地元民が伝授!温泉からグルメ・お土産まで極める「草津観光」の完璧ガイド

群馬の有名な温泉地「草津温泉」。群馬だけでなく日本でも有名な温泉地として知られていて、遠方から足を運ぶ方も多いんです。温泉で有名ですが、おいしいグルメや日帰りで楽しめるスポットなどがたくさんあるのが特徴☆時間のないときでも楽しめるのが草津温泉の醍醐味です。

草津温泉に行くなら知っておきたい情報をどっさり詰めてお送りします。草津温泉への旅行を考えている方もそうでない方もぜひご覧ください。

草津の観光に行く前に知っておこう!

草津といえば湯畑!でも湯畑って一体なに?

image by PIXTA / 38303877

草津温泉を訪れる際に必ず目にする「湯畑」。
観光スポットとして知られていますが、実は湯畑のしっかりした役割やどんなことをしているところなのかを知っている方は少ないんです。

湯畑は、温泉の源泉を地表に掛け流して、温泉成分である湯の花を析出させて採取したり、温泉のお湯の温度を調節する施設のこと。

日本各地の温泉地では、湯の花を採取してお土産として販売している温泉をよく見かけます。
ですが、群馬の草津温泉では温泉街の中心部に大きな湯畑があって、観光名所でもあります。

ところが、観光名所というのはあとからついてきた言葉で、本来の役割は湯の花を採取したり、お湯の温度を調節するための施設なんですよ。

首都圏から草津へのアクセス手段や時間は?

草津温泉までのアクセスですが、電車でも車でも向かうことが出来ます。
冬は雪がたくさん降るので、車が心配な時は電車を利用することをおすすめします。

・車で行く場合は、所要時間が約3時間30分~40分かかります。

1.練馬ICから関越道→渋川伊香保IC→長野原→草津温泉

2.練馬ICから関越道または上信越道→碓氷軽井沢IC→国道18号→中軽井沢→草津温泉

・バスで行く場合は、所要時間が約4時間30分かかります。

新宿【JR高速バス「上州ゆめぐり号」】→草津温泉

草津温泉まではアクセス方法がたくさんありますので、参考にしてください。

草津の駐車場は?

有名な草津温泉で、さすがに無料の駐車場はないかな…と諦めているあなた!実は草津温泉周辺には、無料で利用できる駐車場があります。
今では観光地では無料で止められるスポットは少ないので、ぜひ参考にして移動の計画を立ててみてくださいね。

・草津運動茶屋公園道の駅

・天狗山駐車場

・大滝の湯駐車場

この3つ。
「天狗山駐車場」は日帰りの方が多く利用しているので、利用しやすいことが良く分かりますね。
3つとも、お手洗いも完備していて、ちょっとした休憩にも利用できますので、ぜひご利用ください。

電車でも気軽に行けそう!東京から草津まで電車だとどうやっていくの?

草津温泉は冬になるとたくさんの雪が降ります。
普段車を運転している方でも雪道が怖いということや安全のために電車を利用することもあります。
そんなときのアクセス方法をご紹介します。

電車で行く場合は、所要時間は約3時間かかります。
長旅になりますが、草津までの景色やグルメを楽しみながら移動しましょう♪

JR上野駅から【特急「草津」2時間28分】→長野原草津口駅 (JR接続バス25分)→草津温泉

という流れになります。
長野原草津口駅での接続が上手にいくように事前に上野発の特急の時間を調べておくとスムーズに旅が進みます。

新幹線で行く場合は、所要時間が約2時間30分かかります。
軽井沢駅からレンタカーを利用する形になりますが、運転距離が短くなるので負担はとても少なくなります。

東京駅→【長野新幹線1時間10分】→軽井沢駅→草津温泉

このような流れになります。
ローカル線で行くか、新幹線を使うのかはお好みでどうぞ☆

草津のグルメと言えば?

草津温泉と言えば、「温泉まんじゅう」。

宿から湯畑に行くまでに何軒かおまんじゅう屋さんを通り過ぎますが、試食を配っていることもあります。

とにかくお店の方がフレンドリーで、「たくさん味見していって~」と渡してくれます。

おまんじゅうがおいしくて、満腹になるまで食べてしまったなんてこともあるくらいおいしいおまんじゅうはお土産にもおすすめです。







草津を経由して行ける群馬県の他の観光スポットは?

草津温泉に来たからこそ足を運んで欲しい観光スポットをご紹介します。

草津温泉から足を運びやすいスポットは「湯釜」。

群馬県から長野県へ行く途中に、「万座ハイウェイ」というスポットがあります。

そこにある「湯釜」は、白根山の山頂にある、強い酸性の火口湖になっています。

まるで海のようなエメラルドグリーンの湖があって、そこは強い酸性なので、どんなに寒い冬でも凍りません。

そんな神秘的なスポットが、草津温泉から経由できるおすすめスポットになっています。

少し足を伸ばして、ぜひ神秘的な「湯釜」をしっかり目に焼き付けてくださいね。

子連れでも草津を楽しめる?

小さなお子様を連れて草津温泉を楽しむことはもちろんできます。

温泉が少し熱く感じられるかもしれませんので、温度に気を付けて一緒に温泉を楽しんでくださいね。

気を付けることは体温調節をしっかりすることと、硫黄の臭いです。
冬はとっても冷え込むので、体調を崩しやすい状態になります。
楽しい旅行にするためにも、お子様の服装には気を付けてくださいね。

そして、湯畑を中心に硫黄の香りが広がっています。

これが草津温泉の特徴でもあるのですが、その臭いを嫌がる子もいます。
その点を頭に入れておくと対処しやすいですよ。

草津の観光モデルコースはこう!

日帰りの場合

日帰りの場合は、日帰りでも楽しめる旅館に行って温泉を楽しみましょう。
草津温泉ではほとんどの旅館で日帰りプランを行っていますので、時間がないときでも十分お楽しみいただけます。

旅館に着いたら近くにある湯畑に足を運びましょう♪温泉街の雰囲気を堪能できますし、なにより旅館からのアクセスがよいので、気軽に足を運べる特徴があります。

草津で有名な温泉まんじゅうを試食で配ってるときもありますので、ぜひご賞味くださいね。
お土産にも人気で、老若男女問わず人気の商品です。

日帰りでも旅館でお料理がついているプランもありますので、プランに合わせてお腹の空き具合を調整しましょうね♪

1泊2日の場合

宿泊が可能であれば、まず初日は移動の疲れもあると思いますので旅館と湯畑でゆっくりと過ごしましょう。
都心部からは午前中に出発して、到着はだいたい15時くらいになりますので、ちょうどチェックインの時間。

まずはチェックインしてお茶を飲んで一息ついて湯畑へ。
草津温泉の名物を肌で感じてください。
湯畑を訪れると、この後入る温泉をもっと楽しむことができます。

そして2日目は草津から行ける観光スポットを楽しみましょう♪おすすめスポットはこの後紹介していますので、時間と相談しながら楽しみましょう。

次のページでは『草津、季節ごとの見どころは?』を掲載!
次のページを読む >>