抜群の透明度!初夏の支笏湖をカヤックで進む

アウトドア大好き!

永遠の17歳、札幌在住の吉田匡和です。

北海道は梅雨がなく、清々しい日が続いています。そんな陽気に誘われて、支笏湖でカヤックに挑戦してきました。なにせ17歳なのは気持ちだけ。どうなることやら?

約2時間の道のり

99601:約2時間の道のり

撮影/吉田匡和

今回利用するカヤックツアーは、札幌から約2時間の距離にある伊達市大滝区から開始します。
9時集合なため、眠い目をこすりながら出発しました。

霧がかかり頼りない天気でしたが、支笏湖に近づくにつれて晴れ間が見えてきましたよ。

森の中の出会い

99594:森の中の出会い

撮影/吉田匡和

キタキツネがこちらを伺っています。
本州・九州・四国に分布するホンドギツネよりも大柄で、耳の後ろと足首が黒いのが特徴です。
近寄ると警戒しながら後ずさりして、林の中に消えていきました。

きのこ王国

99595:きのこ王国

撮影/吉田匡和

きのこ王国の敷地内にある「大滝アウトドアアドベンチャーズ」に到着。
恐竜のオブジェが目印です。
この地域と恐竜との関連は何もなし。
オブジェは「きのこ王国」が設置したものですが、「なんじゃこりゃ?」という効果を狙ったのでしょうね。
やるなぁ。
99596:

撮影/吉田匡和

こちらが「きのこ王国」

きのこ類だけでなく、近隣市町村で採れたフルーツや野菜、室蘭の工場の夜景で取材させていただいた、伊達市のレストラン「こだま」で作っているドレッシングなども販売されています。







99593:

撮影/吉田匡和

本日着ているTシャツは、こだまさんからのプレゼントです。
冗談で「Tシャツがあったらいいな」といったら、送っていただきました。
有難うございました!

レクチャー開始

99597:レクチャー開始

撮影/吉田匡和

そっそく、カヤックのレクチャーが始まります。
参加者は本州から来た家族が3組。
まだ夏休みでもないのに小学生も参加しています。

オッケー、オッケー。
学校では学べないことを学ばせてあげるのも親の役目ですね。

大滝アウトドアアドベンチャーズのお話

大滝アウトドアアドベンチャーズ代表の酒井史明さんは、北カリフォルニアに15年在住し、サーフキャンプやフリーダイブハンティングなどのアウトドアガイド経験を積んだそうです。
帰国後アウトドアガイド会社に勤務したのちに、2008年大滝アウトドアアドベンチャーズを設立しました。
  

次のページでは『さあ、冒険を始めよう!』を掲載!
次のページを読む >>