栃木観光の完璧ガイド!地元民が伝授するモデルコースにグルメ・見どころ

栃木県と聞いても、「何があるのか分からない」と思っているあなた!とってももったいないんですよ。栃木県には歴史あるスポットやショッピング、デートスポットなど、たくさんの魅力的なスポットがたくさんあります。生まれも育ちも栃木県の筆者が、知っていれば100倍楽しめる、そんな栃木県を観光するなら知っておきたい情報をご紹介します。

栃木の観光のモデルコースはこう!

日帰りの場合

栃木県は大きく分けて5つのエリアに分かれます。
詳しく見ていきましょう。

1.日光エリア
2.那須エリア
3.県央エリア(宇都宮)
4.県南エリア(佐野・足利・栃木市)
5.県東エリア(真岡・芳賀郡)

このような分け方になります。

春は桜でどの地域でも楽しめますし、夏は避暑地として日光や那須がおすすめ、秋は紅葉で日光、冬は有名なイルミネーションがある県南エリアというくくりになります。

イルミネーションに関しては、後で詳しくお伝えしますが、リーズナブルな価格で楽しめるので、毎年行って楽しんでいても飽きないところがポイント。

そして何といっても日帰りなのに、贅沢な紅葉を見ることが出来る日光は遠方の方からも大人気!シーズン真っ盛りの時は渋滞がすごいので、回避術を後でお伝えします。
混んでも行きたくなるスポットですので、ぜひ参考にしてください。

1泊2日の場合


もし泊まりでいけるならば、日光方面がおすすめです。
温泉はもちろんのこと、観光スポットがたくさんあるので、2日とも思いっきり楽しむことが出来ます。
1泊2日ですと、栃木の中の1つのエリアを十分堪能することが出来ます。

中でも温泉に入ると、日頃の疲れが取れて身体も心もリフレッシュすることができますので、何回も行きたくなる魔法にかかったようになります。
冬は運が良ければ雪化粧をした景色を楽しみながら露天風呂に入ることも出来ますので、贅沢なひとときを味わえます。

そして、東北地方からも1泊出来れば思う存分楽しめます。
日光・那須エリアはもちろんのこと、県南エリアも十分楽しめますので、もし1泊2日が出来るなら、都心の方は那須エリア、東北地方の方は県南エリアというように、少し足を伸ばしてみると楽しみが増えておもしろいですよ。

県南エリアにはショッピングを楽しめるアウトレットは、都心から1時間半で来られるアクセスのよいエリアです。
1泊2日で楽しめるスポットがたくさんありますので、ぜひお越しください。

栃木のおすすめ観光スポットはここ!

お得にお買い物が出来る 佐野プレミアムアウトレット


約170のショップやレストランで構成されている「佐野プレミアムアウトレット」。
繁忙期には混雑必至の人気スポットになっています。
東北道から国道50号線に出たら、左車線をずっと行くとアウトレットの駐車場に向かいますので、左を走行すると便利な造りになっています。

さらに、駐車場は立体駐車場に空きがあることが多い傾向があります。
どうしても平面駐車場で建物に近いところに止めたいところですが、時間を有効活用するには、立体駐車場に止めて行く方が賢い回り方です。

素敵な時間が過ごせる 足利フラワーパーク


イルミネーションの賞を獲ったこともある有名なスポットがここ、「足利フラワーパーク」。
先程紹介した佐野プレミアムアウトレットとセットで訪れる方が多く、土日は周辺道路が大変混雑します。

その点を考えると、公共交通機関での移動がスムーズでとっても便利なんです。
渋滞で到着時間の見込みが立たないこともなく、ストレスフリーで向かえます。
車で行って渋滞でイライラして喧嘩してしまうカップルを何度か拝見しましたので、くれぐれも仲良くイルミネーションを楽しんでくださいね。

厄除け・方位除けならここ 佐野厄除け大師


年末年始にコマーシャルで流れる、「関東の三大師 佐野厄除け大師」はこちら。
年始には遠方から多くの方が参拝に訪れます。
周辺には有料駐車場がありますが、どこも満車になって、土地勘がないと車を止める場所を探すだけで疲れてしまいます。

ですので、ここは最寄りのJR佐野駅から出ている路線バスに乗って向かいましょう。
駅から比較的近く、アクセスも便利になってます。
ただし、年始は佐野プレミアムアウトレットと足利フラワーパークに向かう人の渋滞に巻き込まれることがありますので、特にイルミネーションとアウトレットのお帰りの渋滞が発生する「15時から18時」は避けた方が無難です。

江戸時代に行ってみよう 江戸ワンダーランド日光江戸村


江戸時代にタイムスリプ出来るのは、こちらの「日光江戸村」。
日光にあるので、紅葉や温泉の帰りによる方も多く、道も分かり安いのがポイント。
国道121号から鬼怒川バイパスを走っていくと、目印になる「ちょんまげを結った男性」の看板が見えてきます。

案内もとにかく江戸を思わせる面白い看板で、小さなお子様から大人の方まで楽しめるスポットになっています。
変身して、江戸ならではの気分に浸ることが出来るので、印象深い思い出になりますよ。

簡単に世界旅行をしよう 東武ワールドスクエア


世界の有名な建物を、ミニチュアサイズで展示しているスポットがこちら、「東武ワールドスクエア」昔は、「値段が高い」となかなか足を運ぶ方も少なく、知っている人の少ないスポットでしたが、クーポンなどが充実して、人気スポットになってきました。

東武鬼怒川温泉駅から徒歩5分のところにあることもあって、最近では外国の方もおおういらっしゃいます。
車で行くのも楽しいですが、もしお得に行くのなら、電車でチケットとセットのプランで行くのがおすすめです。

ペットと一緒に楽しめる 那須ガーデンアウトレット


ペットと一緒にショッピングを楽しむなら、ぜひ足を運んで頂きたいスポットがこちら。
東北自動車道「那須板室インター」から車で3分のところにあるので、道に迷わず行きやすいのが特徴になっています。
 

ショップの中には、抱っこかカートに乗せると入れるお店がたくさんありますので、一緒に楽しめるところがわんちゃん連れにはうれしいサービスになっています。

栃木の四季の見どころをご紹介

栃木の春・桜といえばここ!「日光杉並木」


春は桜を楽しめるのが日本人の醍醐味でもあります。
ですが、春と言えば花粉症に悩まされて、桜を楽しむ気分じゃない!そんな時でも桜を楽しめるスポットがこちらの杉並木。
杉と聞くと花粉症の心配をしてしまいそうですが、実はそこも安心してください。

車でドライブしながら楽しめる桜になっています。
日光の杉並木の通りは長いので、ドライブと桜を楽しめますので、花粉の中に身を置かなくても気持ちよく桜が楽しめるところがポンとです。

栃木の夏といえばここ!「霧降の滝」


夏は暑くて外に出たくない!そんな時は、栃木の涼しいところに行きましょう。
昔から、「華厳ノ滝」、「裏見ノ滝」とともに日光三名瀑の1つに数えられている有名な滝があります。

霧降高原道路をドライブしながらいける観光スポットなので、自然を思う存分楽しみながら、さわやかに涼しさを感じることも出来るので、まさに夏に足を運んで欲しいスポットになっています。
滝の音を聞いていると心が癒されて、とてもすがすがしい気持ちになることが出来ます。

霧降高原にはおしゃれなレストランもあって、ちょっとお腹が空いたときに立ち寄ることも出来ます。

栃木の秋・紅葉といえばここ!「いろは坂 明智平展望台」


栃木の紅葉と言えば、いろは坂が有名ですね。
もちろん、いろは坂をドライブしながら紅葉を楽しむこともおすすめですが、いろは坂の途中にある、明智平展望台に寄ってみましょう。

明智平展望台には、ロープウェイがありますので、いつもとは違う角度から紅葉を楽しむことが出来ます。
お値段もリーズナブルですので、ドライブの休憩も兼ねてぜひ立ち寄ってみてほしい紅葉スポットになっています。

栃木の冬といえばここ!「アウトレットとフラワーパークのコンビ」

先程ご紹介した、佐野プレミアムアウトレットと足利フラワーパークのコンビが栃木の冬は外せません。
魅力に関してはすでにお伝えしているので、ここでは、混雑回避術を伝授します。

イルミネーションが始まるのは16時頃なので、アウトレットで買い物をしてから向かう人が多いです。
その移動時間のピークは15時以降。
そのため、もし移動するなら、アウトレットに早めに行って、14時台には移動したいところ。
14時台に移動できれば、車でも混雑に巻き込まれる心配はほぼいりませんが、バスツアーの多さによって少し混雑具合が変わりますので、心しておきましょう。

早めの移動がおすすめです。

栃木観光で食べたいグルメはこれ!

ふわふわかき氷ならここ 「菊水苑」


日光にあるおいしい氷を扱っている、「松月氷室」から氷を仕入れています。

みかん、とちおとめ、白桃、などどれにしようか迷ってしまうメニューばかりで、特に暑い夏におすすめ。

どれもふわふわで美味しくて、1番のおすすめはとちおとめ。
やはり栃木県を代表するいちごですからね。
目の前に川があるので、川の流れを楽しみながらかき氷を楽しめます。

水もきれいで、魚やザリガニなどもいますので、小さいお子様を連れている方も安心して利用出来ます。

地元で愛されている一軒家カフェ 「エフカフェ」


ランチタイムは女性が多い印象がありますが、男性の方が1人でゆったりとした時間を過ごしている姿もあります。
地元では散歩がてら、のんびり食事を楽しめるスポットになっています。

店内はとても居心地が良く、窓からの田舎ならではの落ち着いた風景を楽しめます。
遠方の方もいらっしゃるのですが、知られていない穴場なので、ぜひ足を運んで欲しいおしゃれスポットなんですよ。

一軒家のカフェということもあって、ゆったりとした時間が過ごせます。
食事だけでなく、レジでちょっとした焼菓子なども買えるので、お土産にしてみてはいかがですか?

行列が出来る人気店 「麺屋 ようすけ」


栃木県佐野市といえば、「佐野ラーメン」を外すわけにはいきません。
青竹打ちのちぢれ麺で、あっさりのしょうゆ味。
お店によって味が違うので、佐野ラーメンを食べ歩く方もいるくらいですが、おすすめは「ようすけ」。

佐野と群馬県館林を結ぶ大きな道路にあって、館林から佐野方面の車線にあります。
土日には行列が出来るほどの人気店で、リピーターも多いのが味を保証している証拠。
もし、佐野に初めて来て、お食事に迷ったら、ぜひ佐野ラーメンはいかがですか?

栃木観光も締めくくり お土産を選ぼう!

自宅でも楽しめる 「佐野ラーメン」

先程紹介した佐野ラーメンですが、実はお土産用のセットのご用意があります。
麺とスープのセットで、ご自宅でお好きな具材を入れて作るタイプです。
お店で打った麺をそのまま使っていますので、ご自宅でもお店で食べる佐野ラーメンの味が楽しめます。

贈答用にも選ばれることが多く、地元民が手土産として持っていく人気商品でもあります。
価格もお手頃な物から、がっつり量を購入していく方もいますので、ニーズに合わせて購入できるところもお土産におすすめなんですよ。

那須に行ったら外せない 「御用邸チーズケーキ」


名前の由来は、栃木県にある「那須御用邸」が由来になっていて、那須で出来たチーズからこだわって作ったケーキになっています。
濃厚な味わいで、舌触りもさらっとしているので、ついつい手が伸びてしまう味なんです。

最近では県南でも手に入るようになってきましたが、もともとが那須発祥のケーキなので、宇都宮以北で購入しやすくなっています。
もし県南地域で手に入れるには、佐野パーキングエリアで購入することをおすすめします。

豆乳が苦手でも食べられる 「ゆば」


食べ物はその土地で特産品がありますが、実はゆばは、栃木県日光の特産品なのをご存知ですか?豆乳が苦手な方でもさらっと食べられる、なめらかな舌触りと濃厚さが特徴。
特にさしみゆばは大人気。

おすすめの食べ方はわさび醤油かポン酢。
わさび醤油ではゆばのまろやかさの中に、ピリッと辛さを感じるメリハリがあり、ポン酢で食べるとさっぱりとした後味を楽しむことが出来ます。

お土産だけでなく、自分用に買っていって損はしない商品です。

栃木は魅力的な街

栃木県の魅力がぎゅっと詰まった情報をお伝えしました。
ここだけではお伝えしきれないくらい、とっても素敵なスポットになっています。
グルメはもちろん、ショッピングや観光、そしてドライブと、バラエティー豊かな栃木県。

都心からも東北地方からも足を運びやすい場所ですので、もしここでご紹介した中で気になるスポットがありましたら、ぜひいらしてくださいね。
photo by PIXTA , iStock and so on.

ごん

Writer:

年に数回ですが、ディズニーに遊びに行きます。泊まりで行くことも日帰りで行くことも多く、アトラクションメインで楽しんでいます。食べることも好きなので、グルメもたくさんの種類を食べています。少しでもディズニーを楽しめるような情報をお伝えしていきますね。 そして、ディズニーの他にも、栃木と群馬が大好きでよく旅行や温泉を楽しみます。グルメやショッピングスポットのおすすめの紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のカテゴリ

デート
国内
栃木県
歴史
関東

デートの記事を見る

地元民が伝授する横浜の観光完璧ガイド。見どころ&お土産&グルメ解説します!
石垣島のお洒落なカフェならここ!家族旅、女子旅にも使いたい30選
デートや女子会に!梅田周辺でランチが美味しいカフェ30選
【池袋デート】地元民が伝授!コースもプランもばっちりの池袋デートスポット30選
カップルが愛を誓う「諏訪山公園 ビーナステラス」は、絶好の夜景デートスポット
軽井沢のお洒落なカフェならここ!デート、女子旅におすすめ30選
おしゃれ&おいしい!大阪でデートするなら絶対ここ20選
地元民が選ぶ!池袋で行きたいおすすめカフェ30選
神戸市民の憩いの場「東遊園地」、デートスポットとしてもおすすめ!
パンダと夜桜がおすすめ!デートにもレジャーにも「神戸市立王子動物園」は必見!
ディズニーのイクスピアリはデートにもおすすめ♪ランチのできるレストラン10選
上野のデートプランならこれ!カップルで行きたいおでかけスポット30選