野鳥のサンクチュアリ!ウトナイ湖で感動・苫小牧で満腹の旅

「苫小牧」と聞いて、みなさんは何を連想するでしょうか?

夏の甲子園を二連覇した“駒大苫小牧”も印象深いですし、ツーリングライダーやトラックドライバーには、「フェリーターミナル」として北海道の玄関口をイメージする人も多いでしょう。

苫小牧市は、野鳥のサンクチュアリであるウトナイ湖や、道内屈指の漁港を持つ個性豊かな街なのです。

そんな苫小牧周辺の魅力を訪れてみました。

93808:

撮影/吉田匡和

札幌在住のフリーライター&フォトグラファー、吉田匡和です。
北海道にはたくさんの観光地がありますが、意外な街にも素晴らしいスポットがあるもの。

今日は「地味ながらいぶし銀」な街、苫小牧市と周辺を尋ねてみました。

例年よりも早い春の訪れ

93810:例年よりも早い春の訪れ

撮影/吉田匡和

今年は積雪が少なく、温暖な日が続いているためか、例年よりも早く春が訪れています。
苫小牧へと向かう高速道路の流れもスムーズ。

新しい季節が巡るのは嬉しいものですが、もう少し冬を楽しみたかったですね。

漁業関係者優先!マルトマ食堂

93813:漁業関係者優先!マルトマ食堂

撮影/吉田匡和

安くてうまいものを食べさせてくれると聞いて、まずは「マルトマ食堂」に来ました。

苫小牧漁協の事務所の中にあることからもわかるとおり、本来は漁師のための市場です。
外部からの客が増えた今も「漁業関係者優先」の張り紙が!

93812:

撮影/吉田匡和

ホッキ貝はバカガイ科の二枚貝です。
他の地域ではなじみが薄いかも知れませんが、甘くてコリコリして味も食感もよく、北海道では刺身や寿司ネタにも使われます。

水揚げ上位4か所を北海道で占め、ダントツナンバーワンは苫小牧です。







93814:

撮影/吉田匡和

この食堂は、ホッキ料理が豊富。

ホッキ丼やホッキ飯は当たり前、ホッキまぜそば、ホッキアイス、ホッキプリン、ホッキピザと、「一体、どんな味なんだ?」と手を出しにくいメニューが並びます。

その中で一番人気はホッキカレー!

ホッキの甘さがルーに溶けて、なんともいえないウマさなのだとか。

魅惑のマルトマ丼とは?

93815:魅惑のマルトマ丼とは?

撮影/吉田匡和

ホッキカレーに後ろ髪を引かれつつも、メニューのトップに書いてある「マルトマ丼」を注文。
日替わりでネタが異なる海鮮丼だそうです。

あまり期待もせずに待っていたら、スゴイものが運ばれてきました。

感激...そして感動...

93816:感激...そして感動...

撮影/吉田匡和

本当に素晴らしい料理を見ると「宝石箱や〜」なんて陳腐な言葉はでません。
無言で感動するものです。

ホッキ、ウニ、いくら、アワビ、マグロ、タコ、ボタンえび、甘えび、ヒラメなどなどの、どれもが主役級の豪華キャストが、はみ出さんばかりにドンブリというステージに乗っています。
どれも新鮮でおいしい!

次のページでは『海の駅ぷらっとみなと市場』を掲載!
次のページを読む >>