この階段、何段あるの?香川観光で行きたい「金刀比羅宮」のアクセスや営業時間まとめ

四国の北東にある香川県。香川県出身である俳優の要潤さんがPRをされていたり、讃岐うどんが有名で「うどん県」としても名を知られています。今回は、香川県の観光名所の中でもかなり知名度が高く、こんぴらさんとも呼ばれ親しまれている、「金刀比羅宮」をご紹介します。

日本で面積が一番小さな県、香川県

日本の四国の北東にある、香川県。
コシのある麺が特徴の讃岐うどんが有名ですね。
うどん屋さんの数もかなり多く、初めて訪れた際には衝撃を受けるほどです。
連日行列ができているお店もたくさんあり、うどん県と名付けられるのも納得がいきます。

それから、要潤さんのPRポスターもかなり目を惹かれます。
頭に残るキャッチコピーと、はっちゃけた要潤さんの姿が目に焼き付いて、思わず写真を撮らずにはいられない?こういった、香川らしい空気ですでに楽しめてしまいます。

観光もグルメも余すことなく満喫!

観光もグルメも余すことなく満喫!

image by iStockphoto / 26346642

香川へお出かけの際に、必ず予定に入れるのはうどんですよね。
うどんマップというものも配布されていて、お店によって人気のメニューも様々で、個性が異なるのでトッピングなども異なるので、せっかくなら、なるべく多くのお店に行って色々な味を楽しみたい。

でも、うどんってお腹にたまりますよね。
間髪入れずに次のお店へ!ってのはちょっと厳しいかも。
そんな時は思いっきり動いてお腹を空かせましょう。
そんな時は観光もしっかりと楽しめる「金比羅宮」がオススメです。

あなたはどこまでいける?1000段越えの石段

あなたはどこまでいける?1000段越えの石段

image by iStockphoto / 69686973

金比羅宮は、長く続いている参道の石段が有名です。
奥社まで登る階段は、なんと1368段もあります。
石段を登っている途中の参道には、両サイドにお土産屋さんやうどん屋さんなどがあるので、休憩をはさみながら登ることができます。
うっかり登っている最中にお買い物しないように用心ですね!かなりハードな道のりなので、荷物を持っていくのは大変です。

お祭りの開催時には、この石段を使用した「こんぴら石段マラソン」なんていうものも開かれているのだとか。

金比羅宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 金比羅宮
住所 香川県仲多度郡琴平町892-1
営業時間・開場時間 4月-9月6:00-18:00、 10月-3月6:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.konpira.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

金比羅宮のスポットページ

こんぴらさんの御本宮は785段目

こんぴらさんの御本宮は785段目

image by iStockphoto / 58758394

奥社までは1368段ですが、御本宮は785段目の所にあります。
ここをゴールとする方も多いようですね。
ご利益は海上安全や五穀豊穣、商売繁盛。
海に囲まれた四国。
漁師さんも多いですし、釣りを趣味とする方も多いので海上安全は本当にありがたいですよね。

御本宮からの眺めは素晴らしくて、瀬戸内海の方へ目を向けると、瀬戸大橋や讃岐平野などが一望できます。
雄大な景色が目の前に広がり、ここまでの道中の疲れも飛んでいっちゃいますね。








御本宮からさらに進んで、932段目

御本宮からさらに進んで、932段目

image by iStockphoto / 70148681

御本宮を超えると観光客の人数も減ってきて、今までにぎやかだった空気とはガラリと打って変わって、静かな空気が流れます。
自然も豊かで、空気も美味しく感じるはず。
のんびりと心を癒しながらこの先の道中に備えましょう。

そして932段目のところにあるのが、白峰神社。
年中を通して四季折々の魅力を見せてくれるこんぴらさんですが、この辺りは 紅葉谷とも呼ばれていて、秋になると木々が秋の色になり美しい紅葉を楽しむことができます。

ついに到着、1368段目!

image by PIXTA / 1301866

1368段の石段を登り切ると、たどり着く奥社。
この奥社の正式名称は厳魂神社といいます。
たくさんの神様が奉られている金刀比羅宮。
ここまでの道中にも神社がたくさんあり、神様にご挨拶をしながらたどり着いた頂上…。
きっと神様達も褒めてくれるはず!

ここからの見晴らしもかなり美しいので、疲れた体を癒してくれるはずです。
そして何より達成感もかなりのもの!パワースポットとしても有名な場所なので、たくさんのパワーを頂いたに違いありません。

金刀比羅宮へのアクセス

こんぴらさんへは、琴平駅から歩いて15~20分ほどです。

琴平駅までは、高松駅から電車で行くことができます。
JRと琴電のどちらでもアクセスが可能で、所要時間は長くて1時間半ほど。
少しお値段が上がりますが特急電車だと最短で36分ほど到着します。
のんびり公共の乗り物に揺られるのも素敵ですが、うどん巡りを予定していたりするなら、都心に比べ運転しやすいい道ですし、車もおすすめです。
バスや電車ではアクセスしにくいうどん屋さんも多いですし、時刻や乗り換えの心配もいりませんしね。

次のページでは『疲れた体を癒す、温泉宿』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

四国の記事を見る

四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
姫若子?鬼若子?四国の偉人「長宗我部元親」の半生を辿る
【臥竜山荘の歴史】崖からせり出した不老庵と、苔むした緑豊かな庭園が見どころ
【大洲城観光の前に知りたい】肱川の名前の由来は悲しい話?「大洲城」の歴史
人生で最も印象的だった「中山虫送り」。小豆島・中山千枚田の年中行事は一見の価値あり
小豆島に来たら絶対行きたい! 2大スポット「オリーブ公園」「エンジェルロード」
山奥に咲く芝桜が絶景! 隠れた名所「高開の石積み」へ
「来島海峡大橋」を渡って 橋と瀬戸内の多島美が魅せる絶景の旅
一度は降りてみたい絶景の無人駅「下灘駅」で 美しさとおもてなしに触れるデトックス旅
自然と人の営みが育んだ愛媛県宇和島地区のシンボル 「遊子水荷浦の段畑」で味わう豊かな旅
3000年の歴史のある湯の街・道後温泉とお城めぐり
【高知県】家族連れにも楽しい「のいち動物公園」を楽しもう【18歳未満・高校生以下は入園料無料】