日本の小京都・松江で巡りたい!観光スポット5選

「島根の小京都」と呼ばれている松江の町は、曲がりくねった細い道と松並木が連なる、城下町らしい雰囲気が残るスポットです。今回は、歴史好きにはたまらない松江でぜひ訪れたい、素敵なスポットを5選紹介します。

黒く雄大な姿を残す・松江城

松江を訪れたらまず外せないのが松江城でしょう。
日本には12の天守が現存していますが、その中でも唯一の正統天守閣と言われており、国の重要文化財に指定されています。
木彫銅張りのしゃちほこが乗った真っ黒の天守閣は見ごたえ十分。
地階にある深さ24mの井戸は賽銭箱代わりになっています。
城建設の中で一番労力が注がれたのが石垣で、3年もの年月が費やされました。
ハート形の石も使われているのでぜひ探してみては。
また松江の桜の名所としても知られ、「日本さくら名所100選」のひとつでもあります。

松江城の住所・アクセスや営業時間など

名称 松江城
住所 島根県松江市殿町1-5
営業時間・開場時間 7:00-19:30(4月-9月) 8:30-17:00(10月-3月)
利用料金や入場料 大人560円 小人280円(小・中学生) 外国人280円
参考サイト http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

松江城のスポットページ

のんびり船旅が楽しめる・堀川遊覧船

松江城の周囲約3.7kmに続く堀川を、小さな遊覧船で周ることができます。
天守閣や武家屋敷、塩見縄手の老松といった趣ある風景を約50分かけてのんびり船旅。
橋の下をくぐり抜ける際には船の屋根が下がってきて、天井すれすれのスリリング体験ができますよ。
船頭さんによってガイドもさまざまなので、1日乗り放題の乗船券を使って、何度乗っても違った楽しみが味わえます。
冬には豆炭こたつで暖を取りながらのお堀巡りになるので、気持ちもほっこり温まりそうですね。







堀川遊覧船の住所・アクセスや営業時間など

名称 堀川遊覧船
住所 島根県松江市黒田町
営業時間・開場時間 3月1日~6月30日09:00-17:00」 「7月1日~8月31日09:00-18:00」 「9月1日~10月10日09:00-17:00」 「10月11日~2月末09:00-16:00」 
利用料金や入場料 大人「1,230円」 小人「610円」 外国人大人「820円」 外国人小人「410円」 障がい者大人「610円」 障がい者小人「300円」 団体(20名以上)大人「1,020円」 団体小人「510円」 
参考サイト http://www.matsue-horikawameguri.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

堀川遊覧船のスポットページ

島根らしさが存分に味わえる・松江歴史館

松江城や城下町の移り変わり、現在の町が持つ秘密についてさまざま展示されています。
島根らしいイベントも定期的に行われているほか、入場無料なのも嬉しいポイントなので、気軽に足を延ばしてみてくださいね。
また和菓子で有名な松江らしく、美味しい和菓子と抹茶を堪能できる喫茶店もあります。
町歩きに疲れたら、美しく整えられた庭園の景色を眺めながらほっと一息つくことができますよ。

松江歴史館の住所・アクセスや営業時間など

名称 松江歴史館
住所 島根県松江市殿町279番地
営業時間・開場時間 8:30-18:30(4月-9月) 8:30-17:00(10月-3月)
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://matsu-reki.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

松江歴史館のスポットページ

日本庭園を愛でながら出雲蕎麦を堪能・八雲庵

島根名物の出雲蕎麦を松江で楽しむなら、松江城の近くの八雲庵がおすすめです。
ここは小泉八雲の旧居跡を改装した老舗で、武家屋敷が建ち並ぶ中にあるため風情もたっぷり。
広い座敷で日本庭園を愛でながら美味しい蕎麦がいただけます。
おすすめメニューは鴨南蛮。
地元ならではのグルメを堪能して、元気に松江散策に出かけましょう!
次のページでは『宍道湖の恵みたっぷり・松江しんじ湖温泉』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

中国地方
国内
島根県
建築
絶景
街・都市

関連記事を見る

中国地方の記事を見る

偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
出雲大社で縁結びをしよう!アクセス方法やおみくじを徹底解説
吉川元春の歴史|毛利家の中国地方制覇・発展に大きく貢献した人物
数々の謀略を駆使して中国地方を支配した「戦国最高の知将」毛利元就とは?
原爆ドーム以外にもある原爆関連施設。広島県の観光スポット【大正・昭和の建築物編】
【鳥取砂丘のパラグライダーをやってみた】遊び足りないなら、空を飛べばいいじゃない
【島根観光】古代からの歴史を感じる町「松江」の観光スポット
2017年4月オープン!広島の新名所LECT(レクト)に行こう!
広島市を一望できる、新絶景スポットおりづるタワーとは?
【うさぎの楽園】休暇村大久野島って何?なぜ有名?キャンプや日帰りなどおすすめ過ごし方は?
【山口観光】日本の歴史に大きく影響した「西の京」山口の歴史的観光スポット15選