日本の山100選の栃木県「男体山」の絶景に感動

男体山(標高2486m)は、栃木県日光市の日光国立公園内にあります。そして、その中の世界文化遺産に登録された社寺の一つ二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)の御神体として、男体山は信仰の対象になっているんです。霊場としての始まりは、奈良時代末に勝道上人が開山したという謂れがある場所なんですよ。
栃木観光の決定版はこれ!地元民が教える栃木観光の見どころやモデルコース
栃木の温泉といえば「鬼怒川温泉」。鬼怒川温泉の魅力を地元民がたっぷり紹介

男体山には家族がいるんだ!

男体山には家族がいるんだ!

image by iStockphoto

男体山は富士山のような円錐形の山容をしていますが、山系としては日光連山になるんです。
『男体山』で検索すると筑波山にもありますね。
この筑波山の男体山は女鋒山とで一対の夫婦の山ですが、日光の男体山には子供もいるんですよ。
そして、それぞれに御祭神が置かれているんです。
まず父の男体山に大己貴命(おおなむちのみこと)、母の女峯山には田心姫命(たごりひめのみこと)を、そして息子の太郎山には味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)が祀られています。

男体山の住所・アクセスや営業時間など

名称 男体山
名称(英語) Mount Nantai
住所 栃木県日光市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 入山料:大人(高校生以上) 500円 小人(小中学生) 300円
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E4%BD%93%E5%B1%B1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

男体山のスポットページ

男体山に行ってみよう!

男体山に行ってみよう!

image by iStockphoto

JR日光駅もしくは東武日光駅に着くと路線バスが出ていますよ。
そこから中禅寺湖行か湯元温泉行のバスに約1時間乗り、登山口のある二荒山神社中宮祠バス停で下車します。
このバス経路には観光名所があるので、少しご紹介させてくださいね。
約15分程行くと二荒山神社があります。
ここの入り口では日本奇矯に数えられる神橋(しんきょう)を観ることができますよ。
この橋は、勝道上人が川の急流で行く手を阻まれ神仏に加護を求めたら、深沙王(じんじゃおう)が2匹の蛇を放ち、蛇の背から山菅(やますげ)が生えて橋になった、という伝説があります。

image by PIXTA / 23255824

ここは『いろは坂』です。
当初のいろは坂には48箇所のカーブがあり、そのカーブに『いろは』を付けたのが由来になっているんだそうですよ。
カーブには48音の青い看板が立てられているので数えてみても楽しそうですね。
また、このいろは坂は下り専用の『第一いろは坂』と登り専用の『第二いろは坂』に分けられていますから、自家用車で登山をされる方は気を付けてくださいね。

いよいよ、登山口に到着です!

男体山の登山ルートは2つあるんですが、アクセスの良い日光二荒山神社ルートで行ってみましょう。
まず日光二荒山神社で入山料500円を払い登山の開始です。
登山道は整備された箇所もありますが、ガレ場と呼ばれる大きな岩がゴロゴロした箇所も多数ありますので気を付けてくださいね。
このルートは男体山の南側で、途中には中禅寺湖や戦場ヶ原を眺めることができますよ。
あとは、御朱印集めをされている方は、御朱印帳を忘れずに!







日光二荒山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光二荒山神社
名称(英語) Futarasan jinja
住所 栃木県日光市中宮祠2484
営業時間・開場時間 (毎年5/5-10/25) 開門 6:00
利用料金や入場料 入山料:大人(高校生以上) 500円 小人(小中学生) 300円
参考サイト http://www.futarasan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日光二荒山神社のスポットページ

山頂に到達!他の山には無いものがあったよ

山頂に到達!他の山には無いものがあったよ

image by iStockphoto

山頂には二荒山神社奥宮の鳥居とステンレス製の剣が設置されていますよ。
初めて見ると不思議な光景ですよね。
この剣は当初1877年(明治10年)に、とある方が鉄の剣を奉納されたらしいんです。
でも、2012年に腐食により錆びて根元の部分から折れてしまったので、別の方が奉納されたステンレス製の剣が設置されることになったのだそうですよ。
初めに奉納された方の思いは分からないですけど、男体山のシンボルになっていることには違いないですね。

男体山が生み出した絶景!

男体山が生み出した絶景!

image by iStockphoto

ここは登山道からも眺められる中禅寺湖です。
周囲は約25km、最大水深163m、面積規模11.62平方kmで日本百景にも選ばれている湖沼ですよ。
約2万年前 に男体山が噴火をした際に流れ出た溶岩で渓谷が堰き止められたことによって原形ができたといわれています。
遊覧船で中禅寺湖を周遊することも可能ですよ。
※例年12月1日~4月中旬まで運行は休止しています。

image by iStockphoto

こちらは日本三名瀑の一つ華厳の滝です。
いろは坂もしくは明智平の展望所から眺められますよ。
中禅寺湖の水が、97メートルの高さから一気に落下する水量は平均3t、大雨の後ともなると100トンともいわれています。
とにかく壮大な滝ですから一度は見ておきたいですよね。
有料のエレベーターが設置されており、観爆台から華厳の滝を間近で見ることもできますよ!
次のページでは『趣を変えてみよう!イタリア大使館別荘記念公園』を掲載!
次のページを読む >>