数々の謀略を駆使して中国地方を支配した「戦国最高の知将」毛利元就とは?

日本の室町時代から戦国時代にかけて安芸国(現在の広島県)の戦国大名として活躍した「毛利元就(もうりもとなり)」。安芸に生まれた彼は小さな国人領主であった身ですが、そこからさまざまな謀略を駆使して中国地方を統一。こうしたところから「戦国最高の知将」と呼ばれることもある人物として知られています。その毛利元就は中国地方を統一するに至るまで、どのような人生を歩んできたのでしょうか。


厳しい環境で生まれ育った幼少期

厳しい環境で生まれ育った幼少期

image by PIXTA / 10776315

1497年(明応6年)3月14日、安芸の国人領主・毛利弘元と正室の福原氏との間に次男として誕生した毛利元就。
幼名を松寿丸と言い、松寿丸が生まれたのは母の実家・鈴尾城(福原城)だとされています。

この時の毛利家は安芸国人領主の1人に過ぎず、主家である大内義興(おおうちよしおき)の勢力下にあった家柄。
そのような家系に生まれた元就が3歳であった1500年(明応9年)、幕府と大内氏の勢力争いに巻き込まれた父・弘元が隠居、嫡男の毛利興元(もうりおきもと)に家督を譲ることに。
この後松寿丸は父に連れられて多治比猿掛城(たじひさるがけじょう)へ移ることになります。
その後1501年(文亀元年)に実母、松寿丸10歳の1506年(永正3年)に父・弘元が亡くなると、松寿丸は家臣の井上元盛によって所領を横領され、城から追い出されてしまうことに。

城を追い出された松寿丸の生活は非常に厳しいもので、荒れて隙間だらけの家で寝泊りする貧しい生活。
こうした姿を見た領民から差別的な言葉を浴びせられることもあり、これを見た父・弘元の継室・杉大方(すぎのおおかた)が松寿丸を養育。
この出来事は元就の人生に大きく影響ずるものとなり、後に半生を振り返った元就は「まだ若かったのに大方様は自分のために留まって育ててくれた。
私は大方様にすがるように生きていた。」と養母について回想。
またこのとき杉大方は松寿丸に朝日を拝む「念仏信仰」を教え、元就はこの「朝の念仏」を一生欠かさなかったとされています。

初陣は家の命運をかけた戦い

初陣は家の命運をかけた戦い

image by PIXTA / 27981440

貧しい生活を送った松寿丸は1511年(永正8年)に名を「多治比(丹比)元就」と変えますが、そんな元就の運命が変わる出来事が起こります。
1516年(永正13年)になると長兄・興元が急死、家督を興元の嫡男・幸松丸が継ぐことになりますが、幸松丸が幼少のため元就が叔父として後見することに。
2代続けて当主が急死する混乱状態を狙った佐東銀山城主・武田元繁が吉川領の有田城へ侵攻してきてしまいます。
ここで元就は幼い幸松丸に代わって有田城救援のため出陣することに。
17歳の元就にとってはこれが初陣となりますが、その初陣は家の命運を賭けた重要な一戦。
デビュー戦からいきなり重圧の大きな戦いに駆り出されるのでした。

しかし戦いが始まると、初陣とは思えぬ活躍を見せます。
安芸武田氏重鎮・熊谷元直率いる軍を撃破すると、その後襲い掛かってきた数で勝る武田元繁の軍も壊滅。
この勝利により元就の名は大きく知られることに。
元就はデビュー戦から衝撃の登場を果たしたのです。

こうして名前を広めた元就はこの頃に吉川国経の娘(法名「妙玖」)を妻に迎え、27歳で長男の隆元が誕生。
そして幸松丸が1523年(大永3年)に9歳で死去すると27歳で家督を継ぎ、ここから「毛利元就」と名乗ることに。
家督を継承した元就は自身の継承に不満を持ち異母弟・相合元綱を擁して対抗した有力家臣団ら元綱一派を粛清。
地位を得た後の足場固めにも手は抜きませんね。

勢力拡大へ動く時代

勢力拡大へ動く時代

image by PIXTA / 17721913

若くして家督を継いだ元就が次に取りかかったのは「勢力の拡大」でした。
1529年(享禄2年)にはかつて幸松丸の外戚として権力をふるった高橋氏一族を討伐、高橋氏が持っていた安芸から石見にかけての領土を手中に収めます。
その一方で長年宿敵であった宍戸氏には娘を嫁がせて有効な関係を強化、さらに大内氏には1537年(天文6年)に長男・隆元を人質として差し出し関係を強化。
根回し欠かさないところが「できる人」なのでしょうか。

その後1540年(天文9年)には尼子経久の後継者・尼子詮久率いる3万の尼子軍に本拠地・吉田郡山城を攻められますが(吉田郡山城の戦い)、このとき元就の軍はわずか3000の寡兵。
数としては圧倒的不利な状況ですが、軍は城に籠城して尼子氏を迎え撃つ作戦に。
戦いは家臣の福原氏、友好関係を結んでいた宍戸氏の協力もあって勝利、付けた味方を有効活用、知恵を絞ることで数的不利を覆したのです。
これによって元就は安芸国の中心的存在に登り詰めるのでした。

命の危機・実質的権限を手中に

命の危機・実質的権限を手中に

image by PIXTA / 17721911

勢力拡大に力を入れる元就でしたが、その中では大きな危機もありました。
元就は1542年(天文11年)から1543年(天文12年)にかけて大内義隆を総大将とした「第1次月山富田城の戦い」に従軍しますが、吉川興経(きっかわおきつね)らの裏切りなどもあり大内軍は敗走。
元就自身はこの敗走中に「死を覚悟するほど」の危機に遭いながら何とか安芸に帰還。
この戦いの配線は元就の考え方を大きく変えることとなり、大内・尼子氏の安芸における影響力低下を察知すると、小領主の立場から脱却を考えるように。
命が危ぶまれる敗戦の中でも、先を見据えた動きはしていたわけですね。

こうして命の危機を乗り越えた元就は1544年(天文13年)、強力な水軍を抱える竹原小早川氏の養子に三男・徳寿丸(後の小早川隆景)を差し出し。
このときは小早川家に元就の姪(兄・興元の娘)が嫁いでおり、前当主・興景は「吉田郡山城の戦い」で援軍に駆けつけることもあるほどの仲。
広げられる関係を広げられるときに作る素早さは関係構築に重要ですね。
こうして関係構築に動いた元就は1546年(天文15年)に隠居を表明。
隆元に毛利家当主の座を譲りますが完全隠居はせず、実権はほぼ元就が握ることに。
表面的には隠居としつつ、良いポジション手放さない「したたかさ」がありますね。

「毛利両川体制」確立・安芸の支配権を手に入れる

「毛利両川体制」確立・安芸の支配権を手に入れる

image by PIXTA / 33837965

隠居を表明しつつ実質的な権力を手にした元就は、さらなる関係強化に動きます。
1547年(天文16年)には妻・妙玖の実家である吉川家へ元春を送りこみ当主・吉川興経を強制隠居・暗殺。
さらに「月山富田城の戦い」で当主・小早川正平を失った沼田小早川氏の後継問題にも関与して、当主・小早川繁平が幼少・盲目であったことを利用して家中を分裂に追い込み、竹原小早川当主で元就の実子である小早川隆景を後嗣に。
これによって小早川氏の強力な水軍を手に入れ「毛利両川体制」が確立、これが毛利氏の勢力拡大を支えることになっていきます。

こうして吉川氏と小早川氏両家の勢力を取り込んだ元就は、安芸国の支配権をほぼ手に入れることに成功。
さらに1550年(天文19年)7月13日には家中において権力をふるった井上元兼とその一族を殺害、家臣団に対して毛利家への忠誠を誓わせる起請文に署名させることで集団の統率力を強化。
関係強化したあとの「集団維持・管理」も手抜きしませんね。

大寧寺の変・陶晴賢との対立

大寧寺の変・陶晴賢との対立

image by PIXTA / 18748970

順調に勢力拡大を推し進める元就でしたが、その中で大きな事件が起こります。
1551年(天文20年)、防長(周防国と長門国)両国の大名・大内義隆が家臣・陶晴賢(すえはるかた)の謀反(むほん。
臣下が、君主にそむいて兵をおこすこと)によって殺害され、養子・大内義長が擁立される「大寧寺の変」でした。
事件が起こると元就は佐東銀山城や桜尾城を占領、これによって地域の支配権を掌握すると、晴賢は元就に安芸・備後の国人領主たちを取りまとめる権限を与えられることに。
事件だってしっかり立ち回ればチャンスになります。

この後も元就は徐々に勢力を拡大しようと動き、安芸国内の大内義隆を支持する国人衆を攻撃。
平賀隆保がこもっていた安芸頭崎城を陥落させると隆保を自刃に追い込み、平賀広相に平賀家の家督を相続させることに。
これによって平賀氏を毛利氏の傘下におさめると1553年(天文22年)には尼子晴久の安芸侵入を撃退。
しかしこうした毛利氏の勢力拡大に危機感を抱いた晴賢は元就に「支配権の返上」を要求、これを元就が拒否すると両者は対立、元就と晴賢との対決に発展していきます。

圧倒的不利な戦況を「謀略」で切り抜ける

圧倒的不利な戦況を「謀略」で切り抜ける

image by PIXTA / 8337321

こうして元就と陶晴賢による戦いは始まっていきますが、元就は圧倒的不利な状況に置かれていました。
戦いで晴賢が動員できる大内軍は30,000人以上いましたが、当時の毛利軍が動員できる最大兵力は4,000から5,000人。
数で見ればどう考えても勝ち目はありません。
そこで元就は考えたのは「謀略」による戦いで大内氏内部の分裂・弱体化を謀ること。
数で及ばないなら知恵で勝つ、数々の勝利を収めてきた元就の勘が働くのです。

こうして1554年(天文23年)、元就は謀反を起こした吉見氏の攻略に手間取る晴賢に反旗。
晴賢が重臣・宮川房長に兵を預け毛利氏攻撃を命令すると元就は宮川軍を襲撃。
大混乱に陥った宮川軍は撃破され宮川房長は戦死。
さらに1557年(弘治3年)、大内氏の内紛を好機とみた元就は大内氏の当主・義長を攻撃して大内氏は滅亡。
これにより九州を除く大内氏の旧領の大半を自身が収めることに。
勢力拡大をする際に相手方の混乱は「大きなチャンス」でしょうからね。

大内氏を滅亡させた元就は家督を嫡男・隆元に完全譲渡しようとしますが隆元は拒否。
このため元就は毛利家と両川(吉川家と小早川家)を統括するする「後見役」になります。

Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

中国地方
国内
広島県

関連記事を見る

中国地方の記事を見る

偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
中国地方を一手におさめた戦国武将!毛利元就って実は苦労人だった
出雲大社で縁結びをしよう!アクセス方法やおみくじを徹底解説
吉川元春の歴史|毛利家の中国地方制覇・発展に大きく貢献した人物
原爆ドーム以外にもある原爆関連施設。広島県の観光スポット【大正・昭和の建築物編】
家電の概念を打ち破る異空間、エディオン蔦屋家電とは?
【鳥取砂丘のパラグライダーをやってみた】遊び足りないなら、空を飛べばいいじゃない
【島根観光】古代からの歴史を感じる町「松江」の観光スポット
2017年4月オープン!広島の新名所LECT(レクト)に行こう!
広島市を一望できる、新絶景スポットおりづるタワーとは?
【うさぎの楽園】休暇村大久野島って何?なぜ有名?キャンプや日帰りなどおすすめ過ごし方は?