【滋賀県】秘境スポット「河内の風穴」冒険気分が味わえる、自然の魅力に迫ります

滋賀県多賀町に河内の風穴ができたのは、およそ55万年前のこと。総延長10kmとも言われている鍾乳洞。その一部は観光エリアとして公開されており、一般の人も気軽に冒険気分を味わうことができます。滋賀県在住ライターである私、hitoyoが実際に体験した河内の風穴。自然の造形美と、冒険レポートをご覧ください。

河内の風穴へのアクセス方法をチェック

98656:河内の風穴へのアクセス方法をチェック

撮影/hitoyo

滋賀県の天然記念物に指定されている河内の風穴。
軽装でも入ることが可能な、観光洞エリアがある洞窟です。
98657:

撮影/hitoyo

車の場合は国道306号線から、県道17号線へ。
公共交通機関利用の場合の最寄駅は、JR琵琶湖線彦根駅または近江鉄道多賀大社駅。
駅からはタクシーをご利用ください。
98658:

撮影/hitoyo

数年前までは1.5車線の道路が多かったようですが、道路整備によりほぼ2車線の道になっています。
まだ1.5車線道路も多少ありますが、現在も工事が進んでいるとのこと。
行き帰りは安全運転でお願いします。

河内の風穴に到着!

98662:河内の風穴に到着!

撮影/hitoyo

川沿いの道を走り、河内の風穴へ到着。
駐車料金は、車400円。
バイク200円。
係員の方に直接手渡しするシステムです。
98663:

撮影/hitoyo

入場料金は、大人(中学生から)500円。
小人(5歳から)300円。
入場時間は、夏季9:00〜17:00。
冬季9:00〜16:00。
「足元に気をつけて行ってらっしゃい」と声をかけて貰い、早速中へ。






98664:

撮影/hitoyo

すぐに風穴があるのかと思っていましたが、その気配はありません。
表示に従いひとまず進んでみることに。
98665:

撮影/hitoyo

橋を発見。
水の流れる音と、鳥の鳴き声だけが聞こえます。

途中の道のりも冒険気分が味わえます

98666:途中の道のりも冒険気分が味わえます

撮影/hitoyo

琵琶湖国定公園特別地域のため、木や苔、土などの採取は禁止です。
段差がバラバラな階段もあるため「足元に注意して」と言われた意味を実感。
次のページを読む >>