【滋賀県】信楽焼の山里で冒険気分を味わおう!神秘的な滝スポット「鶏鳴の滝」レポート

信楽焼やたぬきの置物が有名な、滋賀県甲賀市信楽町。その山里にあるのが「鶏鳴の滝」。近距離まで車で近付けるため、気軽に冒険&リフレッシュ気分を味わうことができます。きっとカメラ好き女子にも満足してもらえるはず。自分の体力と相談しながら冒険することが大好きな、滋賀県在住ライターhitoyoが滝の魅力をレポートします。

車が便利!鶏鳴の滝へのアクセス方法

98369:車が便利!鶏鳴の滝へのアクセス方法

撮影/hitoyo

鶏鳴の滝があるのは、自然豊かな甲賀市信楽町の神山地区。
三重県との県境に位置しているため、車でのアクセスが便利です。

公共交通機関の場合は、信楽高原鐵道信楽駅からタクシーをご利用ください。

98370:

撮影/hitoyo

鶏鳴の滝の近く、鶏鳴の滝公園までは車で行くことができます。
ただし、道は細め。
車のすれ違いができない場所もあります。
安全運転で向かいましょう。
98371:

撮影/hitoyo

まずは、鶏鳴の滝公園に到着。
車を5〜6台置くスペースがあります。
撮影したのは、平日朝9時ごろのため、訪れていたのは私1人だけ。
ただし、帰る頃には車1台、バイク1台とすれ違いました。
98372:

撮影/hitoyo

公園には簡易トイレがありました。
ちなみにトイレットペーパーも完備。
山の湧き水を利用した仕組みがあり、手を洗うこともできます。
ただし飲み水ではないため、ご注意を。

鶏鳴の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 鶏鳴の滝
住所 滋賀県甲賀市信楽町神山
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/26832
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鶏鳴の滝のスポットページ

「鶏鳴八滝」「鶏鳴の滝」とは?

98374:「鶏鳴八滝」「鶏鳴の滝」とは?

撮影/hitoyo

公園内で鶏鳴八滝の案内図を発見しました。
雰囲気のある案内図にテンションが上がります。







98375:

撮影/hitoyo

案内図によると、鶏鳴八滝とは「初音の滝・垂尾の滝・白神の滝・鶏鳴の滝・白蛇の滝・白布の滝・岩しだれの滝・神有の滝」の合計8つの滝のこと。

駐車場から一番奥にある「神有の滝」までは、徒歩約20分のようです。

98376:

撮影/hitoyo

今回の私の目的、鶏鳴の滝。
元旦の朝、滝の東にそびえる笹ヶ岳山頂の寺跡に黄金の鶏が現れて新年の幸を告げるという伝説から名付けられた名前だそう。

滝というだけで神秘的な雰囲気を感じますが、こうやって由来を知るとより一層愛着がわきますね。

98373:

撮影/hitoyo

それでは、早速滝めぐりを始めましょう。

駐車場から鶏鳴の滝までは、寄り道せずに歩くと5分くらいで着きます。
ただし、濡れた落ち葉や苔など滑りやすい場所が多いため、安全対策は必須。
滑りにくい靴がおすすめです。

駐車場のすぐそばにある垂尾(しだれお)の滝

98378:駐車場のすぐそばにある垂尾(しだれお)の滝

撮影/hitoyo

鶏鳴の滝に着くまでにある滝もいくつかご紹介しましょう。
駐車場のすぐそばにあるのは、垂尾の滝。
日本六古窯のひとつ、信楽焼の産地である甲賀市信楽町。
信楽焼のたぬきのお腹に、滝の名称が書かれています。
次のページを読む >>