「埼玉に遊ぶところなんてあるの?」何度も聞かれるからまとめる!埼玉観光の完全ガイド

「埼玉に遊ぶところなんてあるの?」何度も聞かれるからまとめる!埼玉観光の完全ガイド

「埼玉に遊ぶところなんてあるの?」そんな事をよく聞かれます。
埼玉出身だからこそ言えますが、埼玉県は個性がないのが個性、なんて思ったりしていました。
ベッドタウンとして有名な埼玉県に、観光旅行に行ってみようと考える方は少ないかもしれません。
しかし、大人になった今だからこそ分かります。埼玉は大人旅にぴったりの街だったのです。
今回は、そんな埼玉県で生まれ育った私が、意外と遊べる観光スポットをご紹介します。

埼玉・秩父中心の観光のモデルコースはこう!

1泊2日の場合

1泊2日の場合

image by iStockphoto / 91646203

埼玉県秩父市は、都会から78分で行ける近い田舎=チカイナカとして移住者にも人気なスポットです。

スタートは西武秩父駅から。
歩いて散策すると意外と距離を感じるので、旅の始めはレンタル自転車を利用してみて下さい。

まずは、秩父の神様にご挨拶…市内中心部にある秩父神社は社殿の彫刻が色鮮やかでポップなんです。
また、女性の神様が祀られているせいか、拝んでいるとなんだか優しい気持ちになれます。

神社から続く番場通りでは、「マイルストーン」のベーグルと「安田屋」のメンチカツをコラボサンドで!小腹を満たしたら、昭和レトロな建物を改装した雑貨屋さん巡りで気分もほっこりします。

夜は旅館でのんびりも良いのですが、秩父駅周辺の居酒屋で秩父錦や武甲といった地酒を楽しんで頂き、地元民気分を味わって頂きたいですね。

2日目は、少し足を延ばして長瀞へ。
穏やかな荒川を船頭さんと共に船で下る長瀞ライン下りで、自然を感じることができます。

川下り後は「そば屋 もみの木」で秩父の蕎麦を堪能し、ラストのお土産はここに行っておけば間違いない、秩父駅の「じばさんセンター」。
秩父らしいお土産がなんでも揃うので、お気に入りです。

2泊3日の場合

2泊3日の場合

image by PIXTA / 15855122

秩父で最初のグルメは、安田屋のわらじカツで決まり。
平日のお昼時と休日は確実に並びますが、甘じょっぱさのきいたわらじカツは並んででも食べる価値ありです。

1日目は長瀞まで足を延ばし、岩畳の見学と駅前の商店街で田舎飯の食べ歩き。
時間があればロープウェイで気軽に宝登山への登山ができます。

2日目は関東最大級のパワースポットと呼ばれる三峯神社まで行ってみましょう。
限定お守りや大きなご神木が有名ですが、見てほしいのは参道途中にある遥拝殿から眺める山脈の絶景です、自然に包まれる感触を肌で感じることができます。

3日目は秩父市内でお土産とグルメを楽しみましょう。
八幡屋や水戸屋といった甘味の老舗で試食しながらお土産選び。

スーパーでも秩父名産品コーナーがあるので、秩父みそや一度食べたら絶対ハマる漬物・しゃくし菜がお手頃価格で購入できます。

秩父でやり残したことがあっても、ラストに西武秩父駅構内の仲見世通りに行けば問題なし。
秩父のグルメとお土産が凝縮されています。

2017年春には同駅構内に複合型温泉施設がオープンするので、旅のシメに温泉もいいですね。

埼玉・都市部中心の観光のモデルコースはこう!

1泊2日の場合

子供だけでなく大人も楽しめる大宮の鉄道博物館から旅を始めましょう。

旧車両のレトロな外観はおしゃれで、運転体験も出来るので普段の車生活とは違った感触にドキドキします。

埼玉の都市部は温泉地でもないし、旅館やホテルを楽しむと言ってもあまりピンときませんよね。
地元民の私もそうです。

しかし最近、新しい温泉施設が、さいたま市から40分ほどで行ける熊谷市に誕生しました。
それが、おふろカフェbivouac(ビバーグ)です。

グランピングがテーマの温浴施設で、おしゃべりで朝まで長居してもOKなので、新しい宿泊スタイルを楽しめます。

そして帰り道…お土産を選びましょう。
埼玉みやげの草加せんべいも良いのですが、埼玉に住んでいれば、知らない人はいないはずの十万石まんじゅうを是非。

県内に販売店は点在していますが、行田市の本店は蔵を改造した建物なので、写真を撮ってSNSにあげても絵になります。

埼玉都市部は交通の利便性も良いので、様々な地域を楽しむのにはおすすめのコースです。

2泊3日の場合

2泊3日の場合

image by iStockphoto

2泊3日の真ん中は、やっぱり川越散策がおすすめです。
小江戸川越と呼ばれ、歴史好きにはたまらない蔵造りの街並みを感じながら、タイムトリップしたようなお土産屋さんでお買い物。

レンタル着物ショップも所々にあるので、カップルや女の子同士で色違い浴衣を借りて、城下町気分をアップさせて食べ歩き、なんて旅も人気です。

そしてここでのお土産のおすすめは、ノリスケさんのバウムクーヘン。
甘すぎず、種類も豊富。
手作りで丁寧な味が喜ばれるお土産のひとつですよ。

また、一日丸々遊ぶなら、日高市のサイボクハムには驚かされますよ。
ハム?そう、ハムのテーマパークなんです。

豚肉や、ハム・ソーセージを使ったグルメを楽しむのはもちろん、パーク内には豚がモチーフの温泉施設があったり、子豚とのふれあいや、子供に嬉しい陶芸体験やアスレチックまであります。

ハムがテーマなんて…と思っている方、本当に一日遊べるので、一度行ってみて下さい。

埼玉のおすすめ観光スポットはここ!