴上インクライン」とは?
「青蓮院門跡」の歴代門主を務めた錚々たるメンバーをご紹介
桜に囲まれた格式高い「仁和寺」の天皇をめぐる歴史ロマン
「平安神宮」観光前に知りたい!平安神宮の基礎知識&外せないおすすめポイント
京都観光前に知りたい「平等院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
観光前に知りたい「祇園」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
幕末のターニングポイント「池田屋事件」が起きた原因と残したもの