戦国情緒を伝える天守閣の見事な佇まい「姫路城」

戦国時代に築城されて以来、現代までその姿を遺してきた名城、姫路城。そこには雄大な絶景、そして見どころが盛りだくさんです。関西を中心とした観光地専門ライターである私、賀奈川伸雄がこの姫路城の魅力をお伝えしましょう。

姫路駅から歩いて大手門へ向かう

95143:姫路駅から歩いて大手門へ向かう

撮影/賀川奈 伸雄

今回はJR大阪駅から神戸線で姫路駅へ。

目的の姫路城は、ここから歩いて20分ほど。

少々遠いですが、その道中には商店街や公園、オブジェなどもあり退屈しません。

「それでも歩くのが面倒くさい」という方は、駅から出ている『城周辺観光ループバス』を使いましょう。

94887:

撮影/賀川奈 伸雄

これが姫路城大手門。

木々の色合いが歴史を感じさせてくれます。

門の前には足軽のコスプレをした人が待機しており、観光客と一緒に写真を撮るなどしていました。

ここをくぐれば、いよいよ姫路城内部です。

姫路城の住所・アクセスや営業時間など

名称 姫路城
住所 兵庫県姫路市本町68
営業時間・開場時間 9:00−16:00(冬期) 9:00−17:00(夏期)
利用料金や入場料 大人1,000円 小人300円
参考サイト http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

姫路城のスポットページ

いたるところに遺されたエピソードの数々

94890:いたるところに遺されたエピソードの数々

写真/風景

門をくぐると、早速向こうに天守閣が。

ここまで近くに見えるとすぐに行くことができるように思えますが、そう簡単にはいきません。

敵が侵入した際なかなかたどり着けないよう、その道のりはかなり入り組んでいます。

というわけで、城の中をゆっくり見て回りましょう。

外敵から城を防衛する「西の丸」と「百閒廊下」

94891:外敵から城を防衛する「西の丸」と「百閒廊下」

撮影/賀川奈 伸雄

菱の門から「いの門」「ろの門」を通過すると、大きな庭のような場所、いわゆる「曲輪」に出ます。

ここが「西の丸」、通称「中書丸」です。

曲輪というのは、城内を囲うようにして設けられた場所のこと。

敵が入らないように壁を作り、射撃や物見を行うための櫓(やぐら)が建てられました。

この姫路城に設けられている複数の櫓は「百閒廊下」と呼ばれる長い通路でつながっています。








94893:

撮影/賀川奈 伸雄

百閒廊下の内部には、このような四角く小さな窓をいくつも見つけることができます。

これは狭間(さま)というものであり、ここから銃を出して迫りくる敵軍に射撃を行えるようになっているのです。

姫路城に残る千姫の哀しい物語「化粧櫓」

94895:姫路城に残る千姫の哀しい物語「化粧櫓」

撮影/賀川奈 伸雄

百閒廊下の終わりにあるのは「化粧櫓」。

ここには徳川秀忠の長女、千姫が休息所として使用していた部屋が遺されているのです。

千姫はわずか7歳という年齢で、豊臣秀吉の跡継ぎである秀頼と政略結婚させられました。

しかし、その後の大阪夏の陣において、祖父である家康の手により秀頼は自害させらるという悲惨な結果に。

千姫自身も燃えさかる大阪城の中を逃げ纏い、一命を取り留めました。

その後は徳川家の重臣本多忠刻の妻となり、この姫路城で暮らすようになりますが、長男の幸千代、そして夫の忠刻が相次いで死去。

夫の死に伴って出家を余儀なくされた千姫は、尼として悲しい余生を送ったと言われています。

94896:

撮影/賀川奈 伸雄

この姫路城には、他にも千姫にまつわる名所が多数存在しています。

彼女も眺めたであろう桜を愉しみつつ、それらを探してみるのもよいかもしれませんね。

次のページでは『白鷺に例えられた姫路城大天守』を掲載!
次のページを読む >>