地元民が伝授!日光湯元温泉の観光完璧ガイド

日光湯元温泉という日光の温泉があることをご存知ですか?ひとくくりに「日光」と呼ばれることはあっても、湯元温泉と認識している方は意外と少ないんです。これって、栃木県の人からみると、とってももったいない!

日光の温泉をより楽しむために、「日光湯元温泉」について詳しく解説していきます。知っているとより日光の温泉が楽しめること間違いなしなので、ぜひ最後まで見逃さないようにご覧ください。

日光湯元温泉に行く前に知っておこう!

日光湯元温泉の魅力は?

日光湯元温泉の魅力は?

image by PIXTA / 23291936

日光湯元温泉は、国民保養温泉地第一号に認定されていて、歴史がとても長く今まで多くお方に愛されている温泉地、大人向けの雰囲気で、森と湖に囲まれた静かな温泉街になっています。

温泉は、硫化水素型の単純硫黄泉が特徴で、泉温は49.3~78.9℃もあります。
中性から弱酸性で、お湯に浸かるとすべすべの肌ざわりに変身できる素敵な温泉です。

ほとんど知られていませんが、源泉のお湯の色実はエメラルドグリーン!とっても幻想的な色ですね。
ですが、地上で空気に触れることで乳白色に変化していくので、不思議な温泉ですね。

湯元温泉はメタケイ酸がたくさん含まれているので、美肌効果が期待できます。

その他の効能は、糖尿病・神経痛・慢性婦人病・病気の回復期などにも効能が期待できます。

さらに驚きなのが、日光山輪王寺別院の温泉寺にも温泉を引いているので、誰でも入浴できるめずらしい温泉になっています。
源泉は湧出量がとにかく豊富で、中禅寺湖の温泉地まで温泉を引いています。

ですので、たくさんのスポットで湯元温泉のお湯を楽しめます。

首都圏から日光湯元温泉へのアクセス手段や時間は?

首都圏から日光湯元温泉へのアクセス手段や時間は?

image by PIXTA / 12239115

日光湯元温泉は、奥日光に向かうルートとほぼ同じですので、奥日光のルートと重複する部分が多いです。
運転しやすい道が多いですが、冬季は閉鎖になる道路や雪で運転が大変になるところもありますので、出発前に確認しておきましょう。

車を利用する場合

・東北自動車道を使う場合は、宇都宮ICから日光宇都宮道路に乗って、清滝ICで降りましょう。
そこから約45分で到着です。


・関越自動車道を使う場合は要注意で、沼田ICから国道120号線を通ると向かうことができますが、冬は雪の為閉鎖してしますので、鵜飼のルートに従って移動しましょう。
国道120号線を通る場合は約90分で到着します。

冬に車で向かう場合は、すべり止めが必須!とにかく雪がすごい!安全運転でお願いしますね。


電車を利用する場合

・JR日光線を使って向かう場合 JR日光駅下車または、東武日光線の東武日光駅下車で向かうことができます。

JR日光駅と東武日光駅からは東武バスが出ていて、湯元温泉行で80分、湯元温泉で下車してそこからさらに徒歩5分で到着します。

少し移動時間がかかりますが、安全運転でいらしてください。

日光湯元温泉の駐車場は?

湯元温泉には無料で利用できるたくさんの駐車場があります。
有料のところもありますが、観光地としては無料のスポットが多いので、車を利用する場合はとてもうれしいサービス。

冬は規制が出る駐車場もありますので、下記を参考に快適なドライブをしてくださいね。

1 湯元本通り北駐車場

2 湯元本通り南駐車場(ビジター前)

3 湯元本通り湖畔駐車場(ボランティアハウス前)

4 湯元スキー場駐車場 有料  (湯元スキー場オープン期間中のみ有料)

5 五色通り東駐車場(湯元交番前駐車場)

6 五色通り西駐車場(花の季前駐車場)

7 湯滝落ち口園地駐車場

8 湯滝駐車場 有料  冬季無料開放中(チェーン必要)

このようなラインナップになっています。

無料で利用できるスポットがたくさんあることがお分かりいただけたかと思います。
チェーンが必要なスポットも多いので、忘れずに準備しましょう。

日光湯元温泉のグルメと言えば?

日光湯元温泉のグルメと言えば?

image by PIXTA / 2883293

日光湯元温泉のグルメと言えば、充実したランチがおすすめ。
日光名物のゆばを使った料理や、地元栃木で採れた新鮮な食材を使って作っているので、日光湯元温泉に来たからこそ楽しめるお食事内容になっています。

ですが、湯元温泉周辺にあるレストランは他の温泉地に比べて少ないので、「他にも探してみようか」と見送ってしまうと、また戻ってくるなど時間をロスする原因にもなります。
もしランチをする予定があるときは、移動する前にどこで食べるのかを決めて移動すると時間を無駄にしないで動くことができますよ。

日光湯元温泉を経由して行ける栃木県の他の観光スポットは?

日光湯元温泉を経由して行ける栃木県の他の観光スポットは?

image by PIXTA / 25721245

日光湯元温泉から行くことができる観光スポットは、日帰りの場合と宿泊して楽しむかで大きく変わってきます。

日帰りの場合は、日光市街まで行くと1つのスポットでの滞在時間が短くなってしまうので、中禅寺湖周辺や、戦場ヶ原周辺がおすすめ。

中禅寺湖や戦場ヶ原では、アクティブに動くというよりは自然を楽しむ「まったり系」の旅を楽しむことができます。
ですので、大人向けのプランということになります。

宿泊して楽しむならば、日光市街まで移動するのもいいですね。
初日に湯元温泉周辺を散策して宿泊をして、2日目に日光市街に移動すると、観光スポットがたくさんありますし、首都圏や東北地方に帰る場合のアクセスもスムーズになります。

日帰りと宿泊できる場合で楽しみ方が違いますので、ご自身の旅のプランがどちらなのかでじっくり考えてみるのも楽しいですよ。

日光湯元温泉、季節ごとの見どころは?

「春」の桜の見どころとえば、湯滝の桜

「春」の桜の見どころとえば、湯滝の桜

image by PIXTA / 13068159

日光湯元温泉は春が来るのが他のところに比べて遅いです。
具体的な時期はというと、なんと5月!「今年はお花見できなかったな」と思っている頃、日光湯元温泉では桜が満開に向かって頑張っています。

そんな桜の見どころと言えば「湯滝の桜」。
派手さはありませんが、力強く咲いている桜は1つ1つが透き通るような色味をしていますので、他で見る桜とは一味違う素敵な桜を見ることができます。

小ぶりな桜ですが、満開の時の桜はため息が出るほどきれいです。
足を運びたくなってきませんか?

「夏」の楽しみといえば、涼しさ!

「夏」の楽しみといえば、涼しさ!

image by PIXTA / 22881291

日光湯元温泉の夏は、他のスポットの夏とは一味違う楽しみができます。
その理由は気温にあります。
実は、日光湯元温泉の気温は、日本各知で猛暑日が続く8月でも最高気温が20度に満たない日があり、平均気温が18.5度ととっても涼しいんです。

ですので、夏の暑さを避けるために「避暑地」として足を運ぶ方もかなり多くなっています。
涼しい中での散策や観光は身体に負担をかけずにできますので、暑さに弱い方はぜひ体感してほしいところ。

「秋」の紅葉の見どころといえば、湯ノ湖

「秋」の紅葉の見どころといえば、湯ノ湖

image by PIXTA / 18038373

湯ノ湖は戦場ヶ原のさらに奥にあるスポット。
気温がぐっと下がって日中との気温差が大きいので、鮮やかな色味の紅葉を目に焼き付けることができます。
湖の周囲を散歩するコースが人気で、多くの方が散策をしながら紅葉を楽しんでいます。

湖畔の周囲は約3キロメートル。
歩道もしっかり舗装されているので、足場を気にして紅葉が楽しめないといった心配はありません。
最高気温が10度くらいになってきますので、服装には気を付けましょう。

「冬」の見どころといえば、雪まつり

「冬」の見どころといえば、雪まつり

image by PIXTA / 26492127

日光湯元温泉の気候を生かしたイベントがこちらの「雪まつり」。
たくさん降る雪を無駄なく使って、幻想的な光と共にライトアップする雪を見ることができます。
デートには特におすすめで。
ここでプロポーズするなんてロマンチックな方も…。

毎年様々なイベントを開催していて、だいたい1月下旬から行われています。
とにかく寒いので、ダウンジャケットなど防寒対策をしっかりして、イベントに足を運ぶようにしてくださいね。
とにかく寒いです!

ゆっくり泊まりたい日光湯元温泉の旅館はここ!

旧外国大使別荘跡 湖上苑


旧外国大使館別荘跡にある旅館で、中禅寺湖を一望できるお宿ということもあって、多くの方に愛されています。
そのため、お部屋からの眺めは最高で、お部屋から出たくなくなるくらい素敵な風景が広がっています。

24時間入浴できる温泉もあり、天然掛け流しの温泉をご自身の好きな時間に楽しめるのがこちらの宿の特徴。
湯船に浸りながら中禅湖を眺めてリラックスすると、最高の気分になれますよ。
お料理は、地元の素材を使った創作料理をご用意しています。

日光湯元温泉 にごり湯の宿 かつら荘


エメラルドグリーンの色が特徴の温泉は、神秘の湯とも言われています。
天然の硫黄温泉は、加熱・加水なしの源泉100%で提供しています。
たくさんの森に囲まれた中で、星空を楽しみながらは入ることのできる露天風呂があります。

お食事は、旬の味覚や地の素材を使った手作り料理など。
家庭的でほっとできるお宿になっています。

中禅寺金谷ホテル


奥日光ならではの、豊かな自然に囲まれた落ち着いた雰囲気のリゾート。
日光と言えばだれもが1度は泊まってみたい金谷ホテル。
伝統の料理と温泉、露天風呂が上質な時間を私たちに提供してくれます。

全部のお部屋がウッドデッキやバルコニーがついていますので、まるで別荘にきたような気分になれます。
ラウンジではドリンクサービスが無料ですので、おもてなしも最高ですよ。

日光グランドホテル ほのかな宿 樹林


こちらのお宿は、「セルフサービス」を基本にしているお宿なので、家族だけでしっとりとした時間を過ごしたいと思っている方にはぴったりのお宿です。
現地ではクレジットカードで精算ができないので、もしカードで決済を考えている方は、オンライン決済を利用しましょう。

娯楽施設がないので、小さなお子様には物足りないですが、身体をゆったりと休めることを目的とした方にはおすすめです。

にごり湯注ぐ貸切露天風呂の宿 奥日光小西ホテル


お風呂はもちろんのこと、日光名産のゆばを使った懐石料理が楽しめます。
元気で楽しいスタッフさんがいるパワースポットとも言えるお宿。
男体山の岩を使った露天風呂は風情があって素敵ですよ。

家族連れに好評で、小さな日本庭園を眺めながら入る貸切露天風呂が人気です。

奥日光倶楽部 山の宿

かけ流し100%のお風呂なので、お湯にこだわりのある方は大集合!造らず、飾らず、ありのままをモットーにお客様をお出迎えするコンセプトなので、主役である私たちに素敵なおもてなしをしてくれます。

私たちが滞在するうえで、プライベートな時間や空間を大切にしたスタンスは、若い方にも人気があります。

創業明治元年 日光老舗の湯宿 湯守釜屋


メタケイ酸が豊富に含まれている「美肌・美白の湯」を楽しむことができます。
「国民保養温泉地」として日本で初めて指定されていて、昔から代々受け継がれているサービスは、心にしみる素敵なサービスです。

雰囲気は大人向けのお宿ですので、ゆったりとした時間の流れを感じたい時にはぜひお越しください。

ホテル 花の季


季節の「花」をたくさん使って私たちを出迎えてくれる、優しいおもてなしの宿がこちらです。
ロビーは季節の花と香りでいっぱいになっていて、疲れを忘れさせてくれます。
自然豊かな奥日光は季節ごとに楽しめるものが異なり、新緑・避暑・紅葉・雪見風呂と様々。

こんなにも魅力がたっぷりにも関わらず、源泉に近い上質の硫黄泉を提供しています。
お料理も少しずつたくさんの種類のお料理を楽しめますので、女性に大人気です。

湯元 板屋


「源泉かけ流し にごり湯温泉」がじゃらんのクチコミで4.7の高評価なんですよ。
温泉宿ですが加水なしなので、天然のにごり湯をそのまま楽しむことができます。

温泉を掛け流す露天風呂と内湯がありますので、お好きなお風呂を十分楽しめます。

温泉につかると身体が見えなくなるくらいの濃い乳白色のにごり湯特徴で、上がった後はお肌がすべすべで、しばらく身体のポカポカ感が続きます。
1人旅にもおすすめですよ。


日帰りで行きたい日光湯元温泉の温泉はここ!


奥日光パークロッジ深山


「加水・加温・循環・ろ過」の4つですべて自然のままの入浴施設です。
循環などをしていないので、温泉の効能をそのまま期待できるので、湯治としても利用する方もいます。
大浴場だけの造りですが、源泉かけ流しのお風呂をワンコインで堪能できるのはここだけ。

広々としたお風呂なので、身体を思いっきり伸ばすこともできちゃうかもしれませんよ。

温泉寺


温泉寺という名前から想像できるように、見た目はまるでお寺なんです。
ですが入ってみるとなんと温泉が楽しめる不思議なスポット。
「加水あり・加温なし」の入浴施設になっています。

お湯の温度がとても熱いので、加水をして入りましょう。
源泉の色は、きれいなエメラルドグリーンで、加水すると乳白色に変身する不思議なお湯です。

お風呂は小さめですので、落ち着いて入るのは難しいかもしれませんが、日帰りで日光湯元温泉を楽しむには十分な広さ。

おおるり山荘


「加水なし・加温あり」の入浴施設。
白濁した白い湯花がたくさん舞っているお湯になっています。
露天風呂は、母屋から離れてすぐの所にありますので、足を運びやすい作りになっています。

ロビーが広々としていて、このままずっと滞在していたいと思わせる素敵な空間になっています。

内風呂も露天風呂もかなり広いので、時間を忘れてゆったりとしていきたいと思うこと間違いなし!

湖畔の宿湯の家


敷地内から出ている、自家源泉の硫黄泉をそのまま使った大浴場と貸切風呂があります。
内風呂も洗い場も広いので、他の方を気にせずリラックスできる日帰り温泉施設。

日帰りで本格的な温泉を楽しみたいときにおすすめ。
露天風呂はありませんので、露天風呂を探している方は気を付けてくださいね。

奥日光 高原ホテル


露天風呂は源泉掛け流しで、乳白色のお湯が楽しめます。
脱衣所・内湯・露天風呂のどれをとっても広々していて、日帰り温泉としてはかなりの充実度を感じることができます。

露天風呂は周りを石や木で覆っているので、雰囲気もよく、このまま宿泊してゆったりと過ごしていきたいと思うこと間違いなし!

ゆ処山月五識の湯

日光湯元温泉の温泉街で目に入るスポットで、日帰りで楽しめる温泉施設がこちらにもあります。
脱衣所がおしゃれで、お風呂から上がった後も落ち着ける素敵な空間になっています。

少しコンパクトな施設ですが、内湯と露天風呂がありますので、2つのお風呂を楽しめます。

お宿の食事じゃ満足できない?おすすめレストランはここ!


湯滝レストハウス


戦場ヶ原を歩いて休憩するにはぴったりのスポットがこちらにあります。
ひと休みのつもりが、雰囲気が良いので長居してしまうことも。
店頭で焼いている鮎の塩焼きはぜひご賞味ください。
香りが食欲をそそります。

鮎が大きいので、食べごたえもあります。

店内では、おそばなどのお食事もご用意しています。
アイスなどの軽食もご用意していますので、ここで休憩して元気をチャージして、次のスポットへ向かいましょう。

日光湯元レストハウス

こちらも休憩所として足を運べるスポットになっています。
軽食のご用意はもちらろんですが、ここでは栃木ならではのメニューを楽しんで頂きたいです。
そのメニューは、果汁の味がダイレクトに感じられるテイストの、いちごソフト。

苺の風味が口の中にふんわりと広がって、いちご果汁特有の酸味がたまらない味わい深いアイス。
ここのいちごソフトの風味は他では味わえない深い味になっていますよ。

温泉だけじゃない!旅館を拠点に行ける日光湯元温泉の観光スポットはここ


湯滝

湯滝

image by PIXTA / 22881293

初めて訪れた方は、滝の大きさに感動すること間違いなし。
何度も訪れている方も、この滝はいつ見てもすごいと声を揃えるほどなんですよ。
日光にはたくさん滝がありますが、ここが1番好きという方も多いのが特徴。

奥日光にあるので訪れる方が少し少ないので、落ち着いて見られるからというのが人気の秘密なんですよ。
私も好きな滝の1つです。
隣に歩道があるので、歩きながら湯滝を見ることも。
迫力を身近で感じられます。

写真が撮れるスポットもあるのでぜひ写真におさめてみましょう。

湯ノ湖

湯ノ湖

image by PIXTA / 26266634

奥日光の小さな湖がこちらの湯ノ湖。
声をひそめてしまうような静かな雰囲気のスポットなので、ここにいるだけで心が洗われるような不思議な感覚になります。

湖面に映る山々が非常に神秘的で、時間を忘れて足を止めてしまうくらい圧倒されます。
見ていると心も癒されます。
空気が美味しくて、日光ならではの素敵な風景を堪能できます。

フライフィッシングのメッカとも言われていて、早朝からたくさんの釣り人が湖にいます。
釣りが好きな方は必見ですね。
紅葉時期はやはり混んでいますので、朝早めに行くことをおすすめします。

日光湯元温泉ファミリー


スキーコースは長くないので初心者向けになっていますが。
コースは中級1本、初級2本、子供用広場でそり遊びができるスペースがあります。
雪質も上場で滑りやすいです。
人もそこまで多くないので、初めての人が滑るにはぴったりなゲレンデになっています。

リフト券も安くお財布に優しいのが特徴で、気軽に遊べるうえに湯元温泉に歩いて行くことができるので、温泉と一緒に楽しめます。

普段スキーをしたことがな方でも安心して滑ることができますよ。
スキーをしたいけど、場所をどうしようか迷っている方にはぜひ足を運んで欲しいスポットになっています。

湯川

湯川

image by PIXTA / 13750191

中禅寺湖に注ぐ、主に湿原を潤している川になっています。
他の川とは少し違う景観が楽しめる川です。

湯川沿いをハイキングすることができます。
歩道が整備されていますので歩きやすく、散策を楽しめるようになっています。

いよいよ観光も終わり…日光湯元温泉のお土産はこれ!


塩羊羹


1本780円(2017年3月現在)で、お土産としてはとても手ごろな値段で購入できるのが特徴です。
甘さ控えめ、さっぱりとしていて、名前の通りかすかに塩味がします。
うっすらと感じられるくらいなので、甘みと塩味のバランスが最高ですよ。

後味がさっぱりしていますので、多くの方に好まれる味に仕上がっています。
午後には売れきれることもありますので、早めに購入することをおすすめします。
購入するときに並ぶこともありますので、時間に余裕をもって向かうようにしましょう。

葡萄ジュース「山葡萄」

旅館の朝食でも提供されているジュースをお土産でも楽しめます。
みんなが大好きで飲みやすい味になっていますので、どの方に送ってもお楽しみいただけます。

どなたにも飲みやすい味に仕上がっているのはもちろんのこと、フレッシュでヘルシーな美味しさがやみつきになります。
900mlで530円(2017年3月現在)なので、お手軽価格もうれしいですね。

日光湯元温泉の魅力はここだけでは伝えきれません

日光湯元温泉の魅力をお伝えしてきました。
とにかく温泉が充実しているのが特徴で、大人向けの落ち着いた観光スポットになっています。

季節ごとに見せてくれる顔がありますので、シーズンごとに足を運んでも楽しめる素敵なスポットなんですよ。
年に数回訪れても楽しめるなんて、とっても素敵ですよね。

少し移動時間はかかりますが、時間をかけて行っても十分価値のあるスポットですので、ぜひ時間を作って日光湯元温泉に遊びにいらしてくださいね。
photo by PIXTA

ごん

Writer:

年に数回ですが、ディズニーに遊びに行きます。泊まりで行くことも日帰りで行くことも多く、アトラクションメインで楽しんでいます。食べることも好きなので、グルメもたくさんの種類を食べています。少しでもディズニーを楽しめるような情報をお伝えしていきますね。 そして、ディズニーの他にも、栃木と群馬が大好きでよく旅行や温泉を楽しみます。グルメやショッピングスポットのおすすめの紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のカテゴリ

国内
栃木県
関東

国内の記事を見る

大阪交野に遺された巨石の謎とは!?「磐船神社」探訪記
「東大阪ジャンクション」で光り輝く大阪の夜景を堪能
デートや女子会に!梅田周辺でランチが美味しいカフェ30選
京都観光の常連が伝授!京都観光の理想的な日帰りのモデルコース5プラン
地上173mから大阪を360°見渡せる!梅田スカイビルから見る景色
【青森県】地元民が伝授!弘前公園の観光完璧ガイド
春本番!静岡県のお花見スポット決定版10選と2017の日程目安
群馬の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
名古屋市の観光名所「中村公園」は必見!行き方や予算、営業時間は?
三重県観光なら「鈴鹿サーキット」は必見!行き方や予算、営業時間は?
地元民が伝授!宮城県にある温泉地の完璧ガイド
箱根温泉のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選