明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?

「明石城」のある明石市は、東経135度にある日本標準時にあります。瀬戸内海の明石海峡をはさんで淡路島が展望できる風光明媚な場所でもあります。現在ある明石城は、江戸時代にできました。町割りなどの都市計画は、かの有名な「宮本武蔵(みやもとむさし)」が行ったといわれています。
歴代のお殿様は、徳川家の親戚の「松平(将軍と御三家以外は「徳川」を名乗れなかった)」さんでした。ここまで書くと「ふーん、そうなんだ」という方もおられるかもしれませんが、なんと明石城は江戸時代になる前に、もうひとつあったと知っていますか?そこには「豊臣秀吉(とよとみひでよし)」がやってきたという記録もあります。
いったい明石という街は、どんなところなのか、そこに建つ明石城ってどんなものなのかと知りたくないですか?

明石藩ができるまでの明石ってどんなところ?

明石藩ができるまでの明石ってどんなところ?

image by PIXTA / 31038870

まず、明石とはどんなところなのか紹介しましょう。

日本の歴史教科書を開くと、一番最初に出てくるのは「明石」だと知ってますか?

それは「明石原人」に「明石象」です。
明石原人の骨は戦災で燃えて現物はありませんが、明石象の骨は「明石文化博物館」に展示されています。
その他にも珍しい日本の歴史の凝縮したような展示がありますので、もし一度明石に行かれたらのぞいてみるのもいいかもしれません。

大和朝廷の時代から、明石と淡路島との間にある「明石海峡」は「大門」といわれています。
西へ行く時この海峡を過ぎれば大和が見えなくなり、西から帰ってくる時この海峡までくると大和が見えることから名づけられたそうですね。
ちょうどゲートのように思えたのでしょう。
この風景を「柿ノ本人麻呂(かきのもとひとまろ)」や「松尾芭蕉(まつおばしょう)」などが作品を作っています。

もうひとつの明石城

もうひとつの明石城

image by PIXTA / 29953060

城としてはじめて登場するのが平安時代。

明石郡の大領(朝廷から任官された長官)だった「明石氏」が「枝吉城(えだよしじょう)」を造ったのが始まりといわれています。

時は過ぎて「豊臣秀吉」の時代。

関白になった秀吉は「天正の国替え」と呼ばれる大規模な国替えをします。
それまで支配していた「明石則実(あかしのりざね)」に代わって、キリシタン大名で有名な「高山右近(たかやまうこん)」が「高槻城」より明石に来て枝吉成に入り「船上城(ふなげじょう)」を建築・町割りをして、1586年には完成したのではないかといわれています。
しかし1587年に高山右近はキリスト教を禁じる「バテレン禁止令」によって追放されてしまいました。

1592年3月、朝鮮出兵のために作った九州の「名護屋城(なごやじょう)」に向かう途中に船上城にやってきた秀吉は、土地の語源ともいわれる「林崎」の沖にある「赤石」を船に乗って見学したという記録があります。
「関ヶ原の合戦」の後は「姫路城」の管轄になりますが、「大坂の陣」が終わると姫路城主だった「池田輝政(いけだてるまさ)」が「鳥取藩」の藩主として移動したため、信州松本城の「小笠原忠真(おがさわらただざね)」が船上城に入り「明石藩」ができました。

現在の明石城は江戸時代の建築

現在の明石城は江戸時代の建築

image by PIXTA / 21321856

徳川幕府が、1615年に1つの国に1つの城を作るという「一国一城令」を出しました。

1617年に小笠原忠真が船上城に入ります。
その時に姫路城の管轄から独立しました。
池田輝政の後に姫路城主になったのは、徳川四天王と言われた「本多忠勝(ほんだただかつ)」の長男の「本多忠政(ほんだただまさ)」でした。
小笠原忠真の奥さんは本多忠政の娘でしたので、そのあたりはスムーズにいったのではないかと思います。

その年に、二代将軍の「徳川秀忠」が「譜代大名(関ヶ原の合戦以前から徳川の味方だった大名)である小笠原が入ったからには、新しく、10万石にふさわしい城郭を作るように」という命令を出したのでした。

建築地が決まるまで

建築地が決まるまで

image by PIXTA / 13575100

小笠原忠真は、義父でもある本多忠政と相談しながら建築の準備をはじめます。

候補となったのは3カ所でした。
塩屋町(神戸市垂水区塩屋町)・かにが坂(明石市和坂)・赤松山(人丸山とも)。
赤松山には「鴻ノ池(現在は剛ノ池)」と呼ばれる29,000㎡の広さの池があり、城を防備するのに役に立つということで決定したといわれています。

この山には現在の「楊柳寺(現在の月照寺)」という曹洞宗のお寺があり、その裏には古墳があったといわれています。
郷土歴史家の「大西昌一」氏によると、明石市立図書館(2017年に駅前ビルに移転して、現在は「明石ふるさと図書館」)へ行く道を作るために半分に分断されているといわれました。
887年の当時の住職が「柿ノ本人麻呂の神霊がとどまっている」という神託をうけたとかで、人丸塚という祠もありました。
それで人丸山と呼ばれていたそうです。

建築準備はすごく豪華

建築準備はすごく豪華

image by PIXTA / 4994082

場所が決まると、徳川秀忠は普請奉行として派遣して、築城費として銀一千貫をくだされました。
西の大名たちがもし動いた時に、姫路と明石で食い止めようとしたともいわれています。

さて、城を作る時は他の城の資材をそのまま使ったり移転することがあります。
1つの国に1つの城なので、近くの使わなくなった「三木城」「高砂城」、明石にあった「枝吉城(しきつじょう・現在は神戸市西区枝吉)」、元々のお城である「船上城」の木材を使用して着工。
城の裏鬼門(南西)に作った「坤櫓(ひつじやぐら)」は伏見城、鬼神も善神もくるという方角(東南)に作った「櫓巽(たつみやぐら)」は船上城の木材が使用されたといわれています。

いよいよ建築

いよいよ建築

image by PIXTA / 33899827

城郭の形は、本丸に城主の3階建ての居館と、坤櫓(桁行6間・梁間5間・高さ7間2尺9寸。
入母屋根造・妻部は南北に向く)と、櫓巽(桁行5間・梁間4間・高さ7間1寸。
入母屋造・妻部は東西に向く)と、北東の艮櫓(1881年に解体)・北西の乾櫓(1901年に解体)。

最初の予定では天守閣を作る予定だったのが台石まで積まれたのに建設されず、坤櫓が代用されていたといわれています。
本丸を中心にして東側に「二の丸」とその東隣に「東の丸」、南側に「三の丸」、西側に「稲荷郭」が配置されました。

本丸・二の丸・東の丸は明石城の核になる部分で、そこの石垣・土塁・堀などは徳川幕府が担当して、三の丸と町屋は小笠原氏と徳川幕府の共同事業として進められました。

城下町はどのような形?

城下町はどのような形?

image by PIXTA / 33010466

町割りなどの都市計画は、姫路城主の本多家と交流があり、明石藩の客分として滞在していた「宮本武蔵」がしたと『赤石市中記』『播磨鑑』『播州明石記録』『小笠原忠真一代覚書』という史料に残されています。
他にもお城の庭園、寺院の作庭(本松寺・円珠院・雲晴寺)をしています。
これが縁で、1626年に武蔵の養子である宮本伊織が小笠原忠真の家来となって、後に家老まで登り詰めることになりました。

さて、この町割りなのですが、さすが戦いにあけくれた武蔵らしいといえばそうなんですが、もし戦になった時に敵を混乱させるためか、目の前にあるのに行くことができないという行き止まりの道とかがあり、観光客の人に「あそこに行きたいんですが!」と道を聞かれることがけっこうあります。

また、海上交通の監視の役割もあり港が整備されました。
この大がかりな工事は、現在の中崎海岸の堤防として残っていて、今でも淡路島への船の発着場、全国にも名だたる漁港として残っています。

紫蘭

Writer:

3度のご飯より歴史が好きです。歴女というのが今メジャーなようですが、どちらかというと私は歴史ヲタクという泥臭い感じがします。

この記事のカテゴリ

兵庫県
国内
建築
歴史
近畿地方

関連記事を見る

兵庫県の記事を見る

【兵庫県】コウノトリ舞う但馬、小京都・出石(いずし)で皿蕎麦を
日本最古の名湯「有馬温泉」の愛される魅力とは
神戸の「五色塚古墳」周辺は歴史と遊びがいっぱいだった!
【神戸元町周辺の観光】「南京町」「神戸港」をめいっぱい楽しんできた!
「須磨浦山上遊園」で絶景とアトラクションを楽しもう!
洋と和が混ざり合った港町神戸の歴史観光スポット12選
【日本のマチュピチュ】春爛漫を満喫、天空の城「竹田城跡」の旅
戦国情緒を伝える天守閣の見事な佇まい「姫路城」
海の神様「海神社」は必見!えべっさんに夏祭り、秋の海上渡御祭は海の町ならではの風景です
赤穂の魅力が詰まった「赤穂市立歴史博物館」は必見!赤穂義士&塩の博士になれる!?
兵庫の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
橋の魅力を全身で感じられる「橋の科学館」は必見!地上300mの風景にドキドキ