日本の小京都・高岡で巡りたい!観光スポット7選

加賀藩ゆかりの城下町高岡は、「越中の小京都」と呼ばれる風情ある雰囲気です。伝統的な集落や北陸の交易の拠点となってきた場所など、北陸ならではの見どころもたっぷり。今回はそんな高岡でぜひ訪れたいスポットを7選紹介します。

加賀の栄華の残り香・瑞龍寺

加賀藩百二十万石の栄華を示す、江戸初期の典型的な寺院である瑞龍寺。
前田利長の菩提寺として建てられ、山門と仏殿、法堂が国宝に指定されています。
江戸初期の禅宗建築として、高い評価を受けている伽藍配置の荘厳な美しさは一見の価値ありですよ。

高岡山 瑞龍寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 高岡山 瑞龍寺
住所 富山県高岡市関本町35
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.zuiryuji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高岡山 瑞龍寺のスポットページ

世界に自慢できる山並みを眺めて・雨晴海岸

季節ごとに美しい風景が見られる、高岡を代表するビュースポットです。
立山連峰の3000m級の山々が美しく見渡せる海岸は、世界的に見てもここだけなのだとか。
日本海の蒸気である「けあらし」が起こる日は、多くのカメラマンが集結するほど幻想的な景色が広がります。
とてもレアな眺めをぜひ自分の目で堪能してみましょう!

国定公園 雨晴海岸の住所・アクセスや営業時間など

名称 国定公園 雨晴海岸
住所 富山県高岡市太田
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.info-toyama.com/spot/21011/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

国定公園 雨晴海岸のスポットページ

高岡のシンボル・高岡大仏

奈良大仏と鎌倉大仏に次ぐ、日本三大仏に数えられる大仏です。
巧みな銅器製造技術を集めて30年もの年月をかけて造られました。
高さ15.85m、重さ65tの巨大スケールは、市の文化財に指定されるほど。
市民に愛される高岡のシンボルです。
駅から徒歩10分と街中にあるので、気軽にその姿を見ることができますよ。






高岡大仏の住所・アクセスや営業時間など

名称 高岡大仏
住所 富山県高岡市大手町11-29
営業時間・開場時間 6:00-18:00
利用料金や入場料 志納
参考サイト http://www.takaokadaibutsu.xyz/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高岡大仏のスポットページ

ハッピーオーラに満たされる・射水神社

射水神社の二上の神は、約1350年前から越中文化と地域の守護神として崇拝されてきました。
桜の名所としても知られ、春には満開の桜の下でお花見を楽しむ花見客の姿も。
商売繁盛や五穀豊穣のご利益があるほか、縁結びでも有名なので結婚式も多く行われています。
併設されたカフェでのんびりするのもおすすめ。
幸せそうな花嫁さんに出会えるかもしれませんね。

越中総鎮守一宮 射水神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 越中総鎮守一宮 射水神社
住所 富山県高岡市古城1番1号(古城公園内)
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.imizujinjya.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

越中総鎮守一宮 射水神社のスポットページ

見るだけではない体験・高岡御車山会館

全国で5つしかない国の重要文化財である「御車山」を展示する貴重な施設が、高岡御車山会館です。
山車に使われている技術を元に、ものづくりのまちらしい工芸技術や地域の文化を紹介しています。
4K映像で祭の準備や祭礼当日をリアルに体験できたり、モーションキャプチャーで車輪を動かす映像体験ができたり。
見るだけではない楽しい文化施設です。
ショップも併設されているので、高岡らしいお土産を手に入れるにもぴったりでしょう。
次のページでは『土蔵造りについて学べる・土蔵造りのまち資料館』を掲載!
次のページを読む >>