冬のニセコで遊ぶ!温泉イッパイ腹いっぱいな旅

冬も終わりに差し掛かり、最近では雪も解け始めています。

春の到来は喜ばしいことですが、ウインタースポーツ好きとしては「もう少し待ってくれよ」という気分。「オチオチしていたら、雪遊びができなくなるぞ」と思い、雪深いニセコを目指しました。

撮影/筆者

こんにちは。
アクティブ派ライター&フォトグラファーの吉田匡和です。
今回の旅は、世界的リゾートであるニセコに行ってきました。

神々が棲んでいると思えるような素晴らしい自然や、美味しい食べ物、温泉などが満載です。
さあ、夢の世界に出発しましょう。

ニセコを丸ごと楽しもう

ニセコを丸ごと楽しもう

撮影/筆者

北海道有数のリゾートであるニセコは、10数年前にオーストラリア人により、その素晴らしさが紹介されると、たちまち世界中から観光客が集まるリゾート地に変身。

隣接する倶知安町と共に外国人移住者が多く、現在では外国かと見間違うほど国際的になっています。

テレビで人気だったあの人が…

テレビで人気だったあの人が...

撮影/筆者

今回はニセコ界隈に4日間滞在するプチ・ステイ・ツアーです。
天気も良くテンション上昇。
札幌からスムーズに100㎞ほど走り、「道の駅 230ルスツ」で休憩を入れます。

まずは浪越徳次郎さんの銅像に挨拶しましょう。
「天才・たけしの元気が出るテレビ」に出てくる「ジェット浪越」のイメージが強いですが、決して変なジイさんではありません。
マリリンモンローの腰も揉んだことがある指圧の名人なんですよ。

幼少期を留寿都村で過ごされたそうです。

道の駅 230ルスツの住所・アクセスや営業時間など

名称道の駅 230ルスツ
住所北海道虻田郡留寿都村字留寿都127
営業時間・開場時間9:00−18:00(夏期) 9:00−17:00(冬期)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2442/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

道の駅 230ルスツのスポットページ

手打ちそばが自慢の店

手打ちそばが自慢の店

撮影/筆者

清らかな湧水と抜群のロケーションが味を引き立てることから、手打ちそばの店が増えています。
真狩村にある「いし豆」に立ち寄りました。

店内には足踏みミシンや黒電話などが置かれ、さりげなくレトロな演出が施されています。
石臼で引いた粗挽き蕎麦で、コシもあり風味も抜群。
ツユもカツオのいい香りです。

いし豆の住所・アクセスや営業時間など

名称いし豆
住所北海道虻田郡真狩村字社206-8
営業時間・開場時間11:00−15:00 水・木曜定休
利用料金や入場料もりそば 800円
参考サイトhttps://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010603/1005543/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いし豆のスポットページ

お前はアフリカにいるはずでは!

お前はアフリカにいるはずでは!

撮影/筆者

ニセコにはダチョウを飼育する牧場があり、「羊蹄山をバックに、雪の中に生きるダチョウ」というシュールな風景を見ることができます。

この地に魅せられた方が荒れ果てた農地を開墾し、何年もかけて飼育に成功したそうです。

硫黄泉に浸る

硫黄泉に浸る

撮影/筆者

この日は早めに宿にチェックイン。
ニセコ湯元温泉にある「ペンション・アダジョー」は、別荘らしき物件が別館として使われています。

素泊まり1泊4650円とリーズナブル。
硫黄泉のかけ流し露天風呂が貸し切りで入れ、身も心もトロトロ!

よく体を流しておかないと、温泉の臭いが衣服について臭くなるので要注意。

撮影/筆者

風呂上りはニセコグルメで決まり。
ニセコビール残照はホップの香りが強く、柑橘系のテイストです。

ニセコフロマージュは、裂けるナチュラルチーズで塩分が控えめ。
プレーンもありますが、スパイシーな味を好むならブラックペッパーがいいですよ。

湯ごもりの宿 アダージョの住所・アクセスや営業時間など

名称湯ごもりの宿 アダージョ
住所北海道磯谷郡蘭越町日出554−52
営業時間・開場時間チェックイン15:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料1泊4650円〜
参考サイトhttp://www.tim.hi-ho.ne.jp/ootomo/adagio.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

湯ごもりの宿 アダージョのスポットページ

とにかく広いニセコアンヌプリスキー場

とにかく広いニセコアンヌプリスキー場

撮影/筆者

二日目は、ニセコアンヌプリスキー場に繰り出しました。
標高1,156 m / 400 m、総面積47ha、4,000mとスケールの大きなゲレンデです。

木立が少なく広々としたバーンが特徴で、上級者から初心者まで幅広く楽しむことができます。

ニセコアンヌプリ国際スキー場の住所・アクセスや営業時間など

名称ニセコアンヌプリ国際スキー場
住所北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ485
営業時間・開場時間8:30−16:30(11/26−5/7) ナイター営業:16:30−20:30(12/10−3/20)
利用料金や入場料リフト1日券:大人5,000円 シニア・中学生3,600円 小学生2,900円
参考サイトhttp://annupuri.info/winter/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニセコアンヌプリ国際スキー場のスポットページ

カッコいいのはどっち?

カッコいいのはどっち?

撮影/筆者

私が愛用しているのは「スノースクート」です。
ブレーキはなく、エッジを使ってコントロールします。
愛用者も少なく目立つ上に、時々「何あれ、カッコいい」などといわれるのでやめられません!

でも、カッコいいのはライダー?それともスクート?

撮影/筆者

時期的にフカフカのパウダーは望めず、雪質は滑るとガリガリ音がするガリガリくん。
よく締まった雪面は転がりだしたら止まらないので注意が必要。

スクートは降ってくるは、ギロチンのようにボードが首に当たるわ、ワヤ(北海道弁でひどい状況)です。
死ぬかと思った!

撮影/筆者

山頂付近から羊蹄山が綺麗に見えました。

極寒を利用して戦時中にアンヌプリの山頂でゼロ戦の着氷実験が行われ、機密を隠すために谷底に捨てられた戦闘機が眠っているそうですよ。

蕎麦屋だけどマグロが名物

蕎麦屋だけどマグロが名物

撮影/筆者

お昼はゲレンデを離れて、ニセコ市街地の「まぐろ屋十割」を訪れました。
名物は蕎麦とセットでいただく築地直送の赤身、中トロ、大トロマグロの三種小鉢。

「ニセコなのに、なぜ築地?」とか「豊洲に移転したらどうする?」というハナシは置いておいて、濃厚な味を堪能しました。


まぐろ屋十割の住所・アクセスや営業時間など

名称まぐろ屋十割
住所北海道虻田郡ニセコ町字富士見65
営業時間・開場時間11:00−14:00 月曜定休
利用料金や入場料ざるそば・まぐろ小鉢セット 1,300円
参考サイトhttp://www8.plala.or.jp/niseko-fine/40etc/42juuwari/juuwaritop.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まぐろ屋十割のスポットページ

まるで天国?

まるで天国?

撮影/筆者

三日目は、山の中腹にガスがかかるバッドコンディション。

船場吉兆の女将は「頭が真っ白に」とささやきましたが、頭どころか目の前が真っ白です。
天に召されるように、ゴンドラが白い世界に突入していきます。

撮影/筆者

ホワイトアウトするとバランス感覚が狂って上下左右、まったくわかりません。
こんな状況で滑っていても苦行にしかならないので、早々と切り上げて温泉三昧を楽しむことにしました。

明治32年に開湯

明治32年に開湯

撮影/筆者

スキー場の近くにある昆布温泉は小さな温泉地です。
その中でも鯉川温泉旅館は、開湯が明治32年と最も古い歴史を持っています。

泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム塩化物・炭酸水素塩泉で、「日本秘湯の会」にも加盟しています。
まあ、秘湯といっても幹線道路からすぐなんですけどね。

鯉川温泉旅館の住所・アクセスや営業時間など

名称鯉川温泉旅館
住所北海道磯谷郡 蘭越町字湯里592
営業時間・開場時間日帰り入浴:10:30−20:00
利用料金や入場料入浴料:大人600円 子供300円 幼児100円
参考サイトhttps://koikawa-onsen.jimdo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鯉川温泉旅館のスポットページ

雲の中にダイブ!

雲の中にダイブ!

撮影/筆者

最終日は天候に恵まれました。
ニセコ界隈一番の人気を誇る「グランヒラフ」にステージを移して冬を締めくくります。

グランヒラフは標高1,200 m / 240 m、コース数31本を誇るメガ・ゲレンデです。
目の前に羊蹄山を据えるロケーションが最高で、世界中からたくさんの人が押し寄せています。

撮影/筆者

山頂付近に雲が流れ、それに飛び込むようにダイブ。
何度もヒラフに足を運んでいても、タイミングが合わなければできない体験に、おだつ、おだつ(北海道弁で調子に乗る)。
何度もドロップしました。

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフの住所・アクセスや営業時間など

名称ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ
住所北海道虻田郡倶知安町山田204
営業時間・開場時間8:30−20:30
利用料金や入場料リフト1日券:大人7,400円 中学生5,600円 小学生4,500円
参考サイトhttp://www.grand-hirafu.jp/winter/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフのスポットページ

ゲレンデの中にある宿「望羊荘」

ゲレンデの中にある宿「望羊荘」

撮影/筆者

昼食は「望羊荘」でいただきます。

別の場所で保養所として営業していましたが、昭和32年に現在地に移転。
その後のスキー場の拡張により、ゲレンデ内にポツリと残されたてしまったという複雑な経緯があります。

なんと宿泊もやっています。

撮影/筆者

東洋的な雰囲気が外国人に大人気で、「ここは日本か?」と思えるくらい国際的になります。
いまどき珍しいオールドテイストのラーメンがウマい。

混雑を避けるのなら11時くらいに行くのがいいですよ。

ロッヂ望羊荘の住所・アクセスや営業時間など

名称ロッヂ望羊荘
住所北海道虻田郡倶知安町山田209 ニセコグランヒラフスキー場内
営業時間・開場時間ランチ:10:00−
利用料金や入場料ラーメン 830円
参考サイトhttp://bo-yo-so.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロッヂ望羊荘のスポットページ

神々が棲むゲレンデ

神々が棲むゲレンデ

撮影/筆者

羊蹄山が全貌をあらわしました。
雲の合間から差し込む光は、神々の降臨にも見えます。
上級者コースからの眺めになりますので、中級者の方は、ぜひ腕を磨いてトライしてください。

撮影/筆者

一日の中に雪が、風が、雲が、空が、太陽が作り出す雄大なシーンに、素晴らしいドラマを見終わったような感動を覚えました。

冬は真っ白な物語

ニセコでは毎日、新しい感動が生まれています。
真っ白な雪の中に映しだされるドラマの主人公はあなた自身です。

真冬の大自然を舞台に、忘れられないひと時を過ごしてみませんか?

吉田匡和

Writer:

札幌市在住、夏はバイクでツーリング、冬は雪山を楽しむアウトドア派フリーライターです。Wondertripでは山奥を分け入ったり、崖をよじ登らなくては出会えない「絶景」ではなく、見落とされてしまいがちな絶景や、隠れた絶景、自分だけが知っている絶景など、北海道のよいところをたくさん紹介しています。どうぞ宜しく。 サイト BuleOrca〖ブルーオルカ〗 http://buleorca.jugem.jp/

この記事のカテゴリ

北海道
国内
絶景

北海道の記事を見る

タウシュベツ川橋梁もここ!北海道・ひがし大雪の大自然をスノーシューで歩く
世界で唯一開催!迫力の十勝「ばんえい競馬」を見る旅
野鳥のサンクチュアリ!ウトナイ湖で感動・苫小牧で満腹の旅
【旅行体験記】真夏よりもホット!冬の旭山動物園の一日
4つの絶景を見る!氷を彩る支笏湖氷濤まつり
北海道の歴史と海鮮をたどる!小樽・余市ロマンチック街道
札幌という都会で非日常感と自宅感を味わおう!ホテルでロッジの世界観を体験
北海道の味覚を味わい尽くす!札幌東急REIホテルの「雪まつりディナーブッフェ」
北海道観光なら「大通公園」は必見!見どころやイベント 「大通公園」の観光情報まとめ
横浜に函館の朝市がやってきた!?「新・函館市場」が期間限定でオープン
ルタオの姉妹店「ドレモルタオ」の新作パンケーキに注目、とろける口どけがたまらない!
富良野のお洒落なカフェならここ!女子旅や一人旅でもおすすめのカフェ20選