地元民が伝授!厳島神社だけじゃない、廿日市・宮島の観光完璧ガイド

広島県の廿日市(はつかいち)市はユネスコの世界遺産に1996年に宮島の厳島神社が登録されて以来、観光客が激増しました。そして今、けん玉ブームから廿日市はけん玉発祥地としても注目されています。
世界遺産だけじゃない、そんな廿日市の魅力をお伝えいたします。

廿日市・宮島の観光の前に知っておこう!

廿日市の観光って何をするの?


滞在期間にもよりますが、やはり外せないのは宮島の世界遺産厳島神社。
宮島の中は宮島水族館、美しい景色が広がる弥山ロープウェイ、町屋の通り、廿日市特産の牡蠣やもみじ饅頭の有名店が軒を連ねます。
宮島内は道が狭く歩きを前提としている観光ルートが圧倒的に多く、コインパーキングもありませんので、車で行くのは特別な理由がない限りNGです。
基本的には歩きとなりますので、短くとも半日、じっくりみて回るのであれば1日歩きでの観光となります。

長時間の歩きが難しい場合には、船の到着する桟橋降りてすぐの場所に人力車やタクシーがありますのでご安心を。
多少値段は高くなりますが、断然人力車がオススメです。
事前に予約もできますが、予約なしでも空いていれば乗ることができます。
人力車を引く車夫(しゃふ)さんは皆さんとても親切で、丁寧に宮島色々なところを案内してくれます。

廿日市の主要都市へのアクセス手段は?車の場合


・広島、関西方面からは国道2号線西広島バイパス、山陽自動車道廿日市JCを通過し、廿日市ICを下車後、国道2号を経由して約10分で宮島口フェリー乗り場に到着。

・九州方面からは山陽自動車道大野IC下車後、国道2号を関西方面に直進して約10分で宮島口フェリー乗り場に到着。

大型有料駐車場はフェリー乗り場前に約900台(1日1,000円)、道路や線路を渡ることになりますが、少し離れた山側に350台(1日500〜800円)の駐車場があります。
個人的に営業している小規模な有料駐車場もフェリー乗り場周辺に点在しています。
一番近いフェリー乗り場は人気も高く、休日や連休はすぐに満車になることも。
どこも一律1日1,000円が上限ですので、渋滞を避け、できるだけ観光を楽しむためにも、余り悩まず空いている駐車場へさっと停めるのがオススメです。

廿日市の主要都市へのアクセス手段は?電車( JR・路面電車)、船の場合


・JR

山陽本線JR宮島口駅からフェリー乗り場まで徒歩5分

・広島電鉄(路面電車)

広電宮島口駅からフェリー乗り場まで徒歩5分

・船

広島宇品港から高速船で宮島桟橋まで約22分

マリーナホップから高速船で宮島桟橋まで約25分

廿日市のグルメといえば?


一押しは廿日市特産の牡蠣です。
どれもプリップリ。
ジュワーっと染み出てくる磯の香り豊かなダシはたまりません。
生でよし、焼いてよし、蒸してよし、揚げてよし、料理方法によって味わいも食感も変わります。
お店によって違う味付けや食べ方をお楽しみください。
牡蠣そのものが苦手な方は、牡蠣を加工して作ったふりかけや海苔、醤油などもありますよ。

廿日市・宮島のおすすめの時期は?


オススメはズバリ夏です。
廿日市は海も山もあり、同じ市内にも関わらず場所によっては気温も異なります。
特に冬の寒暖差が顕著で、廿日市の山側は雪が積もっているのに、温暖な瀬戸内海に面している海側は全く雪が降らないということがあります。

雪が積もっていては山側の観光は限られますし、寒くなっては歩いて外を巡る観光もなかなか億劫になりがち。
夏であれば、宮島のフェリーに乗っても頬に当たる潮風が心地よく、また山へ行けばキャンプや自然体験など、楽しめることは他の季節に比べて観光の選択肢が広がります。

#1 日帰りの場合

日帰りの場合には、宮島厳島神社を中心に観光します。

午前中、宮島口からフェリーに乗船し、宮島桟橋へ到着。
そのまま海沿いに大鳥居を目標に厳島神社へ向かって歩きます。
途中で鹿が沢山いますが、食べ物は決して与えたり見せたりしないでください。
すごい勢いで寄ってきて奪われます。
少し触るぐらいならばOK。

先に千畳閣と五重の塔へ見学に行ってから、厳島神社へ参拝します。
厳島神社参拝の後は、また海沿いを歩いて水族館みやじマリンで瀬戸内の生き物を堪能します。
この時点で、おそらくお昼過ぎ頃ですので、帰り道は商店街を通って桟橋を目指します。
商店街には世界一の大杓子や、牡蠣の名店、カフェ、お土産物やさんがひしめきます。
ここで気になるお店に入って食事を取りましょう。
お店を決めている場合には、事前予約がお勧め。
休日のランチタイムはとにかくどこも混みます。
出来立てもみじ饅頭を片手に商店街を歩くのも宮島ならではの楽しみ方です。

#2 1泊2日の場合

1日目は宮島以外、2日目は宮島を中心に観光します。

1日目は車で移動します。
車がない場合にはレンタカーを利用してくださいね。
観光名所が点在しているため、限られた時間では待ち時間や乗り換えをしなくて良い車移動が便利です。

速谷神社へ交通安全祈願で参拝し、その後はナビや地図を頼りに廿日市佐伯地区という山の方へ移動します。
ドライブ中に重なり岩に寄ってから、吉和魅惑の里で温泉や自然を楽しみ、帰りにトラットリアルッツオで昼食をとります。
廿日市街に戻ったらそのまま、廿日市天満宮へ参拝して、廿日市天満宮から徒歩5分程度の酒蔵中国醸造へ。
そして、宮島へ向かいます。
途中で夕食時間になった場合には宮島フェリー乗り場より手前にあるみやじま達磨へ。
夕方か夜のうちに宮島へ渡り宿泊します。

ホテルは、ロケーション、アクセス、サービス全て抜群の「蔵宿いろは」、リーズナブルでほっこり落ち着く全室和室の「さくらや」がオススメ。

どちらも宮島桟橋から徒歩5分から10分とアクセスも良く、荷物も預かってもらえるので身軽に宮島観光が可能です。

2日目は上記日帰りの場合で紹介しているコースを参考に観光してくださいね。
時間があれば、体力勝負ですが絶景の弥山登山にも挑戦してください。

#1 学問に所縁ある廿日市天満宮


学問の神様菅原道眞公を祀り、合格祈願に訪れる人が一年を通して絶えることがありません。
梅が美しいと有名で、梅の季節には鶯の声が響きます。
少し高台にあるので静かに瀬戸内海を望むことができます。
駐車場は天満宮前にあります。
お参りするには駐車場から階段しかありませんので、ご注意ください。

9月に行われる天満宮秋祭り「二百廿日豊年市民祭」にはずらりと並んだ露店を不定期に鬼が練り歩きます。
迫力あるお面と歩き方が恐ろしいので、小さい子供は泣いてしまうこともありますが、泣かされると縁起が良いと言われています。

廿日市天満宮の住所・アクセスや営業時間など

名称廿日市天満宮
住所広島県廿日市市天神3−2
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.hatsukaichitenmangu.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

廿日市天満宮のスポットページ

#2 月に一度の市場 廿日の市

廿日市(はつかち)市だから毎月20日(はつか)にだけ開かれる地元のものが集う青空市場です。
朝8時30分から10時30分ごろまで、廿日市市役所前広場にて開催されています。
地元の特産品や、生花、雑貨、生鮮食品など、毎回30店舗以上が出店します。
新鮮で良いものがお安く手に入るので、地元でも大人気。
10時頃にはもう品切れということもありますので、できるだけ8時半から9時半には行くのがオススメ。

車で行く場合には、市役所の駐車場(無料)に駐車してくださいね。
公共交通機関は、広島電鉄廿日市市市役所前駅下車、徒歩10分となります。

廿日の市の住所・アクセスや営業時間など

名称廿日の市
住所広島県廿日市市下平良1丁目11−1 廿日市市役所正面玄関広場
営業時間・開場時間8:00−10:30頃 (毎月20日)
利用料金や入場料店舗による
参考サイトhttp://www.hatsu-navi.jp/node/338
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

廿日の市のスポットページ

#3 海を守護する速谷神社


車を購入したらまずは速谷神社へ、といわれるぐらい広島では交通安全の守護神として有名な神社です。
古より広島(安芸)を守護し、見守ってきた由緒ある神社ですので、平日でも参拝客が後を絶ちません。
都会の喧騒から離れ、長い参道を通れば荘厳な境内があらわれます。
100台以上駐車可能な駐車場(無料)も神社横にあります。

速谷神社の住所・アクセスや営業時間など

名称速谷神社
住所広島県廿日市市 308−1
営業時間・開場時間祈祷時間:8:00−17:00
利用料金や入場料玉串料:5,000円
参考サイトhttp://www.hayatanijinja.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

速谷神社のスポットページ

#4 名作がずらりウッドワン美術館


ウッドワンは廿日市に本社のある世界的にも有名な地元の無垢家具メーカーです。
そのウッドワンが社会貢献い一環として運営しているウッドワン美術館は、こんなところに美術館が!?と驚く場所にあります。
廿日市市内から車で約70分。
冬には雪深くスキー客で賑わう「めがひらスキー場」の隣です。
マイセン陶器、アールヌーヴォー絵画、日本美術と比較的小規模な美術館ながらその収蔵品は素晴らしいものばかり。
常設展以外に約3ヶ月毎に企画展もあり。
12月下旬から3月中旬まで毎年冬期は休館となりますので、ご注意ください。

ウッドワン美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称ウッドワン美術館
住所広島県廿日市市吉和4278
営業時間・開場時間10:00−17:00 月曜休館(12/26−3/22まで休館)
利用料金や入場料一般1,540円 高校・大学生820円 中学生以下無料
参考サイトhttp://www.woodone-museum.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウッドワン美術館のスポットページ

#5 穴場的魅力 吉和魅惑の里


廿日市でアウトドアや自然遊びを楽しむならば吉和魅惑の里。
廿日市街や宮島からは遠く車必須の場所ですが、広い敷地内にはキャンプ場や、渓流遊び、温泉「水神の湯」、レストラン、体験工房、宿泊施設と盛りだくさん。

特に温泉はかなりの穴場で夏場のシーズン以外は空いているので、ゆったりと入ることができます。
露天風呂や打たせ湯もあり。
温泉の同じ施設内に、レストランがあります。
こちらはメニューは少なめですが、リーズナブルなお値段で地元の食材を使用した料理を楽しむことができます。

吉和魅惑の里の住所・アクセスや営業時間など

名称吉和魅惑の里
住所広島県廿日市市吉和132
営業時間・開場時間9:00−21:00 木曜定休
利用料金や入場料施設による
参考サイトhttps://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/site/yoshiwamiwakunosato/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

吉和魅惑の里のスポットページ

#6 心落ち着くパワースポット 重なり岩


廿日市市内から車で30分。
佐伯(さいき)にある大きな花崗岩が重なった「重なり岩」。
この大きな岩が落ちそうで落ちない、このヒヤヒヤ感。
参勤交代でお殿様が落とすように命令したり、地震があっても、翌日には元に戻っていたというミステリースポット。
絶対落ちないということから、合格祈願ならぬ合格祈「岩」のセットが廿日市観光協会では発売されています。

重なり岩の住所・アクセスや営業時間など

名称重なり岩
住所広島県廿日市市津田
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/map/14988.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

重なり岩のスポットページ

#7 古の建築 豊国神社 千畳閣(ほうこくじんじゃ せんじょうかく)


宮島の厳島神社より徒歩5分程度の豊国神社千畳閣。
豊臣秀吉公が安国寺永慶に命じて建立しましたが、途中で豊臣秀吉が亡くなったため未完成のまま現在に至ります。
857畳をひくことができる堂々たる広さを誇る大経堂は、木造建築の当時の技術の高さを今もうかがい知ることができます。
少し高台に位置していますので、靴を脱いで広々とした大経堂で景色を楽しむも良し、またゴロンと横になれば、ひんやりとした床に観光で歩き疲れた身体も休めることができます。

豊国神社 千畳閣の住所・アクセスや営業時間など

名称豊国神社 千畳閣
住所広島県廿日市市宮島町1−1
営業時間・開場時間8:30−16:30
利用料金や入場料大人100円 小中学生50円
参考サイトhttp://www.miyajima.or.jp/sightseeing/ss_goju.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

豊国神社 千畳閣のスポットページ

#8 子供も大人も楽しめる宮島水族館みやじマリン


宮島桟橋より徒歩25分、宮島の奥に位置する和風建築の宮島水族館。
約35種類の瀬戸内の生きものを展示しています。
圧巻なのが、中央に展示されている牡蠣養殖コーナー。
実際に行われている廿日市市の牡蠣の養殖の状態を上から横からと色んな角度で見ることができます。
一緒に泳いでいるイカは癒されキャラです。

一日に定期的に行われているショーやふれあいタイムも、水族館の生き物の臨場感を感じられます。
また、最後に絶対に寄って欲しいのはミュージアムショップ。
沢山の可愛い魚や会などのぬいぐるみやキーホルダー、特性の宮島水族館手ぬぐい。
選ぶのも楽しくなるミュージアムショップです。


宮島水族館 みやじマリンの住所・アクセスや営業時間など

名称宮島水族館 みやじマリン
住所広島県廿日市市宮島町10−3
営業時間・開場時間9:00−17:00
利用料金や入場料一般1,400円 小中学生700円 幼児400円
参考サイトhttp://www.miyajima-aqua.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宮島水族館 みやじマリンのスポットページ

#9 堂々たる歴史を刻む 厳島神社


廿日市の観光ではずせないのは世界遺産宮島厳島神社。
瀬戸内海に浮かぶ朱色の大鳥居を知らない人はいないのではないでしょうか。
自然の波にもびくともしない立ち姿も素晴らしいものがありますが、引き潮の時には、磯を歩いて鳥居の側まで歩いて行けます。
近くでみる大鳥居は想像以上の大迫力。
宮島全体は基本的に徒歩の観光が前提なので、歩きにくい靴やヒールはNG。
引き潮の時も濡れた砂浜を歩きますし、厳島神社本殿や回廊は全て木造りです。
スニーカーや歩きやすさ重視の靴で、歴史的建造物を傷つけないように配慮しましょう。

厳島神社の住所・アクセスや営業時間など

名称厳島神社
住所広島県廿日市市宮島町1−1
営業時間・開場時間6:30−17:30(1月-2月) 6:30−18:00(3月-10/14) 6:30−17:30(10/15-11月) 6:30−17:00(12月)
利用料金や入場料大人300円 高校生200円 小中学生100円
参考サイトhttp://www.itsukushimajinja.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

厳島神社のスポットページ

#10 登れば絶景 弥山(みせん)


宮島一の高さを誇る弥山は標高353mあります。
登る方法は、徒歩での登山とロープウェイを利用する方法のいずれかを選択します。
徒歩の場合には、一番初心者向けの紅葉谷コースがオススメ。
ロープウェイ乗り場の近くに紅葉谷コースの分岐点を示す看板がありますので、看板の指示通りに歩いていくこととなります。
登山所要時間は1時間半から2時間程度で、必ず登山に適した服装で飲み物を忘れずに。

道は険しくありませんが、徒歩での登山はかなりの運動量ですので体力に自信のない方、時間の制限がある方は徒歩登山を短縮できるロープウェイを利用してくださいね。
桟橋からロープウェイ乗り場までは徒歩約20分。
ロープウェイも乗り換えが途中であり20分程度かかります。
そして、ロープウェイから降りても弥山の山頂までは徒歩20分かかります。
時間体力ともに必要なため、観光コースから敬遠されることもありますが、登りきった弥山頂上から見下ろす瀬戸内の海と美しい島々は、筆舌に尽くしがたいものがあります。

弥山の住所・アクセスや営業時間など

名称弥山
住所広島県廿日市市宮島町
営業時間・開場時間宮島ロープウェー:9:00−17:00(3月-10月) 8:00−17:00(11月) 9:00−16:30(11月-2月)
利用料金や入場料宮島ロープウェー:大人往復1,800円 小人900円
参考サイトhttp://miyajima-ropeway.info/map/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

弥山のスポットページ

廿日市・宮島で絶対行ってほしいレストランはここ!


廿日市の蕎麦ならここ! みやじま達磨


廿日市市大野浦中央駅から徒歩10分。
住宅街にポツンとあるお蕎麦屋。
少しわかりにくい立地にもかかわらず、開店すればお客さんが途切れることはありません。
蕎麦打ちで有名な高橋名人の元で長年修行し、暖簾分けをした水からこだわったお店です。
注文して待つ間に、ガラス張りの厨房で職人が蕎麦打ちしている様子は一見の価値あり。
流れるような無駄のないそば打ちに感動します。
冷蕎麦も温蕎麦も甲乙つけがたい美味しさです。
そして、蕎麦の後は蕎麦湯を頼むのをお忘れなく。
2度目の感動を味わうことができますよ。

みやじま達磨の住所・アクセスや営業時間など

名称みやじま達磨
住所広島県廿日市市大野中央4丁目5−20
営業時間・開場時間11:30−15:00, 17:00−20:00(日曜は昼営業のみ) 月曜定休
利用料金や入場料ざるそば 700円
参考サイトhttp://miyajimadaruma.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

みやじま達磨のスポットページ

はるばる行く価値あり トラットリアルッツオ


廿日市市内より車で30分。
隠れ家的なログハウス調のイタリアンレストラン。
店内に入れば開放的でオシャレな空間が広がります。
テラス席では川のせせらぎを聴きながら食事ができます。
春には対岸の岩倉キャンプ場にある桜並木も見られます。
子連れには子供椅子もありますし、子供用に注文した商品にはケチャップでニッコリ顔が描いてあったりとにくい演出も。
どの料理もとても丁寧に作られています。
オーソドックスなパスタも満足度が高く、デザートも種類が豊富、時期によって異なるシェフの創作料理はどれも満足度が高いです。

トラットリア ルッツオの住所・アクセスや営業時間など

名称トラットリア ルッツオ
名称(英語)Trattoria Ruzzo
住所広島県廿日市市津田3220
営業時間・開場時間11:30−21:00 木曜定休
利用料金や入場料生パスタのカルボナーラ 1,180円
参考サイトhttp://ruzzo2011.blog67.fc2.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トラットリア ルッツオのスポットページ

ワイワイ本格牡蠣を楽しむ 島田水産牡蠣小屋


島田水産はセルフで炭火焼牡蠣を食べられる地元でも有名な牡蠣専門店。
平日以外は開店10時にはすぐに満席になるぐらいの人気があります。
いかにも牡蠣小屋といった雰囲気の中、バーベキュー感覚で牡蠣を焼いて、すぐに熱々を食べられます。
調味料は置いていませんが、牡蠣の旨みだけでどんどん食べられます。
味付けが欲しい場合には、ポン酢や醤油など持参も可能。
酒類も持ち込みOK。
食べ放題もありますが、焼き牡蠣のみで時間制限が60分と急ぎ足の食事なりますので、ゆっくり沢山牡蠣を味わいたい場合には、焼き牡蠣・カキフライ・牡蠣めしとセットになった牡蠣づくし定食がオススメ。

島田水産牡蠣小屋の住所・アクセスや営業時間など

名称島田水産牡蠣小屋
住所広島県廿日市市宮島口西1丁目2−6
営業時間・開場時間10:00−19:00(水曜は16:00まで,金・土曜は20:00まで)
利用料金や入場料かき食べ放題(60分) 大人2,300円 小学生1,000円 かき尽くし定食 2,000円
参考サイトhttp://shimadasuisan.com/kakigoya.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

島田水産牡蠣小屋のスポットページ

廿日市名物の穴子めしの名店 うえの


元々は駅弁屋さんで始まったうえの。
温かい瀬戸内の穴子飯を味わって欲しいと始めたお店は平日でも行列必至。
開店前に並ぶかランチタイムなどを外して行くと、並ぶ時間は少なくて済みます。
1階席は予約不可ですが、コース料理も食べられる2階は予約可能です。
宮島から観える瀬戸内の景色を楽しみながら、ゆったりと食事を楽しみたいならば2階を予約してくださいね。
弁当販売していますので、お天気が良ければ、お弁当を持って潮風を感じながらお気に入りの場所で食べるのも気持ちが良いですよ。
うえのの穴子飯は穴子のあらで炊き込んだご飯の上に、タレで味付けされた身のしまった穴子がぎっしりと敷き詰められています。
女性でも小サイズならばお腹いっぱいになります。
お店の一押し穴子をタレで味付けせず焼いた「白子焼き」は穴子そのものの旨みを味わえる一品。
塩やわさびにちょっとつければ、穴子の風味が口に広がります。

あなごめし うえのの住所・アクセスや営業時間など

名称あなごめし うえの
住所広島県廿日市市宮島口1丁目1−5−11
営業時間・開場時間10:00−19:00
利用料金や入場料あなごめし(小) 1,750円
参考サイトhttp://www.anagomeshi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

あなごめし うえののスポットページ

生牡蠣が年中食べられるのはここだけ! 焼きがきのはや


1年で数ヶ月しか食べられない生牡蠣が通年食べられるのは「焼きがきのはやし」だけ。
安全安心にこだわり、ノロウイルスの発生しない海域で特別に育てられた牡蠣は廿日市地御前(じごぜん)牡蠣の中でも、数々の賞を受賞した味の確かな牡蠣のみを使用しています。
生の牡蠣はプリプリした食感と水々しさが特徴。
さっぱりと紅葉おろしや醤油をかけていただきます。
お店の名称にも使用されている焼きがきも絶品。
炭火でじっくり焼かれた焼きがきは、磯の香り豊かに旨みたっぷりな一品。
店で提供されるお皿も全て宮島の御砂焼きで作られたお皿を使っている廿日市宮島への郷土愛溢れるお店です。

焼きがきのはやしの住所・アクセスや営業時間など

名称焼きがきのはやし
住所広島県廿日市市宮島町505−1
営業時間・開場時間10:30−17:00(土曜は17:30まで) 水曜定休
利用料金や入場料生がき(4個) 1,400円
参考サイトhttp://www.yakigaki-no-hayashi.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

焼きがきのはやしのスポットページ

廿日市・宮島のお土産といえばこれ!


けん玉専門店 けん玉ショップyume


けん玉発祥の地、廿日市市に2014年にオープンしたけん玉ショップyume。
廿日市で作られたけん玉から海外のものまで手広く取り扱うけん玉専門店です。
店内にはプレイスペースもあるので、購入前に実際にけん玉を試したり、購入後にプレイをその場で楽しめます。
また、好みのカスタムも可能。
置いているだけで芸術品のように美しいけん玉から、子供用のポップなものまで実に様々なけん玉があります。
けん玉は頭の体操にも良いということで、廿日市では小学校の授業にけん玉の時間が組み込まれているほどです。
けん玉は持ち歩きも可能で、練習場所も選びません。
お気に入りのけん玉で技が決まった時は爽快ですよ。

けん玉ショップyumeの住所・アクセスや営業時間など

名称けん玉ショップyume
住所広島県廿日市市廿日市2丁目3-10
営業時間・開場時間10:00−19:00 月・火曜定休
利用料金や入場料けん玉 夢元無双 6,900円
参考サイトhttps://www.iwata-mokko.jp/shop/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

けん玉ショップyumeのスポットページ

伝統工芸を日常使いしよう 宮島ロクロ


江戸時代からロクロ技術が宮島に伝わり、今も島内で職人により作り続けられている伝統工芸品の宮島ロクロ。
お盆やお椀、茶托、マグカップなど、種類も様々。
800円からと値段も手頃、軽いのでお土産にも最適。
華美な装飾も塗りもありませんが、木本来の木目や風合いを生かした宮島ロクロ細工は日常使いでその美しさを増します。
普段から毎日使って洗ってふいて、仕舞う。
そうやって少しづつ渋みと味が出てきて、時間が経てば立つほど愛着のわく宮島ロクロ。
木目が異なるので、同じものは一つとしてありません。

小林一松堂の住所・アクセスや営業時間など

名称小林一松堂
住所広島県廿日市市宮島町470-2
営業時間・開場時間8:30−18:00
利用料金や入場料商品による
参考サイトhttp://hiroshima-brand.city.hiroshima.lg.jp/ninteihin-single.html?aid=1901
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小林一松堂のスポットページ

廿日市産のお酒 中国醸造


初めて紙の箱入りのお酒を販売したパイオニア精神溢れる廿日市の中国醸造。
日本酒、ウイスキー、焼酎、スパークリングと取り扱いも多岐にわたり、蔵開きや酒蔵公開見学などイベントも多く、観光の一環として訪れるのもお勧め。
特にお土産でお勧めなのが広島の女性の声を取り入れて作られた「可愛い(かわいい) 白いシリーズ」です。
果汁たっぷりのミルキーなリキュールは、シャルドネ、ライチ、ラ・フランスの三つの味があります。
そのまま割って飲んで美味しいですが、他のお酒との相性も抜群ですので、色んな組み合わせてで味の変化を楽しめます。
限定品が販売される時もあるので、事前にホームページは要チェックです。

中国醸造 やすらぎ醗酵房の住所・アクセスや営業時間など

名称中国醸造 やすらぎ醗酵房
住所広島県廿日市市桜尾1丁目12−1
営業時間・開場時間10:00−17:00 月曜定休
利用料金や入場料かわいい 白いライチ 1,300円
参考サイトhttps://www.chugoku-jozo.co.jp/company_ja/shop/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中国醸造 やすらぎ醗酵房のスポットページ

頑丈で可愛い ヤマサキ帆布店のトートバッグ


廿日市市玖島(くじま)を拠点に個人で帆布バッグを作成してるヤマサキ帆布店。
年に1〜2回開催される「くじまの森マーケット自由なマーケット」の他、不定期に廿日市市内で販売されています。
トートバッグはカラーの組み合わせが美しく、しっかり丁寧に縫い込まれたバッグは丈夫で使い勝手が良いと評判です。
お店に問い合わせればオーダーも可能。
お好みのカラーとサイズや形を伝えれば希望以上の素敵なバッグに仕上げてくれます。

ヤマサキ帆布店の住所・アクセスや営業時間など

名称ヤマサキ帆布店
住所広島県廿日市市玖島4351-1 (くじまの森)
営業時間・開場時間くじまの森マーケット:2017/5/13 開催
利用料金や入場料商品による
参考サイトhttps://www.instagram.com/yamasakihanpu/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヤマサキ帆布店のスポットページ

廿日市でしか買えないかっぱえびせん マイカルビー


実は廿日市にはカルビーの工場があるんです。
そのカルビーの専門店がゆめタウン廿日市3階にあります。
なんと、出来立てをその場でお持ち帰りできます。
かたちも一般販売されているものとはちょっと違います。
ほかほかをすぐに食べたい方は、隣のフードコードの席で座って食べられます。
カルビーの高級かっぱえびせん「匠海」は平らな形に、深い味わいが特徴。
また、甘めのフレーバー「かりん」は抹茶味・キャラメル味・レモンティー味・ベリー味とあり、ここでしか購入できませんのでお土産にも喜ばれます。

スナックキッチン my Calbeeの住所・アクセスや営業時間など

名称スナックキッチン my Calbee
住所広島県廿日市市下平良2−2−1 ゆめタウン廿日市
営業時間・開場時間9:00−21:00(土日祝は22:00まで)
利用料金や入場料かっぱえびせん かりん 540円
参考サイトhttps://www.calbee.co.jp/mycalbee/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スナックキッチン my Calbeeのスポットページ

優しい街 廿日市

廿日市市は決して大きい街ではありません。

けれど、訪れた人を誰でも優しく受け止めてくれる、そんな懐の深さがあります。

それはひとえに、穏やかな瀬戸内の気候によるものなのかもしれません。

日常の喧騒から離れ、廿日市でほっと一息ついてください。
photo by PIXTA , iStock and so on.

みやこ

Writer:

広島で産まれて、広島カープの応援歌を子守唄に育ったアラサー主婦です。主婦になる前は、仕事で日本全国に転勤があり色んな場所で暮らしました。転勤先で最も長い期間を過ごした静岡県では、休日のたびに車で県内をプチ旅行していました。今は小さい子供がいるので広島県内の公園や施設巡りを楽しんでいます。

この記事のカテゴリ

中国地方
国内
広島県

中国地方の記事を見る

廿日市、世界遺産「宮島・厳島神社」の穴場スポット教えます
山頂から瀬戸内海の島々を一望!広島観光で行きたい「弥山」の行き方や予算、営業時間は?
広島に行ったら訪れたい! パワースポット決定版30選
【広島お土産】地元民が選ぶ!もみじ饅頭だけじゃないおすすめお土産30選
日本の山100選の鳥取県「大山」、登山コースや見どころは?
国宝の数々を生み出した水墨画の巨匠!雪舟っていったいどんな人物なの?
島根県観光なら「出雲大社」は必見!行き方や予算、営業時間は?
近代を切り開いた男達のドラマがここに!明治日本の産業革命遺産
広島デートならここ!カップルで行きたいおでかけスポット30選
山田方谷氏により、まるで会社を経営するように運営された「備中松山城」の歴史
城主が何回も変わり、今日の岡山の名観光地を作り上げた「岡山城」の歴史
国宝「松江城」がかつて乗り越えた、水の都ならではの悩みとは?