世界遺産・知床半島!洋上から見る秘境と野生動物たち

札幌在住のネイチャー系文筆家・写真家の吉田匡和です。今回は、日本有数の自然を有する「知床半島」を旅してきました。知床の雄大さを感じるためには、海洋に出るのが一番。

さあ、野生の動物たちを求めてネイチャークルーズに出発しましょう!







自然保護と観光客

98942:自然保護と観光客

撮影/吉田匡和

知床半島は、道東の斜里町と羅臼町にまたがる長さ約70㎞の半島です。
以前は秘境や最果てといったイメージでしたが、2005年に世界遺産への登録が決定すると、その豊かな自然が注目されました。

そのため観光客が増加。
「集客」と「自然保護」の両立や、危険防止の対策として、カムイワッカの滝(温泉が流れる滝)や、知床五胡に立ち入り規制を設けるなど、対策が取られています。

知床半島最初のスポット

98943:知床半島最初のスポット

撮影/吉田匡和

北側の斜里町から、半島を横切ってネイチャークルーズの発着地となる羅臼町を目指します。
青空にそびえるのは、標高1547mの斜里岳。
「斜里(しゃり)」とは、アイヌ語で「葦の生えた湿地」という意味です。
優雅なシルエットが美しいですね。

オシンコシンの滝

98944:オシンコシンの滝

撮影/吉田匡和

国道が内陸から海へと変わると、知床半島突入です。

標高70mから豪快に水を落とす「オシンコシンの滝」が見えてきました。
アイヌ語の「川下にエゾマツが群生するところ」という意味を持つ、「オ・シュンク・ウシ」から転じているそうです。

ブニウ岬

98945:ブニウ岬

撮影/吉田匡和

さらに進むと、温泉ホテルが立ち並び、知床五胡やカムイワッカの滝にも近く、観光船もたくさん出港する「ウトロ」という街に出ます。

ブニウ岬の美しさに、バイクを止めて、しばし見入ってしまいました。

ライダー憧れの「知床横断道路」

98946:ライダー憧れの「知床横断道路」

撮影/吉田匡和

ツーリング雑誌の、「一度は走ってみたい道路」や「絶景道路」などの特集で必ず上位にランクインするのが、ウトロと羅臼を結ぶ「知床横断道路」です。
まずはエゾシカに迎えられました。






ここは彼らのホーム

98947:ここは彼らのホーム

撮影/吉田匡和

車が通っても逃げる様子はありません。
それもそのはず、ここは彼らにとってホームなのですから。
人間のほうが遠慮しなくてはなりませんね。

この道には大自然を横切る高揚感がある

98948:この道には大自然を横切る高揚感がある

撮影/吉田匡和

徐々に標高が増し、高さ1661mの羅臼岳が近づいてきます。
見渡す限りの絶景、大自然を横切る高揚感、心地よいワインディング、どれをとっても走る者に喜びを与えることは、間違いありません。

「ライダーハウスお気軽屋」に宿泊

98949:「ライダーハウスお気軽屋」に宿泊

撮影/吉田匡和

この日は、羅臼市街地に近いライダーハウス「お気軽屋」に宿泊。
一般向けの旅行サイトで、ライダーハウスを紹介することはないと思いますので、そのシステムを紹介します。

バイクや自転車で旅をする人のための簡易宿

98972:バイクや自転車で旅をする人のための簡易宿

撮影/吉田匡和

基本的に、バイクや自転車で旅をする人のための簡易宿です。
飲食店や個人が、空室を安価で開放し、「よろしかったら、食堂でご飯を食べてね」という、WIN-WINな関係に基づき経営されています。

また料金を少し高く設定して、純粋に宿として経営しているところもあります。

次のページでは『大部屋に雑魚寝が基本』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

札幌市在住、夏はバイクでツーリング、冬は雪山を楽しむアウトドア派フリーライターです。Wondertripでは山奥を分け入ったり、崖をよじ登らなくては出会えない「絶景」ではなく、見落とされてしまいがちな絶景や、隠れた絶景、自分だけが知っている絶景など、北海道のよいところをたくさん紹介しています。どうぞ宜しく。 サイト BuleOrca〖ブルーオルカ〗 http://buleorca.jugem.jp/

この記事のカテゴリ

北海道
国内
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

北海道の記事を見る

すすきので居酒屋ならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5
すすきのディナーならここ!皆に聞いた美味しかったレストラン・飲食店ランキングTOP10
大通公園周辺ディナーならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5/北海道グルメ情報
大通公園周辺ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP6/北海道グルメ情報
函館ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP8/北海道グルメ情報
子供も大人も大喜び!馬と自然の新感覚テーマパーク、ノーザンホースパークに行ってみた!
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
札幌観光ならここ!見どころをざっくりご紹介
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
抜群の透明度!初夏の支笏湖をカヤックで進む
えりも発!シーカヤックでアザラシの赤ちゃんに逢いに行く
激走!知床~釧路「よい景色と美味しいものを目指して」