春本番!親子で楽しむ箱根ミュージアムめぐり

名門温泉地の箱根も春本番。そしてもうすぐお待ちかねのゴールデンウィークもやってきます。今回は気軽に出かけられる距離にある箱根で親子そろって楽しめる美術館やミュージアムめぐりをご提案します。

箱根北原おもちゃミュージアム[湯本温泉]


「箱根北原おもちゃミュージアム」はブリキ玩具の世界的コレクター、北原照久氏の膨大な個人コレクションを公開するおもちゃ専門ミュージアム。
館内には北原氏がこれまでに蒐集したコレクション約8,000点がぎっしり。
明治・大正・昭和のブリキのおもちゃをはじめ、ダイヤペットやトミカなどの懐かしの国産ミニカーに舶来ものミニカー、「スターウォーズ」シリーズのキャラクターグッズも豊富にそろい、洋楽・邦楽レコードコレクション約400枚、ジュークボックスまで展示されています。

敷地内には復刻版おもちゃや箱根みやげを販売するショップ、カフェ&BBQレストランも併設。
箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から無料シャトルバスも運行されています(徒歩約5分)。


箱根北原おもちゃミュージアムの住所・アクセスや営業時間など

名称箱根北原おもちゃミュージアム
住所神奈川県足柄下郡箱根町湯本740
営業時間・開場時間9:00−17:00
利用料金や入場料大人1,300円 小中学生600円
参考サイトhttp://www.hakone-kitahara-museum.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

箱根北原おもちゃミュージアムのスポットページ

箱根 彫刻の森美術館とピカソ館[箱根町二ノ平]

箱根 彫刻の森美術館とピカソ館[箱根町二ノ平]

image by PIXTA / 4239117

「箱根 彫刻の森美術館」は1969年に開館した野外彫刻美術館の草分け的存在。
70,000m²の広大な美術館庭園内にロダン、ブールデル、ヴァンジ、イサム・ノグチ、ミロなど約120点の彫刻作品が常設展示されています。
とくにムーアコレクションが有名で、ムーア作品26体が収蔵されています。

また「しゃぼん玉のお城」などのプレイスカルプチャー(遊戯彫刻)や、高さ18mのステンドグラス「幸せをよぶシンフォニー彫刻」などの体験型設備や足湯も楽しめます。
ベビーカー貸し出しサービスや授乳室も用意されています。

箱根 彫刻の森美術館は箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩約3分です。


箱根 彫刻の森美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称箱根 彫刻の森美術館
住所神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
営業時間・開場時間9:00−17:00
利用料金や入場料一般1,600円 大学・高校生1,200円 小中学生800円
参考サイトhttp://www.hakone-oam.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

箱根 彫刻の森美術館のスポットページ

箱根美術館[強羅温泉]

箱根美術館[強羅温泉]

image by PIXTA / 17353585

強羅公園に隣接する箱根美術館は1952年に開館した、箱根でもっとも古い美術館。
「はにわ」に代表される縄文から弥生時代にかけての土器や信楽、備前、伊万里などの「焼きもの」を常設展示。
群馬県で出土した6-7世紀ごろのはにわ「天冠をつけた男子」は国の重要文化財に指定されています。

箱根美術館内の「神仙郷庭園」には約130種類の苔と200本のカエデが織りなす「苔庭」があり、こちらは紅葉の名所としても有名。
ミュージアムショップのガラス張り休憩所からはその「苔庭」の眺望が楽しめます。

箱根美術館は箱根登山鉄道ケーブルカー「公園上駅」すぐ前になります。


箱根美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称箱根美術館
住所神奈川県箱根町強羅1300
営業時間・開場時間9:30−15:30(夏期) 9:30−16:00(冬期) 木曜休館
利用料金や入場料一般900円 大学・高校生400円 中学生以下無料
参考サイトhttp://www.moaart.or.jp/hakone/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

箱根美術館のスポットページ

箱根写真美術館[強羅温泉]


「箱根写真美術館」は2002年、箱根出身の写真家・遠藤桂氏が運営する写真専門ミュージアムとして開館。
1階展示室では館長の遠藤桂氏撮影の富士山写真を常設展示、「繭玉」の中にいるかのような斬新な空間が特徴の2階展示室では国内外の写真家の企画展示を行っています。

併設カフェの「プレジール・ドゥ・ルフ」はパウンドケーキが人気で、テラス席のみペット同伴も可。
館長による写真撮影技術に関するワンポイントレッスンも随時開催され、わが子の写真をもっとじょうずに撮りたい、という方にもおすすめ(要予約)。

箱根写真美術館は箱根登山鉄道ケーブルカー「公園下駅」すぐ近くにあります(駐車場なし)。



箱根写真美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称箱根写真美術館
住所神奈川県足柄下郡 箱根町強羅1300-432
営業時間・開場時間10:00−17:00(6月末−8月末は21:00まで) 火曜休館
利用料金や入場料大人500円 小人300円
参考サイトhttp://www.hmop.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

箱根写真美術館のスポットページ

ポーラ美術館[仙石原]


「ポーラ美術館」は2002年に開館した私設美術館。
19世紀フランス印象派や近代日本洋画、日本画、版画、東洋陶磁、彫刻、アールヌーヴォー / アールデコ期のガラス工芸など総数1万点にもおよぶ多彩なコレクションを誇っています。
また世界的にも珍しい古今東西の化粧道具コレクションも同時展示されています。

2017年3月18日から9月24日にかけて、開館15周年記念として「ピカソとシャガール / 愛と平和の讃歌」展を開催中。
ふたりの画家による作品約80点が展示されています。

子ども向け設備として館内地下2階ロビーに絵本コーナー「こどもぷちえほん美術館」があり、また小中学生向けの鑑賞ガイド冊子も配布しています。
ベビーカー貸し出しもOK。

ポーラ美術館は小田急電鉄「小田原」駅から直通バスで約40分です。


ポーラ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称ポーラ美術館
住所神奈川県足柄下郡足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
営業時間・開場時間9:00−17:00
利用料金や入場料一般1,800円 シニア1,600円 大学・高校生1,300円 小中学生700円
参考サイトhttp://www.polamuseum.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ポーラ美術館のスポットページ

箱根ラリック美術館[仙石原]


「箱根ラリック美術館」はアールヌーヴォー / アールデコ両時期に活躍したフランスのガラス工芸作家ラリック作品を専門に展示する美術館として2005年に開館、国内では3番目のラリック専門美術館になります。
収蔵総数は約1,300点、そのうちジュエリーやガラス工芸、花器など約230点が展示されています。

庭園、レストラン、ショップのみ入館無料で利用可能。
またラリックが室内装飾を手がけ、2001年まで現役として使用されていた「オリエント急行」サロンカーも特別展示され、予約制カフェとして利用されています。

箱根ラリック美術館は箱根登山鉄道「箱根湯本」駅からバス「湖尻・桃源台」行きで「仙石案内所前」バス停すぐ前になります。


箱根ラリック美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称箱根ラリック美術館
住所神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186−1
営業時間・開場時間9:00−17:00
利用料金や入場料大人1,500円 シニア・大学・高校生1,300円 小中学生800円
参考サイトhttp://www.lalique-museum.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

箱根ラリック美術館のスポットページ

箱根ガラスの森美術館[仙石原]

箱根ガラスの森美術館[仙石原]

image by PIXTA / 19714649

「箱根ガラスの森美術館」は1996年、国道138号線沿いに開館した日本初のヴェネツィアングラス専門の美術館。
ヴェネツィアの街並みをイメージした美術館には16-19世紀にかけて制作されたヴェネツィアングラスと現代ガラスアート作品約100点が常設展示されています。
広々とした庭園には高さ9m、全長10mの虹色に輝くクリスタルアーチ「光の回廊」をはじめとするガラスアートが多く展示され、大涌谷の眺望と紅葉の美しさにも定評があります。

併設のガラス体験工房は親子連れにも人気。
また館内のカフェレストランでは毎日6回、本場イタリア人歌手によるカンツォーネ生演奏まで楽しめます。

箱根ガラスの森美術館は箱根登山鉄道「箱根湯本」駅からバス「湖尻桃源台」行きで「俵石・箱根ガラスの森前」バス停下車、すぐ前になります。

Ryuichi

Writer:

伊豆半島の付け根に住んでいます。地元静岡県の記事が中心ですが、海外ものもときおり織り交ぜてご提供。公共交通機関を最大限活用するスローな旅が好きです。

この記事のカテゴリ

国内
箱根

関連記事を見る

国内の記事を見る

湯河原温泉の歴史とお薦めスポット3選!万葉集にも詠まれた古湯です
「平将門」の歴史。天皇になろうとして失敗するも、後世に残した影響とは?
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
戸隠神社に行ってきた!日本屈指のパワースポットで運気チャージの旅
京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
遺産総額70億円?!応仁の乱の原因を作った日野富子は金の亡者か?
「後三年の役」ってどんな戦い?東北地方の覇者によるお家騒動
明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?
平安時代中期の反乱「前九年の役」をもっとよく知ろう