横浜に行ったら訪れよう! パワースポット決定版13選

疲れたときや人生の分岐点を迎えたとき、見えない力をくれるパワースポット。現在では一般的な存在となったパワースポットは「旅行の観光スポット」として紹介されることも多く、観光を楽しみながらパワーをもらえる注目スポットとなっています。今回は日本全国に存在する「パワースポット」から、横浜のパワースポットを見ていきましょう。

日本を代表する港町・横浜

日本を代表する港町・横浜

image by iStockphoto

横浜と言えば1859年(安政6年)に開港した「横浜港」で有名な港町。
観光の面では本場の中華を堪能できる「横浜中華街」をはじめ「赤レンガ倉庫」、「みなとみらい」など絶景の有名スポットがあり、日本を代表する観光地として多くの観光客が訪れています。

中華街の中心にある「関帝廟」

1つ目は有数の観光スポット「横浜中華街」にある「関帝廟(かんていびょう)」。
赤と金色の門が名印のこのスポットは風水上で好立地とされる中華街の中心にあり、商売繁盛や悪運・悪縁断ち切りにご利益があると言われています。
参拝時は5本500円の線香を買い、香炉の1番から5番まで順番に線香を供えるようになっているため覚えておきましょう。

関帝廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 関帝廟
住所 神奈川県横浜市山下町140
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 線香 500円
参考サイト http://www.yokohama-kanteibyo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

関帝廟のスポットページ

恋愛成就のパワースポット「横浜媽祖廟」

2つ目も「横浜中華街」にある横浜媽祖廟(よこはままそびょう)。
2006年(平成18年に、横浜開港150周年記念として山下小公園となりに創建されたスポットで、北宋時代の人物・林氏の娘「媽祖」と縁結びの神様「月下老人」を祀る「恋愛成就のパワースポット」として知られています。
縁結びのお守りはきんちゃく型の外観、ピンク色のデザインが人気で、線香の煙にくぐらせ3回お守りを回すと最大のご利益が得られるとのこと。

横浜媽祖廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 横浜媽祖廟
住所 神奈川県横浜市中区山下町136
営業時間・開場時間 9:00−19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yokohama-masobyo.jp/jp/index.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

横浜媽祖廟のスポットページ

航海安全も縁結びも引き寄せる「元町厳島神社」

横浜では中華街の近くにも有名なパワースポットが存在します。
写真の「元町厳島神社」は元町商店街の裏通り「元町クラフトマンシップ・ストリート」にある神社で、横浜が港町であることから「航海安全」や「商売繁盛」が有名なご利益。
その他にも「合格祈願」や「縁結び」など、多様なご利益が得られると言われており、子どもの合格を願う家族や良縁を引き寄せたい女性の支持を集めているとのこと。







元町厳島神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 元町厳島神社
住所 神奈川県横浜市中区元町5丁目208
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=255&cd=1203008
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

元町厳島神社のスポットページ

サッカー神社の別名を持つ「師岡熊野神社」

東横線「大倉山駅」から徒歩10分の「師岡熊野神社(もろおかくまのじんじゃ)」。
神亀元年(724年)創建と伝わるこの神社では勝負運・仕事運が特に有名と言われており、社紋の「ヤタガラス」がサッカー日本代表のシンボルマークと同じであることから「サッカー神社」の別名も存在。
お守りにもサッカー関連のものがあるため、サッカーファンや勝負に勝つ勇気を授かりたい方は訪れてみては。

師岡熊野神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 師岡熊野神社
住所 神奈川県横浜市港北区師岡町1137
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kumanojinja.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

師岡熊野神社のスポットページ

津波から人々を守った「富岡八幡宮」

写真は京急本線・京急富岡駅より徒歩約15分の場所にある「富岡八幡宮」は、建久年間(1190年~1199年)に源頼朝が創建した別名「ハマのえびす様」と呼ばれるスポット。
1311年に関東南部を襲った「応長の大津波」時には周辺を守り切ったとされており、そこから「波除八幡」の別名も。
東京都江東区にある「富岡八幡宮」はここの分社で、商売の神様として信仰されていました。

富岡八幡宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 富岡八幡宮
住所 神奈川県横浜市金沢区富岡東4丁目5−41
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tomioka80000goo.org/index2.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

富岡八幡宮のスポットページ

江戸時代に処刑された人々の墓がある「法亀山願成寺」

写真は京急本線・戸部駅から徒歩10分の「法亀山願成寺(がんじょうじ)」。
創建が16世紀頃と伝わる寺院で、亀の導きによって清水が湧き出る泉が見つかったことから名前がついたとされています。
寺院内には江戸時代の外国人殺傷事件で処刑された人々の墓があり、中でも「鎌倉事件(1864年)」の清水清次・間宮一、「フランス水兵殺害事件(1866年)」の鳶の小亀が有名。
次のページでは『初詣スポットにも挙げられる「成田山横浜別院」』を掲載!
次のページを読む >>