【北海道の絶景】ギョギョ!まるで海洋生物の美術館「登別マリンパーク二クス」

札幌在住の文筆家・写真家の吉田匡和です。

突然ですが、みなさんはリスペクトしている人はいますか?

海洋生物が大好きな私は、「さかなクン」をリスペクトしています。好きなことに打ち込んで、話もうまいし知識もある。メチャクチャ憧れます。

さかなクンに追い付け追い越せと、登別のテーマパーク型水族館「マリンパーク二クス」で、生態を学びながら楽しい体験をしてきました。

室蘭プリンスホテルは豪華絢爛な朝食がウリ

96077:室蘭プリンスホテルは豪華絢爛な朝食がウリ

撮影/吉田匡和

本日は室蘭からスタートします。

昨夜は「室蘭プリンスホテル」に泊まりました。
プリンスホテルといっても西武系の豪華なホテルではなく、地場のビジネスホテルです。

このホテルを選んだのは朝食が好評だから。
バイキングの内容が凄いんです!

室蘭プリンスホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 室蘭プリンスホテル
住所 北海道室蘭市中央町1−4−9
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊朝食付 5,500円〜
参考サイト http://www.muroran-princehotel.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

室蘭プリンスホテルのスポットページ

朝から焼き鳥にラーメン!

96078:朝から焼き鳥にラーメン!

撮影/吉田匡和

ホタテの炊き込みご飯や、季節外れのメロン(プリンスホテルだけにプリンスメロン?!)もスゴイですが、朝っぱらから室蘭名物の焼き鳥や、カレーラーメンをブッ込んでくる豪快さ。

どれも美味しくて、おなか一杯になりました。

いいことがありそうな青空

96079:いいことがありそうな青空

撮影/吉田匡和

「もう食えねえ」と腹をさすりながら登別へ出発。

楽しい一日になることが保障されたような青空です。

登別はテーマパークの宝庫

96080:登別はテーマパークの宝庫

撮影/吉田匡和

約30分程度で登別駅に到着。
目的地はここから数百メートルの距離です。

登別は温泉で有名ですが、マリンパーク二クスだけでなく、クマに特化した動物園の「クマ牧場」や、忍者を扱った「伊達時代村」など、様々なテーマパークがあります。

バブルの城が小粋な「マリンパーク・ニクス」

96082:バブルの城が小粋な「マリンパーク・ニクス」

撮影/吉田匡和

やりすぎ感満載の建物がアクアリウムです。

「北欧ロマンと海洋ファンタジー」がキャッチコピーで、登別とは縁もゆかりもないデンマークのイーエスコウ城を模しています。








96083:

撮影/吉田匡和

開園はバブル真っただ中の1990年。

ショルダーフォンを持って、女性はワンレン・ボディコン、男性はアルマーニのダブルのスーツで来てほしいところです。

登別マリンパークニクスの住所・アクセスや営業時間など

名称 登別マリンパークニクス
住所 北海道登別市登別東町1丁目22
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 大人2,450円 子供1,250円
参考サイト https://www.nixe.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

登別マリンパークニクスのスポットページ

ショータイム

96084:ショータイム

撮影/吉田匡和

時間によってさまざまなショーが行われています。
テンポよくスケジュールが組まれているので、10時までに入場すれば午前中にはすべてのショーを見ることができますよ。

2種類のイルカたちが宙を舞う

96088:2種類のイルカたちが宙を舞う

撮影/吉田匡和

まずは定番のイルカショーから。

マリンパーク・二クスでは2種類のイルカがショーを行っています。

最初のショーは比較的小型の『カマイルカ』登別沖の漁師の網にかかっていたのを保護されたそうです。

自然のイルカでも練習次第でショーができるようになるのですね。

96089:

撮影/吉田匡和

こちらはショーを行うイルカとしては一般的なバンドウイルカです。
重量が300㎏もあるので、着水すると大きな水しぶきが上がります。

水族館のトレーナーみたいに、イルカに指示を出してみたいなぁ。

次のページでは『ちょっとだけトレーナー気分』を掲載!
次のページを読む >>