国道249号線のすぐそばにある滝なので、車さえ停めればそこから歩いてアクセスできます。滝のすぐ近くまで歩いて行ける道が整備されているので、危険もないでしょう。

やや離れたところからは白糸が流れるような美しい景観を目の当たりにでき、近くでは迫力を感じられます。写真に写っている水色の看板のすぐ左側に国道が通っていますよ。

冷たい滝の水に触れよう

一般的な滝だと激しく水が流れ落ちていますし、気軽に滝の水に触れるということは難しいです。しかし、垂水の滝だとそれができてしまうため、そこが人気の理由ですね。

流れ落ちる滝は迫力満点

整備された歩道を歩いていくと滝のすぐそばまで行けます。滝の幅はそこまで広くはありませんが、間近で見る垂水の滝の姿にきっと圧倒されるでしょう。

35mも上から落ちてきた水しぶきは激しく跳ねて、ここでしか見られない大迫力なシーンを目の当たりにできます。

手を伸ばして届く滝に癒される

気軽に滝の水に触れられるというのは垂水の滝の大きな魅力。手を伸ばしてすぐに触れる滝というのは全国的にも少なく珍しいです。

真夏の暑い時期でも滝の水はとても冷たいですし、近くにいるだけで涼しくしてくれます。涼をとりにいくにもピッタリなスポットでしょう。

日本海の波の音と滝から流れ落ちる水音のコラボレーションはここでしか聴くことができません。自然の中に身を置いていることを実感でき、心からリラックスできるのも魅力でしょう。

どうして別名「吹き上げの滝」?

垂水の滝には別名があります。その名が吹き上げの滝。いったいどうして吹き上げの滝と呼ばれるのでしょうか。

吹き上げの滝、不思議な別名の意味とは?

国道249号線のすぐそばにある滝なので、車さえ停めればそこから歩いてアクセスできます。滝のすぐ近くまで歩いて行ける道が整備されているので、危険もないでしょう。

やや離れたところからは白糸が流れるような美しい景観を目の当たりにでき、近くでは迫力を感じられます。写真に写っている水色の看板のすぐ左側に国道が通っていますよ。

冷たい滝の水に触れよう

一般的な滝だと激しく水が流れ落ちていますし、気軽に滝の水に触れるということは難しいです。しかし、垂水の滝だとそれができてしまうため、そこが人気の理由ですね。

流れ落ちる滝は迫力満点

整備された歩道を歩いていくと滝のすぐそばまで行けます。滝の幅はそこまで広くはありませんが、間近で見る垂水の滝の姿にきっと圧倒されるでしょう。

35mも上から落ちてきた水しぶきは激しく跳ねて、ここでしか見られない大迫力なシーンを目の当たりにできます。

手を伸ばして届く滝に癒される

気軽に滝の水に触れられるというのは垂水の滝の大きな魅力。手を伸ばしてすぐに触れる滝というのは全国的にも少なく珍しいです。

真夏の暑い時期でも滝の水はとても冷たいですし、近くにいるだけで涼しくしてくれます。涼をとりにいくにもピッタリなスポットでしょう。

日本海の波の音と滝から流れ落ちる水音のコラボレーションはここでしか聴くことができません。自然の中に身を置いていることを実感でき、心からリラックスできるのも魅力でしょう。

どうして別名「吹き上げの滝」?

垂水の滝には別名があります。その名が吹き上げの滝。いったいどうして吹き上げの滝と呼ばれるのでしょうか。

吹き上げの滝、不思議な別名の意味とは?

国道249号線のすぐそばにある滝なので、車さえ停めればそこから歩いてアクセスできます。滝のすぐ近くまで歩いて行ける道が整備されているので、危険もないでしょう。

やや離れたところからは白糸が流れるような美しい景観を目の当たりにでき、近くでは迫力を感じられます。写真に写っている水色の看板のすぐ左側に国道が通っていますよ。

冷たい滝の水に触れよう

一般的な滝だと激しく水が流れ落ちていますし、気軽に滝の水に触れるということは難しいです。しかし、垂水の滝だとそれができてしまうため、そこが人気の理由ですね。

流れ落ちる滝は迫力満点

整備された歩道を歩いていくと滝のすぐそばまで行けます。滝の幅はそこまで広くはありませんが、間近で見る垂水の滝の姿にきっと圧倒されるでしょう。

35mも上から落ちてきた水しぶきは激しく跳ねて、ここでしか見られない大迫力なシーンを目の当たりにできます。

手を伸ばして届く滝に癒される

気軽に滝の水に触れられるというのは垂水の滝の大きな魅力。手を伸ばしてすぐに触れる滝というのは全国的にも少なく珍しいです。

真夏の暑い時期でも滝の水はとても冷たいですし、近くにいるだけで涼しくしてくれます。涼をとりにいくにもピッタリなスポットでしょう。

日本海の波の音と滝から流れ落ちる水音のコラボレーションはここでしか聴くことができません。自然の中に身を置いていることを実感でき、心からリラックスできるのも魅力でしょう。

どうして別名「吹き上げの滝」?

垂水の滝には別名があります。その名が吹き上げの滝。いったいどうして吹き上げの滝と呼ばれるのでしょうか。

吹き上げの滝、不思議な別名の意味とは?

輪島・能登

輪島・能登の記事一覧

国道249号線のすぐそばにある滝なので、車さえ停めればそこから歩いてアクセスできます。滝のすぐ近くまで歩いて行ける道が整備されているので、危険もないでしょう。

やや離れたところからは白糸が流れるような美しい景観を目の当たりにでき、近くでは迫力を感じられます。写真に写っている水色の看板のすぐ左側に国道が通っていますよ。

冷たい滝の水に触れよう

一般的な滝だと激しく水が流れ落ちていますし、気軽に滝の水に触れるということは難しいです。しかし、垂水の滝だとそれができてしまうため、そこが人気の理由ですね。

流れ落ちる滝は迫力満点

整備された歩道を歩いていくと滝のすぐそばまで行けます。滝の幅はそこまで広くはありませんが、間近で見る垂水の滝の姿にきっと圧倒されるでしょう。

35mも上から落ちてきた水しぶきは激しく跳ねて、ここでしか見られない大迫力なシーンを目の当たりにできます。

手を伸ばして届く滝に癒される

気軽に滝の水に触れられるというのは垂水の滝の大きな魅力。手を伸ばしてすぐに触れる滝というのは全国的にも少なく珍しいです。

真夏の暑い時期でも滝の水はとても冷たいですし、近くにいるだけで涼しくしてくれます。涼をとりにいくにもピッタリなスポットでしょう。

日本海の波の音と滝から流れ落ちる水音のコラボレーションはここでしか聴くことができません。自然の中に身を置いていることを実感でき、心からリラックスできるのも魅力でしょう。

どうして別名「吹き上げの滝」?

垂水の滝には別名があります。その名が吹き上げの滝。いったいどうして吹き上げの滝と呼ばれるのでしょうか。

吹き上げの滝、不思議な別名の意味とは?

垂水の滝は別名吹き上げの滝。その理由を確かめに行こう
垂水の滝は輪島市と珠洲市の境界線にある滝。落差のある滝で、高いところから流れてくる滝の水は迫力満点です。すぐ近くに行って...

輪島朝市で獲れたて海鮮丼とおばちゃんたちの元気な笑顔を満喫しよう
能登観光で外せないのが、新鮮な魚介や海産物、旬の味覚がそろう輪島朝市。その他にも伝統文化で楽しめる場所がたくさんあります...

見附島の神秘的な魅力をご紹介。絶景を背景に縁結び祈願を
能登半島の海岸付近には切り立った岩のような、特徴的な形の無人島があります。島が生み出す独特の景観は多くの観光客に人気で、...

恋路海岸のえんむすびーちで永遠の愛を誓おう
恋路海岸は、能登半島を代表する観光地として知られており、縁結びのパワースポットでもあります。今回は縁結びのパワースポット...

かわいらしい鳥の御朱印帳やお守りが人気の平等寺でがん封じをご祈願
医療が発達した現代でも、がんは恐ろしい病のひとつです。京都の中心街に、昔からがん封じにご利益があることで有名な平等寺があ...

能登半島の先端にある幻想的な光を放つ旅館『よしが浦温泉ランプの宿』
能登半島の先端にある秘境、よしが浦温泉。決...



関連記事を見る