日常の中の美しさ!札幌市・路面電車が走る風景と、「藻岩山」の絶景

札幌在住の文筆家・写真家の吉田匡和です。

みなさんの街には路面電車が走っていますか?

最盛期には67都市で運行されていましたが、現在は19都市に残るのみ。

そのうち北海道では札幌と函館の2か所で運行しています。

本日はカメラを抱えて、札幌の路面電車が走る風景を写真に収めに行ってきました。

札幌市電の歴史

94411:札幌市電の歴史

撮影/吉田匡和

札幌の路面電車の歴史は、建築用石材を運ぶ馬車軌道を敷いた1909(明治42)年まで遡ることができます。
1918(大正7年)には札幌電気軌道として開業、1927(昭和2年)に市営化され現在に至ります。
94415:

撮影/吉田匡和

一時は札幌市内に25 kmもの路線がありましたが、利用者の減少や地下鉄の開設、渋滞により道路が混雑するなど縮小が続き、しばらくは中途半端なC字型に残されていました。

しかし、その利便性や環境への配慮などにより存在が見直され、2015年12月20日に不通区間だった4丁目~ススキノが開通。
環状運転化されました。

以上、簡単な歴史紹介でした。

沿線は個性豊か

94413:沿線は個性豊か

撮影/吉田匡和

札幌市の路面電車は「市電」と呼ばれ、メインストリートである4丁目から西にぐるりと回り、ススキノや狸小路を経由して、ふたたび4丁目に戻ってきます。

8.905 kmの沿線には、商業地帯や繁華街、古くからの街並みや高級住宅地など、バラエティに富んだエリアが多く、少し走るだけで印象がガラリと変わります。

日本ダジャレ選手権

94414:日本ダジャレ選手権

撮影/吉田匡和

土日祝日に乗るなら、市電乗り放題の「どサンこパス」が便利。

北国だけに、“土・SUN(日)”と、“道産子”をかけた寒いネーミングは見逃してください。
札幌には他にも、「つど~む(集う+ドーム)」、「きたえ~る(鍛える)」、「キタラ(来たら?)」など、デーブスペクターも真っ青なダジャレがいっぱい!

ダジャレをいうヤツは、ダレジャー!ってかぁ。

札幌市電の住所・アクセスや営業時間など

名称 札幌市電
住所 北海道札幌市中央区南1条西4丁目 (西4丁目駅)
営業時間・開場時間 6:25−23:25
利用料金や入場料 どサンこパス:360円
参考サイト http://www.city.sapporo.jp/st/shiden/sidenromen.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

札幌市電のスポットページ

市電でGO!

94416:市電でGO!

撮影/吉田匡和

まずは4丁目からスタート。

札幌市の中心的エリアで、北に進むと大通公園や札幌駅、南に進むと東京以北最大の歓楽街・ススキノにたどり着きます。

雪ミク電車2017年バージョン

94417:雪ミク電車2017年バージョン

撮影/吉田匡和

ラッキーなことに、雪ミク電車が来ました!

2011年から運行されているバーチャルアイドル「初音ミク」の冬バージョンのラッピング電車です。
毎年デザインを変えて12月から3月まで運行中しています。








94418:

撮影/吉田匡和

内部は歴代の雪ミク電車のポスターやバーチャルなはずなのにサインが!

どうやらボーカロイド(音声機能)のモデルになった声優だそうです。

ミク祭りですよ~

94419:ミク祭りですよ~

撮影/吉田匡和

雪まつりでは雪ミクの雪像が作られたり、期間限定グッズが売り出されます。
そのため多くのヲタ...いやファンの方々が札幌を訪れます。

これが経済効果ってヤツですね。

中島公園通り

94420:中島公園通り

撮影/吉田匡和

中島公園通りで途中下車しました。

5分ほど歩くと市民憩いの中島公園に辿り着きます。
6月には札幌祭りが開かれ、進むのが困難なほど人が集まります。
見世物小屋なんかも来てシュールですよ。

中島公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 中島公園
住所 北海道札幌市中央区中島公園1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中島公園のスポットページ

豊平館

94421:豊平館

撮影/吉田匡和

白と青を基調とした洋館は、明治時代に国立のホテルとして開業した「豊平館」です。
結婚式場などを経て、現在は資料館となっています。
次のページでは『野鳥のさえずり』を掲載!
次のページを読む >>