滋賀県・琵琶湖に浮かぶ竹生島。湖上の船旅で向かうパワースポットへようこそ!

滋賀県の1/6を占める琵琶湖。その中に浮かんでいるのは、パワースポットとしても人気を集めている竹生島。竹生島は「神々が暮らす島」とも言われ、心身ともにスッキリできる不思議な場所です。また海より穏やかな琵琶湖での数十分のクルーズも魅力のひとつ。今回は滋賀県在住の私、hitoyoが竹生島をご案内します。







彦根港から竹生島へ出発!港までのアクセス方法

97534:彦根港から竹生島へ出発!港までのアクセス方法

撮影/hitoyo

それでは早速竹生島を目指しましょう。
竹生島行きの観光船が出ているのは、彦根、長浜、今津の各港。

今回は、彦根港から乗船します。
彦根港周辺には無料駐車場があり、車での来場も安心です。
事前に電話連絡したところ、予約は不要とのこと。
ただし、繁忙期には念のため確認することをおすすめします。

97535:

撮影/hitoyo

ちなみに、彦根港からは琵琶湖に浮かぶもうひとつの島、「多景島」への観光船も出ています。
97536:

撮影/hitoyo

彦根駅と彦根港の間は、船の出航時間に合わせて無料シャトルバスの運行があります。
乗車時間は約8分。

チケットを購入したら船の旅へ

97537:チケットを購入したら船の旅へ

撮影/hitoyo

待合室では滋賀県のご当地ソング「琵琶湖周航の歌」が流れていました。
乗船券の販売は、出航時間の30分前から。

彦根港から竹生島の往復乗船運賃は、大人3,000円。
中・高・大学生は2,400円。
子ども1,500円。
いずれも税込です。

97538:

撮影/hitoyo

出航時間10分前になると乗船案内が始まります。

1階は室内、2階は屋外となっています。
船内は自由席です。
好きな場所に座りましょう。







97539:

撮影/hitoyo

いざ、出発!港から遠ざかる風景に、旅気分が高まります。
船内は自由に移動ができますが、時折揺れることもありますので席を変わる際はお気をつけて。
97540:

撮影/hitoyo

まるで海の上を旅しているかのような爽快感。

でも、ここは琵琶湖です。
頬に感じるのは、潮風ではなくさらりとした風。
気持ちよくてテンションが上がります(笑)。

彦根港の住所・アクセスや営業時間など

名称 彦根港
住所 滋賀県彦根市松原町3755
営業時間・開場時間 受付時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 彦根港-竹生島(往復):おとな3,000円 学生2,400円 こども(小学生)1,500円 / 彦根港-竹生島-マキノ (片道料金):おとな2,600円 学生2,080円 こども(小学生)1,300円 / 彦根港-竹生島-海津大崎 (片道料金):おとな2,600円 学生2,080円 こども(小学生)1,300円
参考サイト http://www.pref.shiga.lg.jp/c/kotsu-s/biwakuru/kojyou/tikubusima/tikubusima3.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

彦根港のスポットページ

琵琶湖に浮かぶ竹生島に到着

97541:琵琶湖に浮かぶ竹生島に到着

撮影/hitoyo

40分の船旅を経て、竹生島に到着です。

滞在時間は、70分。
帰りの出航時間を確認したら、早速島探索を始めましょう。

Writer:

三重寄りの滋賀県出身・在住。数年前高知県に住みたい!と農協に就職。初めてカメラを手にし、広報を経験。海や山、川の美しさ、個性豊かな人々に衝撃を受けました。地元滋賀にUターンした後は、フリーライターとして独立。現在の主な仕事は、インタビュー&ライティング。ここでは一度離れたからこそ見えるもの、よそものだから見えるものを中心に私の大好きな場所をご紹介します。

この記事のカテゴリ

国内
滋賀県
近畿地方

関連記事を見る

国内の記事を見る

おいしい伊東土産はこれ!全部食べて決めた伊東温泉のお土産ランキングTOP15
常連の私が決める!冬の京都観光で行きたい名所ランキングTOP30
伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10
修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!