地元民が伝授!栃木県「あしかがフラワーパーク」の観光完璧ガイド

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」。春には藤の花、冬にはイルミネーションが楽しめるスポットで。関東ではかなり有名になってきています。

そのため、周辺知識を知っておかないと駐車場に困ってしまったり、移動手段や渋滞にはまってしまったり、せっかくの旅が台無しになってしまいます。

そんなことにならないためにも、事前にしっかり知識を頭に入れておいてくださいね。

あしかがフラワーパークの観光に行く前に知っておこう!

あしかがフラワーパークってどんなところ?なにが有名?

あしかがフラワーパークってどんなところ?なにが有名?

image by PIXTA / 28127834

栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園した観光スポットです。
開園以来 「250畳の大藤」 として愛されていましたが、堀込町が都市開発するため、1997年に現在の足利市迫間町(はさまちょう)に移設し、「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしました。

元々湿地帯だった場所に移設したため、園内には 250トン を超える量の炭を敷き詰めて、土壌の浄化、活力を高めて、環境を整えて活性化を図りました。
園内を広くする整備も進んで、現在は94,000平方メートル の敷地面積になっています。

あしかがフラワーパークのシンボルである大藤は、日本の女性樹木医第1号である、塚本こなみ氏によって移植されました。
大藤は当時樹齢130年と言われていて、そのの移植は前例がありませんでした。
常識を超えた移植プロジェクトは全国から注目を集め、日本で初めての成功例として語り継がれています。

大藤 4本(野田九尺藤3本、八重黒龍藤1本)と80メートルにおよぶ白藤のトンネルは、栃木県天然記念物に指定されています。
これらが見頃を迎える4月中旬から5月中旬の1ヵ月間は、「ふじのはな物語~大藤まつり~」が開催されます。
また、10月下旬より開催されるイルミネーション 「光の花の庭」は、「夜景コンベンションビューロー」が認定する関東三大イルミネーションに選ばれました。

2016年には、全国4800名の夜景鑑賞士が選ぶ全国イルミネーションランキングで、イルミネーション部門で全国1位を獲得しました。
四季折々、数多くの花々で彩られていて、年間で100万人以上の方が訪れます。

季節は、それぞれの景色、表情が変わっていきます。
ここにある花や木は主役です。
あしかがフラワーパークは、花や木を通してその季節感あふれる庭を園内に造っています。

ここには、藤の花という柱があります。
うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤、開花を少しずつずらしながら、最後まで飽きずに楽しめるような工夫もされています。

首都圏からあしかがフラワーパークへのアクセス手段や時間は?

まず車でのアクセスからご説明します。

【東北自動車道より】

佐野藤岡ICより、国道50号線に乗って前橋・足利方面へ向かってください。
目印がないのですが、案内看板が随所に出ていますので、矢印に従って進んでください。
時間は約18分。

【北関東自動車道より】

・太田桐生ICより、国道122号を経由して、国道50号線足利・小山方面へ。
時間は約20分。

・足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面へ。
時間は約15分。
地元の道のため、混雑することもあります。

・佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面へ進みましょう。
時間は約12分で到着します。

所要時間はあくまで目安です。
大型連休などは混雑しますので、時間に余裕をもって移動しましょう。

【電車の場合】

・東武伊勢崎線ご利用の場合は、は久喜駅にてJR宇都宮線(東北本線)に乗り換えて、小山駅より両毛線を利用して、富田駅で降りましょう。

・JR上野駅からもJR宇都宮線で小山乗り換えです。
JR両毛線「富田」駅より徒歩13分で到着。

富田駅からの徒歩ルートです。
目印が少ないので、信号などを頼りに進んでください。

1.富田駅から南に歩いて信号を右折。

2.富田郵便局まで道なりに進んで、信号機の横断歩道を渡って左折。

3.線路の高架下をくぐると到着です。

東武伊勢崎線「足利市駅」からはシャトルバスが出ていますので、ぜひ活用しましょう。

ドライブで行く場合の主要ルートや、あしかがフラワーパーク周辺の駐車場は?

ドライブで行く主要ルートは、東北自動車道がメイン。
佐野藤岡インターで降りて足利方面に行くルートが便利です。
気を付けることがあります。

まず佐野藤岡インターを降りてから、国道50号線をまっすぐ行きたくなるのですが、途中で旧50号線に入る必要があります。

国道50線のままですと遠回りになってしまうからです。
インターを降りると3車線になっていますが、1番左はアウトレットに行く左折専用車線になりますので、真ん中か追い越し車線を走るようにしてください。

足利フラワーパーク周辺の駐車場ですが、周辺には駐車場がありません。
そして、抜け道もほとんどないので、可能でしたら公共交通機関で向かうことをおすすめします。

あしかがフラワーパーク、ぐるっと見て回ると所要時間はどのくらいかかる?

あしかがフラワーパーク、ぐるっと見て回ると所要時間はどのくらいかかる?

image by PIXTA / 15402101

所要時間の前に雑談を少し…。

あしかがフラワーパークの大藤は本当に見事!顔にかかるくらいに垂れ下がる藤の花と香りは、ここでしか楽しめないですよ。

藤以外にも、ツツジ・ルピナス・ネモフィラ・キンギョソウなど、多くの花が咲き誇っています。
ベンチがところどころに置かれているので、座ってゆっくりと花を眺めることもできます。

花の好きな人なら1日中いても、飽きることなく楽しめます。

さて、本題に戻って所要時間がどのくらい必要かということです。
一般的には、2時間もあれば十分見て回れます。
ですが、人が多くて十分に見られなくて引き返したりしていると、3時間くらい考えていると安心です。

3時間ぐらいあれば、余裕を持ってパーク内全体をゆっくり見られますし、ソフトクリームや軽食を食べる時間もとれてより楽しめます。

パラソル付きのベンチもたくさんありますので、日差しを避けて快適に休むことができますよ。

料金は?割引はある?

あしかがフラワーパークの入場券には、割引などお得なチケットがあります。
コンビニで前売り券も販売しているので、チェックしてもいいですね。

まずはイルミネーションの時の情報から。
夜の部は、イルミネーション限定の前売り入園券になります。
前売りで買っておくと、チケット売場に並ばず入園することができます。
スムーズで楽ですよ。
通常は大人800円が前売り券で750円に!小人は400円が前売り券で350円!お得ですね。

お取り扱いをしているコンビニですが、

・セブンイレブン、ローソン 、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK・サンクスとなっています。
毎年変更があるので、公式ホームページはチェックしてくださいね。

次に藤の時期。
開催期間は毎年4月中旬から5月下旬まで。
目安になる営業時間は、7:00~18:00。
(ライトアップ時は21:00まで開園しています。)気になる入園料ですが、大人が900円~1,700円/子供が500円~800円と日によって値段が異なります。
ライトアップ開催期間は4月下旬から5月中旬まで開催しています。

夜の部の営業時間は17:30~21:00ですので、ライトアップを狙うならこの時間。
夜の部の入園料は、大人が600円~1400円/子供は300円~700円となっています。

4月下旬からは園内のライトアップ予定しています。
藤の花をメインに、ツツジやシャクナゲなどが光とコラボレーションして、幻想的な空間を提供しています。
夜の部にご入園の方は、昼の部よりも300円お得に入園できますので、もし少しでも安くしたい時には参考にしてください。

さらにお得なのが、メール会員に登録すること。
登録すると夜の部が200円割引になる特典があります!

例:昼の部大人1700円の場合→夜の部1400円に。
※メール会員に登録して割引券を持参すると…昼の部で大人1700円の場合→夜の部は1200円。

昼の部に比べて最大で500円の割引が受けられて、とってもお得です!







どんな藤の花が楽しめるの?

純白♡「白藤」

純白♡「白藤」

image by PIXTA / 28127829

文字の通り白い色の藤です。
真っ白できれいな藤は、写真に生える色になっています。
見頃は5月上旬頃ですので、GWにちょうど時期があたりますね。

花言葉は「決して離れない」という素敵な言葉。
藤色の蝶形花より遅れて、晩春になると短いつるにつけたつぼみがふくらんで、白い花が長く垂れ下がった花房の基部から次々と優美に咲きます。

なかなか見られない藤の色なので、ぜひあしかがフラワーパークで見てくださいね。

ポップな色です「きばな藤」

ポップな色です「きばな藤」

image by PIXTA / 15777403

こちらも珍しい藤で、色は黄色。
見頃は5月上旬~中旬で、先ほどの白い藤の見頃とまた異なります。

城の藤に合わせてくると、きばな藤はまだ満開でないので、少し時期をずらして再度足を運ぶ方もいます。

長さ80メートルのトンネルがあって、夢の中にいるみたいですよ。

藤と言えば「大藤・うす紅藤」

藤と言えば「大藤・うす紅藤」

image by PIXTA / 15402088

公式ホームページや写真で見る藤がこの藤にあたります。
見頃は4月下旬~5月上旬!白藤と一緒に見ることができます。
しかも、栃木県の天然記念物になっています。

ライトアップされると透き通った藤が昼間とは違う輝きを放っていて、うっとりしてしまいます。

次のページでは『藤の時期はどれくらい混むの?』を掲載!
次のページを読む >>