地元民が伝授!栃木県「日光東照宮」の観光完璧ガイド

栃木県にある世界遺産、「日光東照宮」。地元の学生は社会科見学などで訪れる機会が多いのですが、遠方の方はなかなか足を運ぶ機会も少ないと思います。
日本が誇る世界遺産「日光東照宮」の魅力をお伝えすると同時に、周辺観光までしっかりチェックします。これで東照宮に行ったときにより楽しめるようになりますので、最後まで見逃さないようにチェックしてくださいね。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

「日光東照宮」に行く前に知っておこう!

料金や拝観できる時間は?

料金や拝観できる時間は?

image by PIXTA / 21046164

日光東照宮の拝観料金と時間をチェックしておきましょう。

期間によって異なるので、行く日を確認して間違いのないようにしましょう。

4月1日 ~ 10月31日は、午前8時から午後5時まで。

11月1日 ~ 3月31日は、午前8時より午後4時までとなっており、日が短い期間は拝観できる時間も短めです。

それぞれの期間ともに、受付は閉門30分前に終了しますので、早めに向かいましょう。

次に料金をチェックしましょう。

大人・高校生は1,300円、団体は35名以上で1,170円。

小・中学生は450円、団体では405円となっています。

大人は少し高めの料金ですが、世界遺産に登録されたスポットですので、納得の値段かもしれませんね。

あの徳川家康が祀られた神社!「日光東照宮」ってどうやってできたの?


ちょっと歴史の勉強のお時間です。

徳川家康が日光に祀られることになったのは、遺言の中に「遺体は久能山におさめ、一周忌が過ぎたならば、日光山に小さな堂を建てて勧請し、神としてまつること。
そして、八州の鎮守となろう」と記していました。

家康が目指した「八州の鎮守」とはなにかというと、現代で言うと「日本全土の平和の守り神」にあたります。
日光は江戸のほぼ真北にあたる場所にあります。

家康は、みんなを見守っている北極星の位置から、徳川幕府の安泰と日本の永久的な平和を守ろうとしていたのです。

日光東照宮は陰陽師の影響を受けていて、なんと、本殿前に建っている陽明門とその前の鳥居を中心に結んだ上空に北極星が来るように造られています。
とっても素敵なお話ですよね。

さらに、その線をたどって真南に行くと江戸へ着くようになっていて、主要な建物を線で結ぶと北斗七星の配置とほとんど変わらぬように設計されていると言われています。

そのため、陽明門前の写真店屋さんのある周辺が、日本で最大級に運気の強い場所と言われています。
パワースポットとしても訪れたいですね。

このような歴史があります。
世界遺産に認定される訳が少しわかった気がしますね。

首都圏から「日光東照宮」へのアクセス手段や時間は?

ちょっと遠い!?と思われがちな日光東照宮ですが、交通アクセスがしっかり整っているので、下記を参考にお好みの移動手段でいらしてくださいね。

電車でのアクセス

浅草~東武日光(特急けごんを利用の場合)所要時間は約1時間50分で到着♪

浅草~下今市~東武日光(特急きぬ+各駅停車を利用の場合)所要時間は約1時間50分♪

浅草~東武日光(東武鉄道快速を利用の場合)所要時間は約2時間5分♪

新宿~東武日光(JR特急日光を利用の場合)所要時間は約2時間♪

このように、だいたい2時間で日光東照宮まで行くことができます。
ここでは東武線(私鉄)を中心にお伝えしましたが、もちろんJR日光線でも行くことができます。

ですが、JR宇都宮線からJR日光線に乗り換えてさらに45分かかることから、移動時間の効率化を考えると私鉄利用がおすすめです。

ドライブで行く場合の主要ルートや、「日光東照宮」の駐車場は?

車でのアクセスの場合は、比較的簡単に行くことができますので、免許を取ったばかりで頑張って行ってみようかな…と思っている方でも安心して運転することができます。



主要ルートをお伝えします。

東北自動車道宇都宮ICから日光宇都宮道路を経由します。
日光ICで下りると看板が出てきますので、その看板に従っていけば到着というなんとも簡単なルートなんですよ。

距離にして、日光ICから2kmなので観光スポットとしてはアクセス抜群ですよね。

そして、車で行くと避けることのできない駐車場ですが、200台駐車可能な駐車場があって、そこは通年利用可能です。
普通車は600円、バイクは400円料金がかかりますので、準備しておいてくださいね。

バスで楽々観光!「日光東照宮」周辺を賢く回ろう!

日光東照宮から周辺の観光スポットは、バスで回ることができます。
これは、電車などでお越しの方にはとってもありがたいサービスですね。
バス手などの詳細はここでは触れませんが、どこの方面に行けるのかをしっかりチェックしましょう。

まず、「湯元方面」。
温泉に入りたい!宿泊していこうかな…そんな気持ちになったときはこちらの方面に足を運びましょう。
具体的な観光スポットは、日光山輪王寺・二荒山神社・華厳の滝・竜頭の滝など、日光を代表する観光スポットに行くことができます。

次に「霧降高原」。
霧降の滝・キスゲ平など、日光の奥の方に向かうことができます。
夏は避暑地としても有名ですので、涼しくなりたいときにはぜひどうぞ♪

「日光東照宮」のグルメと言えば?

日光東照宮のグルメという代表的な物はありませんが、やはり日光の有名グルメと言えば「ゆば」。
さしみとして食べたり、お吸い物として楽しんだり、サラダにも変身したり、さまざまな姿に変身します。

日光東照宮周辺にもゆばを楽しめるスポットがありますので、日光に来たのならぜひゆばを楽しんでいってくださいね★

「日光東照宮」を経由して行ける他の観光スポットは?


日光東照宮を経由して行くことができる、他の観光スポットはたくさんあります。
このあと詳しく各スポットの特徴や見どころなどをご紹介していきますので、主なスポットを簡単にお伝えします。

・日光江戸村

・華厳の滝

・竜頭の滝

天気にご用心!服装で注意することは?

日光は気温差が激しいスポットでもあります。
夏は首都圏よりも比較的涼しい日が多い時期がありましたが、東照宮周辺は気温はほとんど変わらなくなってきました。

それでも涼しく感じる時があるのは、湿度が低いから。
日が落ちると急に寒く感じますので、もし夕方以降にも外にいる場合は、薄手の羽織りものを持っているとベスト。

紅葉の時期から寒暖差は激しくなります。
日光は紅葉の名所で、日光東照宮周辺でもきれいな紅葉をみることができますので、もし秋に訪れる際はコートを持っていってもいいくらいです。

そして冬はとっても寒くなります。
首都圏から来る方は特に万全の格好で、できるだけ肌を出さない服装を心掛けてくださいね♪

「日光東照宮」おすすめの日帰りコースはこう!

朝の出発は早めに行きましょう!

首都圏から出発する場合は、朝9時くらいには遅くても出ていたいところ。
電車の場合は渋滞がないので10時すぎでも問題ないですが、車の場合は日光市内で渋滞する場合や、高速道路の渋滞も考えなくてはなりません。

高速道路での休憩は、「羽生PA」「佐野SA」がおすすめ。
グルメが充実していますので、立ち寄りやすい上に首都圏から来るとちょうど真ん中くらいの位置にあたります。

休憩を挟みながら日光市内を目指しましょう。

お昼の前に日光東照宮へ行きましょう


日光東照宮は拝観時間が決まっていて、先ほどお伝えしたように午後4時または5時となっていて、受付はそれぞれ30分前となっています。
首都圏から日光まで行くと到着はお昼になるので、先に参拝しましょう。

ゆっくり回ると1時間半から2時間は簡単に過ぎてしまうので、例えば東照宮に12時に着いたとして、すべて見終わるのは14時。
これがお昼を挟んでしまうと、拝観時間を気にしながら回ることになるので、ちょっともったいない。

そんなことにならないために、先に東照宮へ行きましょう。

拝観が終わったら、東照宮周辺でランチを楽しみましょう

さて、拝観が終わるとお腹もいい感じに空いていますね。
そこでおすすめは、日光東照宮周辺のランチ★このあとおすすめのスポットをたくさんご紹介します。

東照宮の後、他のスポットへ行く予定のある方は目的地の近くのスポットで済ませてもよいですが、東照宮周辺は自然が豊かで環境がとてもいいので、ぜひここでお食事をすることをおすすめします。

夜は滝の音に癒されてみては?

「え!?夜に滝に行くの?」そうですよね、びっくりしますよね。
実は、夜に日光の有名な滝のそばに行くのも実は穴場なんです。

もちろん人は少ないですし、暗くなっているので景色を楽しむことはできません。
ですが、滝の音に集中するので、癒しの効果を期待することができます。

心地よいいい音色で、私は実は仕事で疲れた時に行くこともあるんですよ。
とっても心が癒されて、明日からまた頑張ろうという気持ちになれます。

ぜひみなさんにも同じ気持ちを味わって頂きたいなぁ…と思っています。

帰りは高速道路も空いていることが多いですが、土日祝日などのお休みは、佐野ICでアウトレットの帰りの渋滞に巻き込まれやすくなりますので、16時から19時に佐野周辺を通過しない時間を調整してみてください。

「日光東照宮」と一緒に回れる観光スポットはここ!

忍者になった気分を体験しよう「江戸ワンダーランド 日光江戸村」

江戸の町をテーマにしたテーマパークでかつてはCMも放送されていました。
テレビの撮影で使用されたこともある、有名なスポットです。

忍者になった気分を体験できるアトラクションや、江戸時代にタイムスリップしたようなイベントなど、大人も一緒に楽しむことができます。

アトラクションはもちろんですが、江戸の街並みをしっかりと再現していますので、江戸の街並みを楽しみながら園内を楽しむこともここのスポットならではの楽しみになっています。

どこか遊ぶスポットはないかな…とお困りならば、こちらのスポットは日光のおすすめ観光スポットです。

世界旅行にいってらっしゃい「東武ワールドスクウェア」

世界旅行にいってらっしゃい「東武ワールドスクウェア」

image by PIXTA / 12548892

世界旅行をお金をかけずに楽しめる!?信じられないような夢の時間を過ごすことができるのが、「東武ワールドスクウェア」。

世界の有名なスポットのミニチュアの模型が忠実に再現されていて、世界遺産などがここでたくさん楽しめます。

とにかく本物そっくりに作られているので、見る角度によっては、「この建物ってこんな造りだったんだ!」と新しい発見をすることも。

入場料は少し高いですが、手軽に海外旅行に行ったような気分を味わえますので、ぜひ足を運んでみましょう。

元祖日光の観光スポット「日光猿軍団」

2015年に再開したお猿さんのアミューズメントパーク。

しばらくお休みが続いていたスポットですが、パワーアップして帰ってきました。

すでに足を運んだことがある方もいらっしゃると思います。
まだ足を運んだことのない方にご説明すると、「お猿さんの学校で、先生との掛け合いがおもしろい」舞台を見ることができます。

もちろんその面白さは健在で、パワーアップしたお猿さんのパフォーマンスが楽しめる、おすすめの観光スポットです。

閉園が夕方ですので、お昼過ぎには向かいましょう。

紅葉の時期は外せません「明智平」

いろは坂にある「明智平」。

ロープウェイがあって、紅葉の季節には高い位置からきれいな紅葉を見ることができます。

紅葉を見るだけでなく、ドライブの疲れを癒せるスポットにもなっていて、いろは坂を通るドライバーさんに利用されています。

標高1473mの展望台から、男体山と華厳ノ滝、そして中禅寺湖などを見ることもできますので、隠れた人気スポットです。

「ここにきて良かった」と思える景色が広がっていますので、ぜひドライブがてらに立ち寄ってみましょう。

「日光東照宮」周辺でおすすめのランチはここ!


東照宮の裏にあるレストラン 明治の館

東照宮の裏にあるレストラン 明治の館

image by PIXTA / 8975986

東照宮からすぐ近く。
なんと裏にある洋風レストラン。
大きな庭があって、昭和のレトロな雰囲気を漂わせている素敵な雰囲気のレストランです。

カレーやグラタン、ハンバーグなど、みんなが大好きな洋食が食べられます。
おすすめはチーズケーキ。
甘さがすっきりとしていて、レモンの酸味がアクセント。
後味すっきりで甘いものが苦手な方でも安心です。

手打ちのそばが特徴 魚要

こちらの蕎麦屋さんの蕎麦は、手打ちで平べったいのが特徴。
おすすめはお店の名物「元祖湯波そば」。
厚くて歯応えのあるゆばに、ゼンマイを包んだものと高野豆腐を包んだものがそばにのっています。

少し濃いめのダシがそばとの相性抜群で、濃いめの味が好きな方ははまってしまうこと間違いなし。
お店の中はとても落ち着いていてゆったりとしています。

ゆっくりと食事を楽しみたい時にぜひお越しください。

カフェならここ!日光珈琲


日光東照宮までの大きい通りをずっと歩いていくと見えてくる分かりやすいところにあるカフェ。
古民家のような造りになっているので、ぱっと目に入ります。

コーヒーやシフォンケーキなどのカフェメニューはもちろんのこと、オムライスなどのご飯類もありますので、しっかり食べたい時も、ちょっとお茶をしたい時にもおすすめのお店です。

ゆばを楽しむなら 油源

東照宮までの参道沿いにあるので、東照宮から近いところでゆばを楽しめる絶好のスポット。
どのゆばのお料理もおすすめなのですが、ぜひ食べて欲しいゆば料理は「ゆばの刺身」。

お料理のバリエーションもたくさんあって、さらにボリュームも満点★がっつり食べたい時にも足を運びやすいスポットなので、ぜひ参拝の時にいらしてくださいね。

御朱印好きにはたまらない!「日光東照宮」めぐりでゲットできる御朱印はここ!


日光東照宮 奥宮

眠り猫を通り過ぎて、長い石段を登ったところにある奥宮。
ここには家康公のお墓があって、東照宮の中でも強い力を持っているスポットと言われています。

ここで書いていただける御朱印は、書き置きのものですので参考にしてください。

日光東照宮 薬師堂(本地堂) 鳴竜

東照宮内にある薬師堂。
もちろんこちらでも御朱印をいただけます。
「鳴竜」と言うとピンとくると思います。

御朱印は、鳴竜の鳴き声、正式には鈴の音を聞いた後、出口付近で頂くことができます。
「鳴竜」と書かれているのが特徴的ですね。

後利益ありそう!「日光東照宮」で購入できるお守りはこれ!

これから紹介するお守りは、予告なく値段が変更になる場合もあります。
値段は参考としてご覧ください。

鈴鳴龍守

もっとも有名なお守りのご紹介です。
鈴は邪を祓う効果があると言われていますので、カバンやランドセル、車の中に付けておくといいかもしれませんね。

限定で販売しているゴールドバージョンは2000円、通常版の水色ピンク色などは1000円となっています。

期待できるご利益は、「鈴の音色により、邪を打ち払う魔除けの効果」。
自分の身を守ってくれるお守りです。

日光東照宮と言えばこのお守り 眠り猫のお守り


日光東照宮で人気の高いお守りです。
眠り猫のかわいいお守りなので、女性に特に人気が高いお守り。
値段も600円と手が出しやすいので、お土産に購入する方もいます。

期待できるご利益は、「猫まねきによる招き福と開運」。
猫をモチーフにしているお守りらしいご利益ですね。
持っているだけで不思議と安心感があります。

奥社限定のお守りなら 叶え杉お守り

こちらのお守りも日光東照宮を代表するお守りです。
3色あって、どれも500円とワンコイン。
お守りは値段で決めるものではありませんが、手に取りやすい価格は人気の秘密です。

期待できるご利益は、「願いを告げ続けると叶う」と言われています。
「叶えすぎ」とかけているところもユニークで親しみやすいお守りですよね。

徳川と言えば…印籠守り

徳川と言えば、現代でもなじみがあるのが「水戸黄門」。

徳川光圀は副将軍の位置づけながら、将軍に昇格した方でもあります。

このお守りを持っていると、自分の身が危なくなったときにお守りの力が私たちを助けてくれるかもしれませんよ。

値段は1000円です。

期待できるご利益は、「身体健全、交通安全の効果」。
身体が元気でなければ何もできないですからね。
大切なお守りです。

こちらも有名!三猿お守り


日光東照宮と言えば三猿は外せないですよね。
その三猿をモチーフにしたお守りもあります。
手のひらに収まるサイズで、しっかりと私たちにご利益をもたらしてくれます。

値段は700円。
期待できるご利益は「身体健全、厄除け開運、交通安全、学業成就の効果」受験の学生さんにも人気のお守りです。

いよいよ観光も終わり…「日光東照宮」のお土産はこれ!

湯沢屋の「元祖日光酒饅頭」

「お土産も冒険しないで、みんなに喜ばれるものを探している」そんな方にぴったりのお土産は、やはりまんじゅう。

この酒饅頭は歴史があって、大正天皇に献上したことがあると言われているまんじゅう。

酒饅頭は麹の発酵の力を利用して皮を膨らませる作り方なので、食べる時にお酒の香りがほんのりとします。

昔は発酵食品として扱われていたので、これを食べると長生きするとも言われていました。

長生きを願ってお土産に購入される方もいらっしゃいます。

日光ゆば


やっぱり日光のお土産で外せないのは「ゆば」。

ゆばはご存知の方も多いですが、大豆の加工品のひとつで、豆乳を作ったときの表面の薄い膜がゆばにあたります。

日光のゆばの特徴は、は何重にも巻き上げて作るので、丸くボリュームがあって食べごたえがあります。

実はゆば漢字をあてると、京都のゆばは「湯葉」なのに対し、日光のゆばは「湯波」と書く違いがあり、京都のゆばが平たいのに対して、日光のゆばが波のように何回も巻いている様子が漢字で表れています。

食べ方がたくさんあってどういうふうい食べようか迷ってしまうこちらのゆばは、ポン酢でシンプルに食べるのがおすすめ。

他にはわさび醤油など比較的シンプルな味付けが地元では人気です。
味付けがシンプルなので、ゆばの味もいっしょに楽しむことができますよ。

揚げゆばまんじゅう

「ゆばを食べるのは苦手だけれど、挑戦してみたい!」そんな方にぴったりのお土産はこちら。
さかえやの「揚げゆばまんじゅう」!

昔から人気があるお土産で、「王様のブランチ」や「恋するハニカミ」など多くのメディアで紹介されてから人気急上昇。

「食べやすい」「おいしい」と評判です。

ゆばが苦手な方が多いのは豆乳の感じがあるからなので、その豆乳の香りを感じにくくして、ゆばが苦手な方でも食べやすくしています。
食べやすいと評判で、何個でも食べたくまります。

甘さも控えめで、お茶との相性がいいのでお家でまったりと食べてみると日光の思い出も思い出せること間違いなしです。

世界遺産を肌で感じよう♪

世界遺産である「日光東照宮」の魅力をお伝えしましたが、いかがでしたか?知っているようで知らなかったことがたくさんあったと思います。

アクセスもよいところなので、ぜひいらしてくださいね。
きっと素敵なご利益があると思いますよ。
photo by PIXTA

ごん

Writer:

年に数回ですが、ディズニーに遊びに行きます。泊まりで行くことも日帰りで行くことも多く、アトラクションメインで楽しんでいます。食べることも好きなので、グルメもたくさんの種類を食べています。少しでもディズニーを楽しめるような情報をお伝えしていきますね。 そして、ディズニーの他にも、栃木と群馬が大好きでよく旅行や温泉を楽しみます。グルメやショッピングスポットのおすすめの紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のカテゴリ

国内
栃木県
関東

国内の記事を見る

洋と和が混ざり合った港町神戸の歴史観光スポット12選
幕府が大名統制のために作った基本法令「武家諸法度」とはどんなもの?
地元民が伝授!栃木県「中禅寺湖」の観光完璧ガイド
奈良の空に映える「吉野千本桜」を楽しもう
「天下第一の桜」はやはり凄かった!一生に一度は見るべき!「信州伊那高遠さくら祭り2017」
地元民が伝授!仙台のおすすめカフェ・ランチはここ!30選
三重県観光なら「御在所岳」は必見!行き方や予算、営業時間は?
【京都観光完璧ガイド】八坂神社の観光の前に知っておこう基本情報や季節のおすすめ
地元民が伝授!愛知県の観光完璧ガイド
親子で楽しめる!富士山周辺日帰りスポット10選
奈良県観光なら「興福寺」は必見!行き方や予算、営業時間は?
山全体が桜色に!“世界遺産”にして“日本一の桜の名所“「吉野山」に行ってきました!

関連記事を見る