関東大震災後に建築された小学校たち・東京都に現存する「復興小学校」とは?


福祉施設や銭湯として活用「中央区立十思小学校」

デザイナーを生む旧校舎もあれば、また別の目的に利用される校舎もあります。
1878年(明治11年)に創立された「中央区立十思小学校(ちゅうおうくりつじっししょうがっこう)」は1928年(昭和3年)に耐震耐火性の高いコンクリート校舎を建設。
建物は「表現主義」と呼ばれる様式のもので、カーブのかかった隅部やアーチ窓などは「アーバンデザイン」の優れた建物として高評価を受け「東京都選定歴史的建造物」にも認定。

小学校自体は1990年(平成2年)に廃校となりますが、2001年(平成13年)からは福祉施設「十思スクエア」に姿を変え、2階には2014年(平成26年)に銭湯「十思湯」がオープン。
施設に隣接した場所には「十思公園」があり、そこには1711年(正徳元年)に作られた東京都指定文化財の「石町時の鐘」が設置。
現在は大晦日限定で撞(つ)かれています。
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町5-19

複合施設として再生「旧京華小学校」

中央区にある「旧京華小学校」は1901年(明治34年)に創立された学校で、後者は1929年(昭和4年)建設。
学校自体は1993年(平成5年)をもって閉校となり一時は取り壊しが検討されますが、もとの建物構造が強固であったために存続・再生させることに。
結果存続することに。
その後はハイテクセンター、コミュニティルーム、中央区シルバー人材センター、早稲田大学エクステンションセンターなどを兼ね備えた「京華スクエア」として2001年(平成13年)1月にオープン。
住所:東京都中央区八丁堀3-17

芸能事務所のオフィスに変身「旧四谷第五小学校」

復興小学校の中には「オフィス」として活用する例も存在しています。
1934年(昭和9年)に建設された新宿区の「旧四谷第五小学校」は都内有数の神社「花園神社」のとなりに位置する学校で、1995年(平成7年)に学校統廃合によって閉校。
その後大手芸能事務所「吉本興業」の東京本部が2008年(平成20年)に移転することになると、校舎をそのまま利用することに。
オフィスが移転した最初の年の入社式は「入学式」として行われたことも話題になっており、こうしたところは「エンターテインメント」に関わる芸能事務所らしいところですね。

オフィスでは学校時代に使用されていた黒板、クラスを示す「組」のプレートもそのまま活用。
モダンなデザインは「DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築」にも指定されています。
住所:東京都新宿区新宿5丁目18番21号

保育所として活用「文京区立元町小学校」

1911年(明治44年)に創立された「文京区立元町小学校(ぶんきょうくりつもとまちしょうがっこう)」は大震災後の1927年(昭和2年)に現在地へ移転、このときに鉄筋コンクリート製の校舎に建て替えされています。
その後学校は生徒数の減少により「旧真砂小学校」との統合が決まり、1998年(平成10年)に閉校。
校舎は統合によって新たに創立された「本郷小学校」校舎建て替えのため2001年(平成13年)12月まで本郷小学校の校舎として使用。

その後はは選挙の投票所などとして活用され、2010年(平成22年)から順天堂大学に6年間の予定で貸し出し、ほかにも「順天堂病後児ルームみつばち」や「順天堂もとまち保育所」といった施設としても活用。
閉校後も「子どもの生活を支える場所」になるのは喜ばしいことですね。
住所:東京都文京区本郷1‐1‐19

解体が検討される「旧坂本小学校」

台東区にある「旧坂本小学校」は1875年(明治8年)に「第五中学区第一五番公立小学下谷学校」として創立。
その後1908年(明治41年)に「入谷尋常小学校」に改称、校舎は1926年(大正15年)に鉄筋コンクリートの校舎に竣工。
小学校は1996年(平成8年)に閉校していますが、現在も区の施設、都の教職員組合などとして活用。
アーチ型の玄関を残すなど歴史性や建築物の歴史的価値のある建物ですが、近年は老朽化などから解体を検討されることも。
その一方で既存校舎を活用することも検討しているとされており、貴重な大正建築を守ろうとする動きは続きそうですね。
住所:東京都台東区下谷1-12

現在は廃墟のような雰囲気に「旧下谷小学校」

台東区にある「旧下谷小学校」は1886年(明治19年)に「公立下谷學校」として創立された学校で、鉄筋コンクリートの校舎は1928年(昭和3年)の竣工。
1990年(平成2年)4月に「旧清島小学校」と合併して「上野小学校」となり閉校。
外観は蔦がうっそうと生い茂っており、その姿は廃墟のような雰囲気。
こうした姿を見ていくとかつての学び舎であったことを忘れてしまいそうな外観に見えますし、そこか「ミステリー感」あふれる感覚になりますね。
住所:東京都台東区東上野4-7
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

国内
建築
東京
絶景
関東

関連記事を見る

国内の記事を見る

安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
石田三成に過ぎたるものといわれた「佐和山城」ってどんなところ?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
豪華すぎる!麗しの宮殿・赤坂迎賓館の歴史と成り立ちについて
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
静岡県は名所・旧跡の宝庫!オススメの歴史的スポットは?
京都観光前に知りたい「銀閣寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
横浜観光で行きたい!歴史的スポット9選
【沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の旅レポ】「今帰仁城跡」と「古宇利島」で絶景&歴史を満喫する旅