日本一種類が多い「鳥羽水族館」は変わり種の生き物たくさん!見どころはここ

豊かな伊勢湾に面した海の都、三重県。近畿の中でも独特な地位を占めているこの場所には、ユニークな見どころを持ったスポットが数多く存在しています。そのような三重県の中から今回紹介するのは「鳥羽水族館」。数々の個性的な海のいきものを飼育展示し、たびたびメディアにも登場するこの水族館の魅力について、関西専門の観光ライターであるこの賀川奈伸雄が改めて解説いたしましょう。

鳥羽に行くなら割引きっぷで

鳥羽に行くなら割引きっぷで

撮影/筆者

まずは、鳥羽水族館のある鳥羽駅へ向かわなければなりません。

私は大阪府在住なので、少々時間とお金がかかってしまいます。

そのようなときに有効活用したいのが「鳥羽水族館割引きっぷ」。

なんと、近鉄電車で鳥羽駅に向かうための運賃および水族館の入場料がまるごとワンセットになってお得料金で購入できるのです。

京都や名古屋からこられる方も利用できるこのサービス、利用しない手はないでしょう。

ただし、前売限定発売なので、当日購入することはできない点にご注意を。

撮影/筆者

ようやく鳥羽駅に到着。

大阪から電車でおよそ2時間ほどかかりました。

水族館へと向かう前に記念写真を撮っておきましょう。

かわいい海獣たちがお出迎え

かわいい海獣たちがお出迎え

撮影/筆者

それでは、鳥羽水族館へ入場です。

撮影/筆者

まず最初に出会ったのは、ずんぐりむっくりな体がなんともかわいらしいアザラシたち。

この「海獣の王国」では、アザラシやアシカ、トドたちが元気よく水の中を泳いでいます。

彼らはとても気まぐれなのでなかなか顔を出してくれないかもしれませんが、待っていればきっと期待に応えてくれるはず。

どうしても顔を見せてくれない場合は、すぐそばの階段を降りてみましょう。

水の中から彼らの姿を眺めることが可能です。

撮影/筆者

この「水の回廊」では、人気の高い水のいきものたちが大集合。

水の上でプカプカと浮く姿がなんとも愛くるしいラッコは、どの水族館でも人気もの。

撮影/筆者

でも、このエリアでお客さんの注目を一心に集めているのは、こちらのイロワケイルカ。

その白黒な見た目から「パンダイルカ」とも呼ばれています。

撮影/筆者

そんなシロワケイルカのライバル(?)が、「伊勢湾エリア」にいるスナメリ。

真っ白で小さな体に優しそうなその顔の通り、大変ひとなつっこい性格で、時折水槽を覗いている人の前に近づいてきて遊んでほしそうな仕草をするのだとか。

近づいてきてくれるかどうかはスナメリたちの気分次第ですが、是非ともふれあってみたいという方は、時間の許す限り粘ってみましょう。

賀川奈 伸雄

Writer:

関西を中心にさまざまな観光地やグルメスポットの取材を行っています。関西を楽しむならお任せあれ!

この記事のカテゴリ

三重県
国内
近畿地方

関連記事を見る

三重県の記事を見る

自然の絶景と名湯が楽しめる鈴鹿山脈のレジャー拠点「湯の山温泉」の歴史・周辺歴史スポットとは?
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
三重県の温泉地とおすすめ旅館ならここ!これで見つかる完璧ガイド
美しい白亜の城郭『白鳳城』こと伊賀上野城!その歴史と見どころ
芭蕉ゆかりの地から歴史的校舎まで。三重観光で見られる歴史的スポット15選
【三重県】東海道の宿場町・関宿は、歩きたくなるスポット。歩いて、眺めて、食べて、最後は足湯へ!
【三重県・御在所岳】ロープウェイで楽々登山♪非日常の山頂から絶景を眺めよう
三重県観光なら「御在所岳」は必見!行き方や予算、営業時間は?
三重のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
日本の山100選の三重県「大台ヶ原山」の絶景に感動…おすすめコースや周辺スポットはこれ!
三重県観光なら「鳥羽水族館」は必見!行き方や予算、営業時間は?「鳥羽水族館」の観光情報まとめ
三重県観光なら「鈴鹿サーキット」は必見!行き方や予算、営業時間は?