【北海道の絶景】春の訪れを探す一日!札幌・滝野の森を進む

札幌在住の文筆家・写真家の吉田匡和です。

ようやく札幌にも春が来ました。

今年は12月にドカッと積雪があった以外は、ほとんど雪が降らず、あっという間に春が訪れてしまいました。雪遊びができるのも最後かも知れません。

「最後の雪遊びを楽しみたい!」

そんな希望を、国営滝野すずらん丘陵公園が叶えてくれました。スノーシューで公園内を散策するロングツアーに参加して、森に到来した春を探します。

国営滝野すずらん丘陵公園の成り立ち

94567:国営滝野すずらん丘陵公園の成り立ち

撮影/吉田匡和

現在、自然公園となっている滝野は、明治の開拓使時代に集落が形成され、農業や酪農などが行われていました。
しかし不便な立地と冷害などで次第に人が離れ、昭和中期には無人になってしまいました。

1978年から公園化が進められ、32年の年月をかけて2010年に全面開園。
総面積395.7ヘクタール、渓流ゾーン、中心ゾーン、滝野の森ゾーン・東エリア、滝野の森ゾーン・西エリアの4つのエリアに分かれた広大な公園となっています。

国営滝野すずらん丘陵公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 国営滝野すずらん丘陵公園
住所 北海道札幌市南区滝野247
営業時間・開場時間 9:00−16:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 大人410円 小人80円 冬季無料
参考サイト http://www.takinopark.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国営滝野すずらん丘陵公園のスポットページ

森の探検に出発

94568:森の探検に出発

撮影/吉田匡和

今回は朝10時から午後2時まで、スノーシューで西エリアを歩くロングコースです。

雪の下には、すでに春の息吹が芽生えているはず。
それを探しにでかけましょう。

さあ、行ってみようか!

94569:さあ、行ってみようか!

撮影/吉田匡和

ツアーは「森の情報館」からスタートします。

A~Dグループ10人程度に分かれます。
年齢層は若いカップルが一組いる以外は、中年というかアラフィフというか、老人というかシニアというか。
そんな年代が目立ちます。

94570:

撮影/吉田匡和

普通の靴では埋まってしまう雪道も、スノーシューならラクラク。
いまや雪上トレッキングのマストアイテム、愛好家が増えていますよ。







積雪80㎝くらい?

94571:積雪80㎝くらい?

撮影/吉田匡和

橋を見ると雪の積もり具合が分かりますね。
まだまだガッツリ積もっています。

夏には笹ヤブで覆われて人を寄せ付けない森も、雪が降ればスノーシューの散歩道となります。

アニマル・トラッキング

94572:アニマル・トラッキング

撮影/吉田匡和

動物たちの形跡を「アニマル・トラッキング」と呼びます。
大きさや形、歩き方などで何の動物が通ったのか推測できますよ。

キツネはこのように直線的、ウサギは跳び箱のように跳ねるため、前が大きく後ろが小さい足跡になり、ネズミは長い尻尾の跡が残ります。

どこまで続いているのか追いかけてみると、生態がよくわかります。

ドタドタとしたこの足跡は誰?

94573:ドタドタとしたこの足跡は誰?

撮影/吉田匡和

正解は「アライグマ」です。

外来種のため生態系を変えるだけでなく、回虫が発生するため、人間への影響も大きいといわれています。
もちろんアライグマが自主的に日本に来たわけではなく、ペットとして飼われていた動物が捨てられて野生化しました。

害獣といわれていますが、生態系を崩したのは人間なのです。

次のページでは『毎日がサバイバル』を掲載!
次のページを読む >>