「東映太秦映画村」はこう見よう!見どころやアクセス、観光ガイドまとめ

時代劇の撮影現場を見学できる場所として1975年に誕生した、京都のハリウッド「東映太秦映画村」。時代劇好きにはたまらなく、忍者や侍好きな外国人にも人気があります。時代劇を見たことのない子どもも楽しめるアトラクションもあって、家族連れにも嬉しい京都の観光地となっています。楽しい体験アトラクションやおすすめスポット、アクセス情報などを紹介していきます。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

出迎えてくれるのは「大手門」

出迎えてくれるのは「大手門」

image by iStockphoto / 69678403

先ず太秦映画村の象徴として、大きく構えているのが「東映大手門」。
二条城の大手門をモデルに建てられ、普段は修学旅行生や団体のお客様の入り口として迎えてくれます。
今でも映画などで撮影となれば、オープンセットとして大名の入城シーンなどの撮影場所としても活躍しています。

入村料 大人2200円 こども1100円

3Dシアターもあります 「パディオス」

3Dシアターもあります 「パディオス」

image by iStockphoto / 69678487

大手門の隣りにある現代風な建物は、パーク(公園)とスタジオを組み合わせた愛称の「パディオス」です。
チケット購入や一般の入り口があり、3階建ての建物内にはスーパー戦隊の3Dシアターや立体迷路など、天気に関係なく楽しめるゾーンになっています。
忍者の砦と名付けられた迷路は、3階構造になっていて忍者屋敷が迷路になって、家族で挑戦できるようなアトラクションです。

アニメキャラクターや戦隊ヒーローが登場するシーズンイベントもあります。

アトラクション体験は有料のものもあります。

時代劇の名シーンを思い出す「オープンセット」

時代劇の名シーンを思い出す「オープンセット」

image by iStockphoto / 99145849

新選組が襲撃した池田屋、時代劇で人気になった銭形平次親分の家などが、歩いて巡れるオープンセットになっています。
茶屋、酒問屋、両替屋などの時代劇で見たことのある暖簾がかかる大通りを歩けば、気分は江戸町民。
遊郭が並んで栄えた吉原通りも再現され、遊女の気分で撮影するのも楽しいです。

少し歩くと、文明開化後の明治時代を体感できる明治通りもあり、こちらではチンチン電車やハイカラな看板などが見られます。

せっかくなら時代劇役者に変身!

せっかくなら時代劇役者に変身!

image by iStockphoto / 96242653

江戸時代へタイムスリップしたような町を歩くなら、時代劇に登場する役者のような姿に変身してみるのもおすすめです。
武士や忍者、町娘や武家の奥方などの衣装を借りて着付けてもらい、映画村の中をそのまま1時間ほど観光もできます。
お子さま用の衣装もあるので、家族そろって、カップルや友だち同士で役者になりきって楽しめます。

変身には、衣装の着付けだけのお手軽扮装(4500円)と、プロのメイクさんにかつらをつけてもらい、メイクをする本格扮装(8500~16000円)とあります。
本格扮装ならお殿様やお姫様への変身もでき、プロの写真撮影(別途4000円~)をしてもらえば、貴重な京都観光の思い出になりますね。







image by iStockphoto / 97058105

映画やテレビ撮影を見学

映画やテレビ撮影を見学

image by iStockphoto / 99351013

映画村の中では、一日の中で何度か定時になると撮影風景を説明するショーや江戸でみられていた大道芸人の妙技など無料でみることもできます。
それだけでもわくわくさせてくれますが、タイミングが合えば、俳優の立ち回りなど実際の撮影現場を見学することもできます。

 太秦映画村の隣には東映京都撮影所があり、大きな室内スタジオもありますが、映画村のオープンセットでの撮影は映画村でも実際に行われています。
撮影中になってしまうとカメラ撮影などはできませんが、緊張した空気の中での演技は迫力があり、ぜひ生でみたいものです。

image by iStockphoto / 96926885

次のページでは『撮影スポットがたくさん「トリックアートの館」』を掲載!
次のページを読む >>