町の歴史と、住む人のおもてなしを堪能!日野ひなまつり紀行でたくさんのおひなさまに出会う旅

全国各地で商売を行なっていた近江商人。その中の近江日野商人のふるさと、滋賀県蒲生郡日野町で毎年行われているのが「日野ひなまつり紀行」。車社会の滋賀県出身、でも歩くことが大好き!な、私、hitoyoが日野の歴史と共におひなさまを堪能する旅をご案内します。

日野の町探索をスタート!まずは「まちかど感応館」へ。

95565:日野の町探索をスタート!まずは「まちかど感応館」へ。

撮影/hitoyo

まず車を停めたのは、日野まちかど感応館(日野観光協会)駐車場。
日野ひなまつり紀行を楽しむには、車を一ヶ所に停めて歩くのがベスト。
それでは、早速行ってきます!

ちなみに電車の場合は、JR近江八幡駅または近江鉄道日野駅下車。
バスに乗り換え「西の宮」で下車してください。

95591:

撮影/hitoyo

まずは、駐車場の目の前にある「まちかど感応館」へ。
看板に書かれている文字、万病感應丸は正野法眼玄三という人物が開発した薬の名前です。

感応薬は全国に行商に出かけていた日野商人の商売道具のひとつ。
日野の地では現在も薬に関する産業が根づいています。

95600:

撮影/hitoyo

建物の中にも、もちろんおひなさまが。
時代によって少しずつ違う顔立ちや衣装。
その違いをじっくり眺めるのも、楽しみ方のひとつです。
95770:

撮影/hitoyo

建物奥には、さらに別館が。
玄関で靴を脱いでその先に進むと、さらにおひなさまが飾られていました。
95601:

撮影/hitoyo

いい匂いがすると思ったら…店頭で焼かれていたのはお団子です。
香ばしい香りに吸い寄せられました。






95603:

撮影/hitoyo

早速購入。
たっぷりのタレ付き、みたらしだんご。
1本120円です。

車に乗っていては気づかない、町の風景

95607:車に乗っていては気づかない、町の風景

撮影/hitoyo

通りを歩いていると、赤い布が掛けられているお家を発見。
その窓の向こうを覗いてみると、おひなさまが。

実はこの不思議な窓も、日野町の特徴のひとつです。

95608:

撮影/hitoyo

この窓の名前は「桟敷窓」。
800年以上の歴史を持つ日野祭を、家の中から見物できる仕組みです。
普段は閉められていることが多いため、前を通っても桟敷窓だと気づかない人も。
次のページでは『竹に描かれたおひなさま』を掲載!
次のページを読む >>