標高1625mの大自然!奈良県大台ケ原を歩く

関西地方において一際絶景に恵まれている場所といえば、やはり奈良県。

若草山や旗尾池など、これまでさまざまな奈良の絶景スポットを紹介してきたこの賀川奈伸雄が今回ご案内するのは、標高1600メートルの高原「大台ヶ原」。

数え切れないほどの絶景スポットを抱えているというこの一帯をその足で歩いて探索、ばっちり撮影してきました。

充実した内容を乞うご期待!

奈良からバスで大台ケ原へ

奈良県と三重県の境目に位置する大台ヶ原を日帰りで探索するには、かなり早い時間から出発しなければなりません。

お住まいの地域によって異なりますが、大阪在住の私は7時12分に近鉄大阪阿倍野駅から出ている急行に乗りました。

早起きが苦手な方は起床のために万全の準備を心がけてください。

その次は、近鉄大和上市駅から出ている奈良交通バスへ乗車。

ここから大台ヶ原まではなんと2時間もかかってしまいます。

朝早く起きなければならない意味がご理解いただけるでしょう。

98257:

撮影/賀川奈 伸雄

そうしてようやく大台ヶ原駐車場へ到着。

ここは標高1500m以上。

5月中旬であるにも関わらず、下と比べて少々肌寒さがあります。

準備はしっかり怠らず

98258:準備はしっかり怠らず

撮影/賀川奈 伸雄

まずは大台ヶ原ビジターセンターへ立ち寄りましょう。

ここは大台ヶ原の風景や動物に関するさまざまな事柄を学ぶことができます。
また、散策に必要不可欠であるマップを100円で買えるので、必ず入手しておきましょう。

98259:

撮影/賀川奈 伸雄

その近くにある物産センターではお土産も販売されています。

奈良県のおいしいお漬物などは贈り物に最適ですよ。

それでは、大台ヶ原の散策へと出発……と行きたいところですが、その前にもうひとつだけチェックすべきことが。







98260:

撮影/賀川奈 伸雄

実はこの大台ヶ原、「東大台」と「西大台」という2つのエリアがあります。

このうち前者は人が歩いて散策ができるよう道が整備されているのですが、後者は人の手がほぼ入っていない自然に近い一帯。

西大台に入林するには事前許可が必要となるので、散策できるのはおのずと東大台になりますが、ごく稀に誤って、あるいは故意に足を踏み入れてしまう方もおられるようです。

そのような場合、遭難リスクが劇的に高まってしまいます。

看板などで確認の上、必ず東大台へ向かうようにしましょう。

大台ヶ原ビジターセンターの住所・アクセスや営業時間など

名称 大台ヶ原ビジターセンター
住所 奈良県吉野郡上北山村小橡660−1
営業時間・開場時間 9:00−17:00 冬期閉鎖
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pref.nara.jp/2977.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大台ヶ原ビジターセンターのスポットページ

展望台からの眺めがすごい!

98261:展望台からの眺めがすごい!

撮影/賀川奈 伸雄

まず最初に目指すは「日出ヶ岳」付近の山頂展望台。

小鳥のさえずりを聞きながら森の中を40分ほど歩きます。

周囲にはさまざまな植物や昆虫が生息していますので、時間に余裕のある場合は足下などをよくチェックしてみてください。
(ただし、決して歩道の外には出ないように)

運がよければ、シカやタヌキ、アナグマといった野生動物を見ることができるかもしれません。

98263:

撮影/賀川奈 伸雄

そうして展望台に到着。

標高1625mから奈良の山々を一望するその眺めは感無量。

次のページでは『正木峠、枯れ木の謎』を掲載!
次のページを読む >>