山全体が桜色に!“世界遺産”にして“日本一の桜の名所“「吉野山」に行ってきました!

皆様こんにちは、Churakoです。

2004年にユネスコの世界遺産に認定された「紀伊山地の霊場と参詣道」。吉野山はこの世界遺産に山全体が登録されており、古来より、「日本一の桜の名所」と呼ばれ親しまれています。評判を聞いてはいても、都市部からは遠いことと、「人出がすごい」ということで行くのをためらっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、私が実際に吉野山に桜を見に行ってみた実感を込めて、レポートさせていただきたいと思います!

吉野山と桜

吉野山と桜

筆者撮影

「一目千本(”一目に千本見える豪華さ”という意味)」と言われますが、実際には全山にシロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が植えられているという「吉野山」。
2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産認定されましたが、吉野山は大峰連山の北の端から南に向かって続く尾根一帯(約8km)を指し、その山全体が世界遺産に含まれています。

エリアは4つに別れ、下千本・中千本・上千本・奥千本と呼ばれています。
山の気候もあり、関西エリアの中でも遅咲きで、山桜が下から上に向かって見ごろをずらして咲き登っていきます。
そのため、全てが咲いている様子は見ることができないのですが、山肌がピンク色に染まる様子は遠目に見ても圧巻です。
シーズンは4月中旬~下旬ですが、その年によって異なりますので、開花情報を確認してくださいね。


桜や紅葉の見頃などのお知らせは吉野山観光協会のほかfacebookでも告知しています。
ぜひ事前に確認してくださいね


吉野山へのアクセス

吉野山へのアクセス

筆者撮影

吉野山へは近鉄電車が便利です。

大阪の阿部野橋(「あべのハルカス」がある場所。
地下鉄御堂筋線の「天王寺駅」と隣接)から、

特急ですと約1時間15分ほどですが、特急券は桜の時期はほとんど売り切れだったりします。
でも快速急行や急行などの予約がいらない電車でも行くことが可能です。
桜の時期ですと臨時列車も運行します。

特急と急行ですが、「橿原神宮前(かしはらじんぐうまえ)」以降は単線なので、そこまで到着までにかかる時間は変わりません。
とはいえ、急行だと座れないことがありますので確実に座りたい方は予約して特急券を買いましょう。

吉野駅につきました!

吉野駅につきました!

筆者撮影

駅を出たらめっちゃ混んでいます!

ロープウェイとバス乗り場がありますが、まずは中千本まで行ってくれるというバスに乗ることに。
遠くにバスが見えるのがお分かりいただけますでしょうか。
あそこまで行列です。
こちらのバスはICカードが使えます。

今回はガイド記事ということもあり、中千本からバスをさらに乗り継いで奥千本から下るルートを歩いてみることにしましたが、「ライトに吉野を楽しみたい!」ということであればロープウェイもしくは徒歩で千本口まで行って、その付近を散策するのも良いと思います。
お店もトイレもたくさんありますしね。

中千本から奥千本までバスに乗ってみた

中千本から奥千本までバスに乗ってみた

筆者撮影

中千本で降りると程よく桜が咲いていたのですが、せっかくだしガイド記事なのだからと、階段を上って少し歩いたところにある竹林院前から奥千本までバスに乗ってみることに。
しかしそのバスは1時間30分待ちだと言われました。

心なしか笑顔が虚ろに…

吉野山MAPなどを見ると、1時間30分もかければ奥千本まで歩けそうなのですが、とんでもない(強調したい)。

山道なので本格的に登山に慣れている方やトレッキングの格好で来ている人ならともかく、結構な急坂のため、奥千本まで行きたい方は絶対バスがお勧めです!(と、バス停で並んでいるときに列にいた吉野山リピーターのご夫妻に教えていただきました)ということでここでも並ぶことに。
取材日は平日なのでこれでも空いている方なのだとか。
ちなみにこのバスではICカードは使えないので、切符を買う必要があります。

世界遺産・吉野山の人気を思い知るのでした。

バスルートはコチラから。

桜の時期は通常のバスルートと異なり、交通規制が行われます。

奥千本まで一気にいけるバスはなく、中千本でいったん降りた後、竹林院前で奥千本行きに乗る必要があります。
また、竹林院~奥千本の間の停留所には留まりません。
ご注意を!

奥千本に到着!

奥千本に到着!

筆者撮影

ようやく奥千本に到着しました!吉野駅からここまでですでに2時間かかっています(バスなのに)。

しかし…本来であれば桜が咲いているはずの時期ですが、2017年は気温が低かったのでまだ咲いていませんでした!(ショック…)

ここまで来たら桜を求めて降りるしかありません。
リアルタイムの開花情報はちゃんとチェックしましょう!(自戒)

金峯神社

金峯神社

筆者撮影

奥千本のバス停を降りるとすぐに金峯神社(きんぶじんじゃ)への入り口が。
金峯神社は吉野山の地主神をまつっていて、平安時代の書物にもその名が見える古い神社。
中には義経が追手から逃れるために隠れたという「義経隠れ塔」もあります。

筆者撮影

ここで促されて上ると結構な急こう配です。
鳥居に「修行門」とありますが、まさに私の吉野山での修行が始まった感がありました(大げさ)。

せめて沿道の桜が咲いていてくれたらな…と思いながら登るのでした。

金峯神社の住所・アクセスや営業時間など

名称金峯神社
住所奈良県吉野郡吉野町吉野山1651
営業時間・開場時間7:00-16:30
利用料金や入場料参拝無料 / 義経隠れ塔: 300円 
参考サイトhttp://www.town.yoshino.nara.jp/kanko-event/meisho-kanko/shisetsu/yoshinoyama/kinpu-jinja.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

金峯神社のスポットページ

吉野山で川魚

吉野山で川魚

筆者撮影

奥千本のバス停で川魚を売る屋台を発見しました。
奥千本~上千本には売店や自販機がないので貴重です。
天女魚(あまご)とお茶を購入。
鮎と天女魚とどうしようか悩みましたが、ハラワタを抜いてあるという天女魚に決定。

筆者撮影

天女魚(あまご)はあっさりしていて食べやすいです。

自販機とかないので、お水やお茶持参は必須かも(ゴミは必ず持ち帰りしてくださいね)。
そもそも奥千本は修行の場なのだと改めて思うのでした。

奥千本~上千本

奥千本~上千本

筆者撮影

上千本口まで2.7km、がんばるぞ!

ここから上千本まではこの時は桜が咲いていなかったのですが、咲いていたら素敵だったんだろうな~というスポットはいくつかありました。

Churako

Writer:

東京から沖縄本島に移住して5年。現在は本島南部の南城市で、美しい海を見ながら愛猫たちとのんびり暮らしています。 メインは沖縄情報ですが、関東・関西・九州なども担当中。 取材とプライベートで食べ歩いた沖縄のお店の中から、さらにセレクトしたお気に入りをブログ にて紹介しています。記事とともに沖縄観光にお役立てください。 「ちゅらすき」で検索:https://churasuki.com/ 【禁煙店のみ】

この記事のカテゴリ

国内
奈良県
旅行体験記
絶景
絶景
自然・絶景
近畿地方

関連記事を見る

国内の記事を見る

「平将門」の歴史。天皇になろうとして失敗するも、後世に残した影響とは?
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
戸隠神社に行ってきた!日本屈指のパワースポットで運気チャージの旅
京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
遺産総額70億円?!応仁の乱の原因を作った日野富子は金の亡者か?
「後三年の役」ってどんな戦い?東北地方の覇者によるお家騒動
明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?
平安時代中期の反乱「前九年の役」をもっとよく知ろう
“日本一の兵”といわせしめた「真田信繁(幸村)」は、天下の家康を震撼させた名将だった