【北海道の絶景】残雪の暑寒別岳と日本海に沈む夕日を求めて

札幌の文筆家・写真家の吉田匡和です。

この間、自宅の窓からビルの谷間に沈んでいく太陽を見つめていると、もっと最高のロケーションで夕日を見たくなりました。

海に沈む夕日が見たい!

天気予報は晴れ。春の日本海をドライブしてきました。

海風を求めて

95816:海風を求めて

撮影/吉田匡和

札幌から留萌を結ぶ国道231号を目指します。
全区間日本海に面しているので、昼間はシーサイドドライブ、夕方はサンセットドライブが楽しめるお気に入りのルートです。

ちなみに道路脇の矢印のような標識は、吹雪の時に路肩の位置を示すためのもの。
雪国恐るべし!

難読地名オンパレード

95817:難読地名オンパレード

撮影/吉田匡和

まずは望来浜中央海水浴場に到着。

ちなみに「望来=もうらい」と読みます。
この辺りは、「花畔=ばんなぐろ」「生振=おやふる」「毘砂別=びしゃべつ」「濃昼=ごきびる」など難読地名の宝庫です。

穏やかな3月の日本海

95818:穏やかな3月の日本海

撮影/吉田匡和

長靴なら砂も入ってきませんし、波打ち際を歩くこともできます。

ポカポカ陽気のおかげで、薄手のジャケットでも心地いい。
ビーチを訪れる人も少ないので、気兼ねなく海を独り占めにできます。

95819:

撮影/吉田匡和

遠くの暑寒別岳に積もった雪と海や空のコントラストが美しい!

春の海は夏とは違った新鮮さがありますよ。

浜辺の宝石シーグラス

95820:浜辺の宝石シーグラス

撮影/吉田匡和

この海岸ではたくさんのシーグラスを見つけることができます。

シーグラスは、割れた瓶が砂や波で磨かれて角が取れたガラスです。
白や茶、グリーンなど様々な色があってとても綺麗。

ウィキペディアによると「最も稀なオレンジは 10,000 個に1個程度の割合である」だそうです。
ホントかいな?







95821:

撮影/吉田匡和

ガラスの小瓶にいれると、ちょっとしたインテリアになりませんか?

「どこから流れてきたのだろう」「いつの時代のモノだろう」「何の瓶だったのだろう」と想像を膨らますと楽しいですよ~!

国道231号 オロロンライン

95822:国道231号 オロロンライン

撮影/吉田匡和

現在ドライブ中の国道231号と、さらに北に向かう国道232号などを称してオロロンラインと呼びます。

オロロンとはウミガラスという渡り鳥の鳴き声で、オルルーン、オルルーンと鳴くことから「オロロン鳥」とも呼ばれています。

95823:

撮影/吉田匡和

かつては、日本海に浮かぶ「天売島」が繁殖地でしたが、現在はほとんど姿を見ることができない希少種です。

日本では東京の葛西臨海公園と、アクアマリンふくしまで逢うことができます。
(写真はアクアマリンふくしまで撮影)

次のページでは『黄金伝説のある山』を掲載!
次のページを読む >>