ツアーも人気!沖縄観光で「石垣島」に絶対行きたい10の理由

日本の美しい海といえば、何と言っても沖縄。気軽な国内旅行で南国リゾート気分を味わうことができます。石垣島は沖縄県内では3番目に広い敷地を持つ島。一年中温暖な気候なこともあり、冬の観光もおすすめな場所です。今回はそんな石垣島の魅力に迫りたいと思います。

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選


透明度の高い美しい海に出会える

透明度の高い美しい海に出会える

image by iStockphoto / 29162510

浅瀬では海中の様子がこんなにもはっきりと見渡せるくらい、水が澄んでいることがわかります。
綺麗な海にしか生息できないと言われる珊瑚礁も生息していることから、石垣島の海の豊かさが伝わってきますよね。

海で楽しめるレジャーもたくさん!

海で楽しめるレジャーもたくさん!

image by iStockphoto / 74635049

海水浴はもちろん、バナナボートにダイビングと、海のレジャーをひとしきり楽しむことができます。
春にはかなり暖かな気候になっているので、夏を待たずに海遊びできるのも魅力的ですね。
癒されたくなったら是非訪れてみましょう。

ダイビング、シュノーケリングのススメ

ダイビング、シュノーケリングのススメ

image by iStockphoto / 84306811

石垣島の周辺は日本有数のダイビングスポットとしてもその名を馳せています。
観光客に向けたダイビングやシュノーケリングの体験ツアーも充実。
普段はなかなか見られない海中の青の世界にカラフルな熱帯魚に、竜宮城を思わせる景色があなたを待っています。

旅の醍醐味、和の旅館

旅の醍醐味、和の旅館

image by iStockphoto / 26316554

プール付きの豪華なホテルもよいですが、古き良き旅館に泊まるのも乙なもの。
なんだか修学旅行を思い出しますね。
水着に着替えてそのまま海へ走って行ってみたり、まるで青春時代の1ページのようなひと時が過ごせるかも。

石垣島へのアクセスは飛行機で

石垣島へのアクセスは飛行機で

image by iStockphoto / 89114173

石垣島へは那覇経由で飛行機を利用してのアクセスとなっています。
空から見る沖縄の海、石垣島の全容は行きと帰り、そして限られた時間帯にしか見れないもの。
じっくりと眺めてみてくださいね。

歴史的建造物を巡る

歴史的建造物を巡る

image by iStockphoto / 90098273

沖縄はその文化、歴史ともに本州とはまた違った道を歩んできた土地です。
一見してみると、異国のような建物や言葉、芸術品に溢れています。
そう言った歴史的建造物をのんびりと巡るのも素敵なひと時でしょうね。

幻想的なホタルの群れに会える

幻想的なホタルの群れに会える

image by iStockphoto / 93867511

こちらも時期は限定されますが、写真のように緑色の光が所狭しと飛び交うホタルの生み出す芸術にも触れることができます。
ホタルも水がきれいなところに生息すると言われていますよね。
沖縄の自然の豊かさ美しさを象徴する光景と言えるでしょう。

関連記事を見る

国内の記事を見る

おいしい伊東土産はこれ!全部食べて決めた伊東温泉のお土産ランキングTOP15
常連の私が決める!冬の京都観光で行きたい名所ランキングTOP30
浅草グルメ18選!実際に1週間かけて実食&徹底レビュー
伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10
修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩