野鳥のサンクチュアリ!ウトナイ湖で感動・苫小牧で満腹の旅

「苫小牧」と聞いて、みなさんは何を連想するでしょうか?

夏の甲子園を二連覇した“駒大苫小牧”も印象深いですし、ツーリングライダーやトラックドライバーには、「フェリーターミナル」として北海道の玄関口をイメージする人も多いでしょう。

苫小牧市は、野鳥のサンクチュアリであるウトナイ湖や、道内屈指の漁港を持つ個性豊かな街なのです。

そんな苫小牧周辺の魅力を訪れてみました。

撮影/筆者

札幌在住のフリーライター&フォトグラファー、吉田匡和です。
北海道にはたくさんの観光地がありますが、意外な街にも素晴らしいスポットがあるもの。

今日は「地味ながらいぶし銀」な街、苫小牧市と周辺を尋ねてみました。

例年よりも早い春の訪れ

例年よりも早い春の訪れ

撮影/筆者

今年は積雪が少なく、温暖な日が続いているためか、例年よりも早く春が訪れています。
苫小牧へと向かう高速道路の流れもスムーズ。

新しい季節が巡るのは嬉しいものですが、もう少し冬を楽しみたかったですね。

漁業関係者優先!マルトマ食堂

漁業関係者優先!マルトマ食堂

撮影/筆者

安くてうまいものを食べさせてくれると聞いて、まずは「マルトマ食堂」に来ました。

苫小牧漁協の事務所の中にあることからもわかるとおり、本来は漁師のための市場です。
外部からの客が増えた今も「漁業関係者優先」の張り紙が!

撮影/筆者

ホッキ貝はバカガイ科の二枚貝です。
他の地域ではなじみが薄いかも知れませんが、甘くてコリコリして味も食感もよく、北海道では刺身や寿司ネタにも使われます。

水揚げ上位4か所を北海道で占め、ダントツナンバーワンは苫小牧です。

撮影/筆者

この食堂は、ホッキ料理が豊富。

ホッキ丼やホッキ飯は当たり前、ホッキまぜそば、ホッキアイス、ホッキプリン、ホッキピザと、「一体、どんな味なんだ?」と手を出しにくいメニューが並びます。

その中で一番人気はホッキカレー!

ホッキの甘さがルーに溶けて、なんともいえないウマさなのだとか。

魅惑のマルトマ丼とは?

魅惑のマルトマ丼とは?

撮影/筆者

ホッキカレーに後ろ髪を引かれつつも、メニューのトップに書いてある「マルトマ丼」を注文。
日替わりでネタが異なる海鮮丼だそうです。

あまり期待もせずに待っていたら、スゴイものが運ばれてきました。

感激...そして感動...

感激...そして感動...

撮影/筆者

本当に素晴らしい料理を見ると「宝石箱や〜」なんて陳腐な言葉はでません。
無言で感動するものです。

ホッキ、ウニ、いくら、アワビ、マグロ、タコ、ボタンえび、甘えび、ヒラメなどなどの、どれもが主役級の豪華キャストが、はみ出さんばかりにドンブリというステージに乗っています。
どれも新鮮でおいしい!

吉田匡和

Writer:

札幌市在住、夏はバイクでツーリング、冬は雪山を楽しむアウトドア派フリーライターです。Wondertripでは山奥を分け入ったり、崖をよじ登らなくては出会えない「絶景」ではなく、見落とされてしまいがちな絶景や、隠れた絶景、自分だけが知っている絶景など、北海道のよいところをたくさん紹介しています。どうぞ宜しく。 サイト BuleOrca〖ブルーオルカ〗 http://buleorca.jugem.jp/

この記事のカテゴリ

北海道
国内

関連記事を見る

北海道の記事を見る

札幌観光ならここ!見どころをざっくりご紹介
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
抜群の透明度!初夏の支笏湖をカヤックで進む
えりも発!シーカヤックでアザラシの赤ちゃんに逢いに行く
激走!知床~釧路「よい景色と美味しいものを目指して」
世界遺産・知床半島!洋上から見る秘境と野生動物たち
北海道観光の王道!阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖をツーリング
北海道の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
遠出しても絶対行きたい函館ラーメン店はここ!おすす30選
【北海道の絶景】激流ラフティング!ニセコの自然を肌で感じる
遠出しても絶対行きたい富良野ラーメン店はここ!10選
北海道観光で行きたい!日本にもあったド級の国立公園「釧路湿原」