【旅行体験記】真夏よりもホット!冬の旭山動物園の一日

旭川市の「旭山動物園」は、動物たちのありのままの姿を展示することで全国的に有名になりました。生き生きと動く姿は、まさに絶景に値します。寒さに強い動物たちに出会いに旭山動物園を訪れてきました。

この記事を書いた人/吉田匡和

札幌市在住、夏はバイクでツーリング、冬は雪山を楽しむアウトドア派フリーライターです。Wondertripでは山奥を分け入ったり、崖をよじ登らなくては出会えない「絶景」ではなく、見落とされてしまいがちな絶景や、隠れた絶景、自分だけが知っている絶景など、北海道のよいところをたくさん紹介しています。どうぞ宜しく。
サイト
BuleOrca〖ブルーオルカ〗
http://buleorca.jugem.jp/

追い込まれていた旭山動物園

93156:追い込まれていた旭山動物園

撮影/吉田匡和

旭山動物園は日本最北端の動物園です。
1980年代より来園者数が減少し、1990年代にエキノコックス症に感染した動物が立て続けに死亡したことから、休園に追い込まれたこともあります。
そのまま廃園とすることも検討されました。

最北の動物園が奇跡を起こす

93157:最北の動物園が奇跡を起こす

撮影/吉田匡和

そこで生活環境を再現し、動物本来の姿を見せる展示方法に変更すると大評判になり、徐々に入園者が増加。
再建に奮闘する様子がテレビ放送されると人気が爆発し、恩賜上野動物園を抜いて入園者数日本一に輝いたこともある『奇跡の動物園』なのです。

旭山動物園の住所・アクセスや営業時間など

名称 旭山動物園
住所 北海道旭川市東旭川町倉沼
営業時間・開場時間 9:30〜17:15(夏期) 10:30〜15:30(冬期)
利用料金や入場料 大人 820円 中学生以下無料
参考サイト http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旭山動物園のスポットページ

札幌~旭川160㎞の旅

93158:札幌~旭川160㎞の旅

撮影/吉田匡和

札幌から旭山動物園までは約160㎞の道のりです。
真冬は、ところどころに時速50㎞の速度規制が敷かれるため、思った以上に時間がかかります。
少し遅い朝食を採るために、途中の砂川サービスエリアに立ち寄りました。

朝食は“男飯”エゾ鹿まぜそば

93159:朝食は“男飯”エゾ鹿まぜそば

撮影/吉田匡和

「朝食はアッサリでいいや」と思っていたものの、その迫力に押されて『エゾ鹿まぜそば』をオーダー。
ライスまで付いている“男飯”です。
そぼろ状になった鹿肉と鷹の爪、生卵を麺に混ぜて食べます。
獣肉特有の臭みはなく、ピリリと辛くて食が進む、進む。







二通りの味が楽しめます

93160:二通りの味が楽しめます

撮影/吉田匡和

具は少し残し、そこにご飯を投下。
麺とご飯の両方を楽しめるというわけです。
他では味わえないメニューなので、近くを通った際は是非ご賞味ください。

砂川サービスエリア下りの住所・アクセスや営業時間など

名称 砂川サービスエリア下り
住所 北海道砂川市空知太565-5
営業時間・開場時間 スナックコーナー:7:00~21:00(夏期) 9:00~19:00(冬期)
利用料金や入場料 エゾシカまぜそば(ライス付) 800円
参考サイト http://www.driveplaza.com/sapa/1050/1050166/2/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

砂川サービスエリア下りのスポットページ

ドタバタ珍道中 旭川を通り越す

93161:ドタバタ珍道中 旭川を通り越す

撮影/吉田匡和

天気がよく、旭川まで快適なドライブが続きます。
快適すぎて降りるべきインターチェンジを通り過ぎてしまうほど。
気づいたら隣町の比布まで来ていました。
係員に通り過ぎたことを伝えると、一度清算をする必要なく、そのままUターンさせてくれました。

冬季間の開園時間に注意

93162:冬季間の開園時間に注意

撮影/吉田匡和

旭山動物園は年末と4月に数日間休館する以外は、通年の営業を行っています。
冬季間の営業時間は夏期よりも短く、10時30分から15時30分まで。
ただし冬季間展示を行っていない動物もいますので、時間が足りなすぎることはないでしょう。
次のページでは『ゲートをくぐると動物たちの息づかいが聞こえる』を掲載!
次のページを読む >>