世界で唯一開催!迫力の十勝「ばんえい競馬」を見る旅

札幌在住のアクティブ派ライター、吉田匡和です。

みなさんは「ばんえい競馬」をご存知でしょうか。

サラブレットではなく、「ばん馬」と呼ばれる強靭な足腰を持つ馬が重いソリを引きながら走る、北海道発祥のレースです。

今回は「ばんえい競馬」を見に、帯広まで行ってきました。

十勝は世界で唯一のばんえい競馬催地

十勝は世界で唯一のばんえい競馬催地

撮影/筆者

道内各地で開催されていた「ばんえい競馬」も次々と姿を消し、現在は帯広で行われる「ばんえい十勝」のみとなりました。

いまや“世界で唯一の開催地”ですからね、期待が高まりますよ!

ばんえい競馬の歴史

ばんえい競馬の歴史

撮影/筆者

ばんえい競馬の歴史は古く、明治初期までさかのぼることができます。

当時、北海道は入植者によって開拓されていました。
馬は重要な労働力です。
そこで人々は、より力強い馬を見分けるために、二頭を張り合わせて力比べをさせました。

明治の終わりには、農耕馬の祭典としてソリを引いて競わせる現在の「ばんえい競馬」の原点ができたそうです。

撮影/筆者

かつては旭川、北見、岩見沢などでも行われていましたが、魅力が伝わらず次々と姿を消してしまいました。

帯広でも何度か廃止の話が浮上しましたが、現在ではローカル性が着目されています。

撮影/筆者

道東高速道路を使い、東へ向かいます。
帯広までは片道200㎞以上の道のり。

交通量が少なく快適ですが、時々対面走行になるので、ポールをなぎ倒して対向車線に飛び出すのではないかとヒヤヒヤしました。

大いなる感動の大地

大いなる感動の大地

撮影/筆者

同じ北海道でも帯広は、スケール感がハンパない!

ドーンと広い大地と、どこまでも高い空が迎えてくれます。

十勝連邦の山々も雪の白さが青空に映えて、目を見張るほど。
テンション上がりますね~!

撮影/筆者

十勝に行くと白樺並木が多いことに気づきます。

白樺は用途の低い木で、焚き付け程度にしかなりません。
白樺が多いのは開拓時代に切り倒されなかった名残だといわれています。

愛の国から幸福へ

愛の国から幸福へ

撮影/筆者

帯広郊外の「幸福駅」に立ち寄ってみました。

昭和40年代に「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズが受けて、愛国から幸福への切符が飛ぶように売れたんですよ。

撮影/筆者

幸福という駅名は、幸震(こうしん)という地名に、福井県の人が多く入植したことから命名されたのだとか。

いろいろな地域の人が集まって、今の北海道を作り上げたのですね。

吉田匡和

Writer:

札幌市在住、夏はバイクでツーリング、冬は雪山を楽しむアウトドア派フリーライターです。Wondertripでは山奥を分け入ったり、崖をよじ登らなくては出会えない「絶景」ではなく、見落とされてしまいがちな絶景や、隠れた絶景、自分だけが知っている絶景など、北海道のよいところをたくさん紹介しています。どうぞ宜しく。 サイト BuleOrca〖ブルーオルカ〗 http://buleorca.jugem.jp/

この記事のカテゴリ

北海道
国内

関連記事を見る

北海道の記事を見る

札幌観光ならここ!見どころをざっくりご紹介
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
抜群の透明度!初夏の支笏湖をカヤックで進む
えりも発!シーカヤックでアザラシの赤ちゃんに逢いに行く
激走!知床~釧路「よい景色と美味しいものを目指して」
世界遺産・知床半島!洋上から見る秘境と野生動物たち
北海道観光の王道!阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖をツーリング
北海道の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
遠出しても絶対行きたい函館ラーメン店はここ!おすす30選
【北海道の絶景】激流ラフティング!ニセコの自然を肌で感じる
遠出しても絶対行きたい富良野ラーメン店はここ!10選
北海道観光で行きたい!日本にもあったド級の国立公園「釧路湿原」