小京都の面影残す町並みと歴史散策 小京都・若狭小浜(後編)

小京都の面影残す町並みと歴史散策 小京都・若狭小浜(後編)

海の玄関として栄えてきた若狭小浜。小浜は、奈良や京の都に通じる最初の出発点でもあります。

「京は遠ても18里」、若狭の海・小浜の港からたくさんの人とモノと文化が、いくつかあった「鯖の道」や「鯖街道」、「周山街道」などを通って、都まで往き来してきました。

前編の「海の小浜」に続き、今回はそんな小浜の「小京都」の面影を残した街並みや歴史の一部を散策しましょう。(前編は、こちらから

始まりは「鯖街道起点」から

始まりは「鯖街道起点」から

撮影:榊

こんにちは。
ご案内するのは20年前に大阪から滋賀県高島市朽木小川に移り住んだ私・榊 始(iti)と妻(ご人)です。

今日は、小浜から始まる「鯖の道」の一つ、「おにゅう峠越え」の道が家の前を通る奥山から、「鯖街道」の国道367号・303号を通って小浜までやってきました。

鯖街道起点の住所・アクセスや営業時間など

名称鯖街道起点
住所福井県小浜市小浜広峰14
時間鯖街道資料館:9:00−17:00
料金無料
URLhttp://www.wakasaji-navi.com/sp/attractions_detail.php?xid=278
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鯖街道起点のスポットページ

ここでアクセスを

阪神方面からは舞鶴若狭道を走り、小浜市内・蘇洞門には小浜インターで下ります。
小浜市田烏の海を先に楽しむのならもう少し走り、若狭上中インターで下りましょう。

京都からは京都縦貫自動車道から綾部JCTで舞鶴若狭道に入り小浜を目指し、名古屋方面からは北陸道から敦賀JCTで舞鶴若狭道に入ります。

公共交通利用の方は、JR湖西線の近江今津駅からJRバスで小浜までが早いようですよ。

いずれも2時間半ほどで到着です。

小浜の観光拠点・まちの駅

JR小浜線の小浜駅から駅前の交差点を左に商店街を通って進むと、「まちの駅」に到着します。

私たちは海岸通りの駐車場(無料)に車を止めて、歩いて「まちの駅」に。

撮影:榊

ここには明治時代の芝居小屋を復元した「旭座」と観光案内所や特産品売り場、それにレンタサイクルも。

中央には大きな広場があり、いろいろなイベント催されるようです。
今日は「鯖街道」を唄う岩佐美咲ちゃんの歌謡ショーとAKB48チーム8のトークショーなどが。

毎年5月に行われる、我が家前の県道を走る「鯖街道ウルトラマラソン」の集合場所としても利用されるそうですよ。

撮影:榊

まちの駅の向いの筋にあるのが魚の小売商店が並ぶアーケード街「いずみ町商店街」です。

この中の路面に「鯖街道起点」の標示があります。

小浜市まちの駅・旭座の住所・アクセスや営業時間など

名称小浜市まちの駅・旭座
住所福井県小浜市白鬚111−1
時間9;00−20:00(冬季は18:00まで)
料金無料
URLhttps://www.obama-machinoeki.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

小浜市まちの駅・旭座のスポットページ

「小京都」の街並みブラブラ

次は「小京都」の面影を残す三丁町(さんちょうまち)を訪ねて海岸道路を走り、桜で有名な小浜公園駐車場(無料)に車を止めます。
桜は残念、すっかり散っていました。

撮影:榊

公園から少し歩くとすぐに三丁町。

3丁町一帯は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

お寺や神社が多い。

撮影:榊

三丁町はかつて茶屋町だったそうで、通りに面して格子を張り巡らした家が軒を並べ、いかにも「小京都」。

明治時代の料亭「蓬嶋楼」では中の見学もできますよ。