地元民が伝授!宇都宮観光の完璧ガイド。春夏秋冬おすすめスポットから必見グルメまで

宇都宮は、天気予報でも見る文字で東北新幹線も止まる駅、そして栃木県の県庁所在地でもあります。グルメでは有名な宇都宮餃子があり、宇都宮まで来てグルメを楽しむ方もいれば、お取り寄せグルメで楽しむ方もいるんですよ。そんな素敵な地域宇都宮を、栃木県民を代表してご紹介します。
栃木観光の決定版はこれ!地元民が教える栃木観光の見どころやモデルコース
栃木の温泉といえば「鬼怒川温泉」。鬼怒川温泉の魅力を地元民がたっぷり紹介


宇都宮の観光のモデルコースはこう!

日帰りの場合

宇都宮を日帰りで行くならば、「FKDインターパーク」。
ショッピングやお食事が楽しめる大型複合施設になっています。
地元の方はもちろんのこと、県北・県南からも足を運ぶ方が多く、栃木県で人気のスポットになっています。

徒歩圏内に「インターパークスタジアム」という施設もあり、こちらは屋外型のショッピング施設になっています。
ですので、雨でも腫れでも、天気に左右されずに楽しめる素敵なスポットになっています。

さらに、インターパークの目の前にはゲームセンター・映画館もありますので、1日遊ぶにはもってこい!時間も有意義に過ごすことが出来ます。
北関東道自動車道の「上三川IC」から見える位置にありますので、交通アクセスも抜群。

運転していても道が難しくないので、道に迷いやすい方でも安心して利用できるんですね。

そして、車の収容台数も多く、広くて止めやすいので、運転初心者でも気負いなく向かうことが出来るのがうれしいポイントになっています。

1泊2日の場合

宿泊できるならば、宇都宮を拠点に幅広く動くことが出来るのでさらに旅を楽しめます。
宇都宮まで足を運んでもし宿泊できるなら、日光まで足を運ぶルートがおすすめ。
理由は、宇都宮からアクセスがよいということと、日光の奥まで楽しむことが出来るからです。

アクセスの方法は、国道4号を北上するか、日光有料道路か東北自動車道を利用していくとスムーズに行けて時間も有効活用できます。
宿泊は、値段を抑えたい時には宇都宮市内のビジネスホテル、ちょっとリッチに行きたい時には日光まで足を伸ばしてみるといいです。

日光とひとくくりに言っても、日帰りではコースや時間によって足を運ぶのは難しいところがありますので、1泊するからこそ楽しめるコースが、宇都宮と日光のセットになっています。

そして、宇都宮は栃木県の中央に位置しているので、県南に移動してもOK!県南にはアウトレットもありますので、お好きなコースを選ぶことが出来ますので、楽しい1日になること間違いなしです。

Writer:

年に数回ですが、ディズニーに遊びに行きます。泊まりで行くことも日帰りで行くことも多く、アトラクションメインで楽しんでいます。食べることも好きなので、グルメもたくさんの種類を食べています。少しでもディズニーを楽しめるような情報をお伝えしていきますね。

そして、ディズニーの他にも、栃木と群馬が大好きでよく旅行や温泉を楽しみます。グルメやショッピングスポットのおすすめの紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のカテゴリ

国内
東北
栃木県
関東

関連記事を見る

国内の記事を見る

安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
石田三成に過ぎたるものといわれた「佐和山城」ってどんなところ?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
豪華すぎる!麗しの宮殿・赤坂迎賓館の歴史と成り立ちについて
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
静岡県は名所・旧跡の宝庫!オススメの歴史的スポットは?
京都観光前に知りたい「銀閣寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
横浜観光で行きたい!歴史的スポット9選
【沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の旅レポ】「今帰仁城跡」と「古宇利島」で絶景&歴史を満喫する旅