【兵庫県】コウノトリ舞う但馬、小京都・出石(いずし)で皿蕎麦を

1970年代、「an・an」や「non-no」を片手に旅に出る、という流行の波が押し寄せ、「小京都」と呼ばれる街はアンノン族で溢れかえるようでした。

ここ兵庫県豊岡市出石町もそんな「但馬の小京都」、出石藩五万八千石の城下町です。

「出石には昔の都(京)言葉がそのまま残されている。」と高校の古語の先生が言っていた、とご人。城下町のまま、国鉄も通さずに残された「小京都」だと。

そんな「小京都」と、同じ豊岡市にあるコウノトリの郷に、絶滅から甦ったコウノトリの舞う姿を見に出かけましょう。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

出石散策はまず出石城から

101435:出石散策はまず出石城から

撮影:iti

こんにちは。
20年前に大阪から滋賀県高島市朽木小川に移住した榊 始(iti)と妻(ご人)です。

ここ出石は、ご人が高校時代、練習試合でよく訪れたところだそう。
どれだけ昔?

今日は滋賀県高島市朽木小川の我が家から妻の実家のある養父市に向かうコースを。

湖西から若狭に出て、小浜ICから舞鶴若狭自動車道に乗り、福知山ICで下り国道9号へ。

国道9号をしばらく走ってから国道426号に入り、北方面に走ると豊岡市但東町から出石町に。

結構長いドライブですよ。

出石へのドライブ中、寄り道のカワイイ!

101436:出石へのドライブ中、寄り道のカワイイ!

撮影:iti

国道426号、但東町方面に走っていて、チョッと気になる「カワイイ」を発見。
通り過ぎてから、引き返しましたヨ。
101437:

撮影:iti

気になったのは、たくさんの人形。
それも、まるでみんなで遊んでいるようで、楽しそう。

「里の駅みたけ」、福知山市字一の宮にある小さな農産物販売所兼休憩所、という感じかなぁ。

「地元のご婦人方が、お人形作りで過疎化が進んだ町に昔の賑わいを戻せたら」と。

5万8千石の出石城跡に上りましょう

ようやく到着した出石城、江戸時代「一国一城令」により、但馬地方唯一のお城でした。

でも、明治になり「廃城令」でお城は取り壊しに。

堀や石垣そして辰鼓楼だけが残されました。

101438:

撮影:iti

駐車場から遊歩道を歩くと、復元された出石城跡に登る登城門・橋が。

出石城跡に入ります。

101439:

撮影:iti

石垣に沿って登った広場に隅櫓が再建されています。

この城跡、三の丸・二の丸の広場は残っていますが、お城は再建されていません。







101440:

撮影:iti

三の丸広場を通り抜けた左手に伏見稲荷を髣髴とさせるような赤い鳥居の列。

階段を登りつめた先、右手に稲荷神社があります。

101441:

撮影:iti

左手には、最初の城跡がある有子山への登山道が。

でも、「熊出没のため、入山禁止」になっていました。

101442:

撮影:iti

稲荷神社からは、出石の街並みが一望でき、イイ眺めです。

夏の風物詩、出石焼の風鈴が涼しい谷山川

101443:夏の風物詩、出石焼の風鈴が涼しい谷山川

撮影:iti

登城門の手前に架かる橋付近には、出石焼の風鈴がたくさん連なって吊るされて、涼しげな音色を奏でています。
次のページでは『お城に続く大手門通りはお蕎麦屋さん通り』を掲載!
次のページを読む >>