滝に湖、温泉に無人駅…!群馬県に行ったらやってみたい10の体験

群馬県は山に囲まれ、日本の中では数少ない「海なし県」として知られています。明治時代には絹産業で栄え、富岡製糸場などが世界遺産として登録されています。そんな群馬県に行ったらやってみたい10の体験をご紹介します!
【決定版】地元民が教える、群馬の観光ガイドはこちら。
群馬は温泉大国!草津温泉、伊香保温泉…群馬の温泉地ガイドはこちら。

吹割の滝でマイナスイオンを浴びたい

吹割の滝でマイナスイオンを浴びたい

image by iStockphoto / 51045880

滝と聞くと高い位置から水が落ちてくる様を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?群馬県沼田氏にある吹割の滝は、横に長い珍しい滝として知られています。
幅30メートルにわたって水しぶきを上げる姿から「東洋のナイアガラ」と呼ばれ、多くの観光客を集めています。

滝に向かう散策道は、緑が茂る癒しの空間。
二つある観瀑台からはそれぞれ違った風景が楽しめます。
マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュしたいですね。

草津温泉で湯もみがしたい

日本有数の名湯として知られる草津温泉。
温泉街の中心にある湯畑は、観光スポットとしても有名ですよね。

草津温泉の源泉は高いところでなんと95℃もあるそう。
水で薄めず、人が入れる温度まで下げるために行われるのが湯もみです。
180センチもある板でお湯をもむ様子は、ショートして楽しまれています。
土日には観光客が飛び入りで参加することも可能。
ぜひ体験してみましょう。

草津温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 草津温泉
住所 群馬県吾妻郡草津町草津
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

草津温泉のスポットページ

土合駅にもぐってみたい

土合駅にもぐってみたい

image by iStockphoto / 71159169

土合駅はJR上越線の無人駅ですが、その構造からモグラ駅として人々の注目を集め続けています。
山間にある駅で、上りと下りのホームの高低差が81メートル!下りのホームを地下のトンネル内に造ったことで変わった構造の駅になりました。

地下のホームから改札に行くには、486段の階段しか手段がありません。
まさにモグラ駅です。
観光スポットとしても有名な駅ですが、運行本数が少ないので電車を利用する場合は時刻表をチェックしてから行ってくださいね。

土合駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 土合駅
住所 群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽218-2
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/土合駅
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

土合駅のスポットページ

榛名湖でレジャーを楽しみたい

榛名湖でレジャーを楽しみたい

image by iStockphoto / 63075141

榛名山山頂にある榛名湖は、自然湖では日本で2番目に標高が高い場所にある湖です。
榛名富士は完全なシンメトリーが美しいといわれる山で、湖に映る姿は絶景。
ロープウェイで山頂付近までのぼれることから、レジャースポットとして多くの人でにぎわっています。

スワンボートなどの気軽に挑戦できるものから、パラグライダーなどの本格的なものも。
オートキャンプ場も整備されているので泊りがけで楽しむこともできます。








榛名山・榛名湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 榛名山・榛名湖
住所 群馬県高崎市榛名湖町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.city.takasaki.gunma.jp/kankou/nature/harunako.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

榛名山・榛名湖のスポットページ

尾瀬を歩きたい

尾瀬を歩きたい

image by iStockphoto / 66305265

童謡「夏の思い出」でも歌われるように、尾瀬は水芭蕉の代名詞ともいえるでしょう。
春が近づく雪解けの時期には、水芭蕉が咲き乱れ真っ白におおわれる尾瀬ヶ原は東西6キロ南北2キロに及ぶ広大な湿地帯です。

夏はニッコウキスゲの黄色、秋はナナカマドの赤と季節によって色を変え、訪れる人の目を楽しませてくれます。
散策やハイキングのための設備も整っているので、体力に合わせて自然を堪能できるベストスポットです。

尾瀬の住所・アクセスや営業時間など

名称 尾瀬
住所 群馬県利根郡片品村戸倉
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E7%80%AC
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

尾瀬のスポットページ

めがね橋を撮影したい

めがね橋を撮影したい

image by iStockphoto / 44499718

全国に「めがね橋」の愛称で呼ばれる橋は数々ありますが、安中市にある薄井第三橋梁は高さ31メートル・長さ91メートルの日本最大のレンガ製アーチ橋です。
急こう配である薄井峠を登るため作られた「アプト式鉄道」を支えた明治時代の建造物で、現在は廃線敷を利用して遊歩道が整備され、橋の上を歩くこともできます。

国道18号線旧道から見上げると橋の大きさや美しいフォルムがわかりやすいです。
撮影するならここがおすすめ。
絶景はカメラに収めたいですよね。

 

めがね橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 めがね橋
住所 群馬県安中市松井田町坂本
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.annaka-city.com/history/01.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

めがね橋のスポットページ

わたらせ渓谷鉄道に乗りたい

わたらせ渓谷鉄道に乗りたい

image by iStockphoto / 63838277

「絵になる列車」として人気があるのがわたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車です。
ガラスのない窓が特徴的な列車に乗り、風を受けながら渓谷の景色を楽しむことができます。
長いトンネルに入ると天井にイルミネーションが!味気ないトンネル内でも飽きないようにと工夫が凝らされているなんて素敵ですよね。

渋い色味の車体は、周囲の緑になじみ被写体としても魅力的。
沿線の桜が並ぶ道路には春になるとカメラを構える人を多く見かけます。

 

次のページでは『天空の湖を見てみたい』を掲載!
次のページを読む >>