まるで桃源郷?滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUMに広がる桜の絶景!

日本六古窯のひとつ、信楽焼の産地である滋賀県甲賀市信楽町。その山奥にある美術館、MIHO MUSEUMをご存知でしょうか。今回は滋賀県在住ライターの私、hitoyoが地元の人だけでなく、国内外からも多くの観光客が訪れるMIHO MUSEUMの桜の絶景と地元の人が大切に守っている桜スポットをご紹介します。


MIHO MUSEUMのアクセス方法は?

97141:MIHO MUSEUMのアクセス方法は?

撮影/hitoyo

それでは、早速MIHO MUSEUMに出発しましょう。

最寄りのICは新名神高速道路信楽IC。
ただし名神高速道路利用の場合は栗東IC下車、名阪国道利用の場合は壬生野IC下車が便利です。

公共交通機関利用の場合はJR石山駅へどうぞ。
駅の南口から、MIHO MUSEUM行きの直通バスが出ています。

97225:

撮影/hitoyo

MIHO MUSEUMは無料駐車場も完備。
ただし特に桜の時期は混雑するため、別の臨時駐車場に誘導されることがあります。

その場合も駐車場とMIHO MUSEUM間を往復する無料シャトルバスがありますのでご安心ください。

待っていたのは、絶景の桜並木

97226:待っていたのは、絶景の桜並木

撮影/hitoyo

MIHO MUSEUMの門をくぐった先に現れるのは両脇に並ぶ多数の桜。
滋賀県の中でも信楽は標高が高い場所です。
そのため、他の地域に比べて桜の開花時期もやや遅め。
最後まで春の名残を楽しめる嬉しいスポットです。
97227:

撮影/hitoyo

さらに足を進めると、ますます広がる桜並木。
幻想的な雰囲気を醸し出しています。

97228:

撮影/hitoyo

桜の美しさに見惚れ、多くの方が写真撮影をされていました。
ただし、安全面から三脚や自撮り棒の使用は禁止されています。
写真撮影時にはご注意ください。
97237:

撮影/hitoyo

桜を堪能できるのは、メイン通りだけではありません。
少し脇道に入った先にも桜スポットを発見。
桜を見上げる贅沢な時間。
ゆっくり写真を撮りたいときは、少し寄り道してみてはどうでしょうか。

目の前に現れたのは、大きなトンネル

97229:目の前に現れたのは、大きなトンネル

撮影/hitoyo

桜並木を歩き続けると、今度は目の前に大きなトンネルが現れます。
まるで吸い込まれそうな大きな空間。

世界的に有名な建築家、イオン・ミン・ペイ氏の設計によって建てられたMIHO MUSEUM。
自然と建築美の調和を感じられる場所です。

Writer:

三重寄りの滋賀県出身・在住。数年前高知県に住みたい!と農協に就職。初めてカメラを手にし、広報を経験。海や山、川の美しさ、個性豊かな人々に衝撃を受けました。地元滋賀にUターンした後は、フリーライターとして独立。現在の主な仕事は、インタビュー&ライティング。ここでは一度離れたからこそ見えるもの、よそものだから見えるものを中心に私の大好きな場所をご紹介します。

この記事のカテゴリ

国内
滋賀県
絶景
近畿地方

関連記事を見る

国内の記事を見る

偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
実は史跡や文化財の宝庫!日本を代表するホテル「椿山荘」の歴史とは
お台場=砲台?!意外と知らない品川台場の歴史と成り立ちについて
東京観光で行きたい庭園8選!公園で、歴史と絶景を楽しもう
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔
忠臣蔵・赤穂浪士四十七士の故郷「赤穂城」をご存知ですか?