激走!知床~釧路「よい景色と美味しいものを目指して」

バイク好き文筆家・写真家の吉田匡和です。

梅雨がない北海道は、初夏の風が爽やかです。

今日は知床半島・羅臼町から霧の街として有名な釧路までツーリングします。おいしいものや素晴らしい景色が待ってますよ。ではアクセルを捻ってバイクを走らせましょう。

目の前に横たわる国後島

99134:目の前に横たわる国後島

撮影/吉田匡和

前日は土砂降りでしたが、本日は雨があがり、雲一つない青空が広がっています。

彼方に浮かぶ島影は「国後島」です。
ロシアに返還を求めている北方領土の一つで、面積は沖縄本島より大きく、日本では本土4島を除いて2番目の大きさを誇ります。
ちなみに1番大きな島は、同じ北方領土の択捉島です。
いつ返還されるのでしょうか?

標津サーモン科学館

99135:標津サーモン科学館

撮影/吉田匡和

魚好きなら訪れてみたい「標津サーモン科学館」

こんな立派な建物を想像していなかったのでビックリ。
もっと小さな養殖場のようなものをイメージしていました。
「一体、中はどうなっているのだろう」とウキウキしながら入館します。

標津サーモン科学館の住所・アクセスや営業時間など

名称 標津サーモン科学館
住所 北海道標津郡標津町北1条西6丁目1−1
営業時間・開場時間 9:30−17:00 12月−1月は閉館
利用料金や入場料 一般610円 シルバー500円 高校生400円 小中学生200円
参考サイト http://s-salmon.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

標津サーモン科学館のスポットページ

まるで生け簀、ほとんど生け簀

99136:まるで生け簀、ほとんど生け簀

撮影/吉田匡和

サケを中心としながら、オホーツク沿岸の魚を展示しています。
ミズダコ、カレイ、ウニなどなど。
ほとんど生け簀ですね。
すでに「お昼はカレイの煮つけがいいなぁ」などと考えてしまいました!

北海道産のチョウザメ

99138:北海道産のチョウザメ

撮影/吉田匡和

ひときわ目立つのが、巨大なチョウザメの水槽です。
タマゴが高級食材になる巨大魚ですね。
チョウザメは27種いましたが、すでに23種が絶滅。
明治時代には北海道の川にも生息していたそうです。

99137:

撮影/吉田匡和

このチョウザメは、なんと近海で捕獲されました。
川のチョウザメは姿を消しましたが、海には今もいるんですね。

それ以前にチョウザメは淡水魚だと思っていましたが、サケのようにどちらにも適応できることに驚きです!








館内に凝らされた工夫

99139:館内に凝らされた工夫

撮影/吉田匡和

館内は魚を展示するだけでなく、様々な工夫が凝らされています。
釣り堀などで見かける「ニジマス」は、1877年に日本の川に放流された外来種です。
さて、どの国から来たのでしょうか?

角質を取ってくれます

99140:角質を取ってくれます

撮影/吉田匡和

通常「ドクターフィッシュ」と呼ばれるこの魚は、手を水槽に入れると集まってきて角質を食べてくれます。
裸になってドクターフィッシュがたくさん入ったプールに飛び込んでみたいと思っているのは私だけ?

チョウザメに指を噛まれる

99141:チョウザメに指を噛まれる

撮影/吉田匡和

パンフレットには「ここでしか体験できない感動があります」と書いてありますが、まさにその通り。
チョウザメに指を噛んでもらう体験など、他ではできないでしょう。
歯がないので全然痛くありません。

なお、土日限定先着2名限り500円で、体長2mを超す巨大チョウザメに、直接エサを与える体験も実施中。
高いと感じるか、感じないかは、あなた次第です。

次のページでは『とてもとても小さな半島』を掲載!
次のページを読む >>