“日本一の兵”といわせしめた「真田信繁(幸村)」は、天下の家康を震撼させた名将だった

徳川家康の本陣の旗が倒されたのは、たった2回だったと、『三河物語』で大久保彦左衛門が語っています。その戦いは、三方が原の戦いと大坂夏の陣で、真田信繁が立て役者だったとか。NHKで堺雅人さんが、主役を張り注目を浴びた名将、真田信繁(幸村)とは、いったいどんな人だったか気になりませんか?筆者なりに、彼の人生をまとめてみました。

江戸時代から大人気の真田一族

江戸時代から大人気の真田一族

image by PIXTA / 5070726

真田一族は、戦国時代の荒波の中で東信濃の山間にある小土豪にしか過ぎないながらも、徳川家康を追い詰めるなどの活躍ぶりは、後に『真田三代記』などで、江戸時代になっても講談として語られました。
骨肉として憎み合うことはなかったものの、最後は一族が豊臣軍と徳川軍の敵と味方にわかれて戦った、いわば後期の戦国時代を象徴する生き方を強いられた一族ではないでしょうか?

徳川家にとって名前を消してしまいたいほどの存在だった「真田信繁」は、江戸庶民からはスター扱いされていたんですよ。
しかも、大正時代には、猿飛佐助や霧隠才蔵などの、『真田十勇士』と呼ばれる架空の忍者団まで登場する始末。
マイナーな戦国武将、真田信繁の生涯に少しだけ触れてみたいと思います。

甲府で生まれた真田信繁

甲府で生まれた真田信繁

image by iStockphoto

真田信繁は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての大名で、永禄10年(1567年)に武藤喜兵衛昌幸(後の真田昌幸)の二男として、甲府(甲斐国の府中)で誕生しました。
「どうして、東信濃の武将の子が甲府で誕生したの?」って思いませんか?実はこの頃、父の昌幸は、甲斐の国の国主だった武田信玄に仕える身だったんです。
性も武田家の由緒ある、武藤を名乗っていました。
この頃の、昌幸は、郷土奪還のために、じっとこらえていたんでしょうね。

名前も謎だらけの真田信繁

名前も謎だらけの真田信繁

image by PIXTA / 11335497

幼名は弁丸。
元服後は源次郎と名乗っています。
でも、実は源次郎も本当かどうかは不明なんです。
兄の信幸は、源三郎と名乗っています。
兄と弟の名前が逆だと思いませんか?池波正太郎氏の『真田太平記』の説によると、信繁は側室の子で、信幸は正室(山手殿)の子だったとか。
ということは家督を継ぐのは信幸が正しいですよね。
だから兄のように歴史が伝わったのかもしれませんね。

信繁は、真田幸村という名前の方がピンときますよね。
江戸時代までは、幸村という名ではなかったようです。
「幸村」という名ができたのは、寛文12年(1672年)のこと。
大阪の陣を描いた軍記物『難波戦記』からとの説があります。
ほとんどの真田一族には「幸」の字が入っているから、一概には偽りとはいえないようです。

本人が残した手紙などには、信繁という名を使っています。
父昌幸がつけたとされる信繁は、武田信玄の弟、武田信繁からいただいたようです。
人望が厚い人物で、兄の片腕として活躍しており、この武田信繁が、川中島の戦いで戦死しなければ、武田家が潰れることはなかったといわれています。
源次郎にも信幸を立てて、片腕となり活躍してほしかったからのようです。
ここでは、信繁という名を使ってお話ししたいと思います。

武田勝頼、自刃す

武田勝頼、自刃す

image by PIXTA / 5893265

天正3年(1575年)に長篠の戦で、2人の兄を失った昌幸は、真田家の当主となり、真田性を名乗ることになります。
天正10年(1582年)の武田征伐で、織田・徳川連合軍が武田軍に圧勝し、武田勝頼が自刃しました。
昌幸は仕方なく織田信長につくも、信長は明智光秀に本能寺の変で自害して果てました。

この戦いの中の、天目山の戦で武田勢が敗れ、昌幸軍が上田城に引き返す途中にあった逸話をご紹介します。
300人を連れて帰城の途中にある昌幸の軍は、4万人の北条軍に遭遇しました。
10倍以上の敵に、敗北するかと思いきや、同行していた信繁は300人を6隊に分け、北条方の武将松田氏の旗印永楽通宝を描いて兵に持たせ、闇討ちを仕掛ける案を昌幸に出しました。
この作戦を実行した、真田の軍は無事に上田城に帰還できたというもの。
味方からの闇討ちって、焦って混乱しちゃいますよね。
16歳でこの戦略を思いつたなんて、信繁は、結構知恵もの?この作戦が成功したことで、真田の家紋である六文銭の旗印を持つことが、昌幸によって許されました。

上杉景勝の人質となる信繁

上杉景勝の人質となる信繁

image by PIXTA / 7075482

昌幸は、織田信長が討たれた後は、小田原に拠点を構える北条氏につくもののやがて見切りをつけ、徳川家康に臣属しました。
家康も小さな頃から人質生活を送っており、人を安易に信じる人物ではありませんでした。
もちろん、「表裏比興の者」と呼ばれていた、昌幸を信じるわけありませんよね。
昌幸を試す意味もあり、家康は沼田城を当時家康の配下にあった北条に渡せとの命令が下り、家康と絶交しました。

これにより、越後の上杉景勝に家康との争いに味方してもらうべく、信繁を人質に出しました。
景勝は信繁のことをただの人質としての扱いではなく、家康に寝返った屋代家旧領3000貫文の領地の内、1000貫文の領主として迎えています。
この人質になった時に、元服しています。

秀吉の人質となる信繁

秀吉の人質となる信繁

image by PIXTA / 4695918

豊臣秀吉は、関白になっており、天下統一に向けて頭角を現していました。
真田家は豊臣直属の大名へと出世し、昌幸は突然、信繁に上杉から戻りそのまま秀吉の人質になれと言い出したのです。
秀吉との絆を深めた方が役得ですもんね。
でもこれには、上杉は激怒し、戻してくれと秀吉に申し出たようです。
秀吉ははぐらかし、そのまま信繁を人質としました。

この時も、人質という身分より、秀吉直属の馬廻として、召し抱えられたといった方が正解のようです。
昌幸とは別に1万9000石の知行を有していました。

小田原征伐で初陣を飾る信繁

小田原征伐で初陣を飾る信繁

image by PIXTA / 23161041

天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐が、信繁の初陣といわれています。
真田家の一員として参戦し、松井田城の大道寺軍と激戦になりましたが、信繁は敵に突っ込み、攪乱させる戦法を取り、勝利に貢献したようです。
松井田城は、兵糧攻めにより、4月20日に無血開城しています。
兄の信幸も徳川ではなく真田家として参戦しており、戦後真田兄弟は、同じくほぼ無血開城となった箕輪城の仕置きを秀吉から命じられています。

その後も、北条方の支城をどんどん攻めます。
6月14日には鉢形城、6月20日には大量虐殺の上八王子城も落としました。
信繁は、石田三成が行った忍城水攻めにも、大谷吉継と共に参戦したようです。
この小田原征伐で、真田家は沼田城の安堵を約束されました。

ピーターラビット

Writer:

世界遺産ブームをきっかけに歴史に目覚めてから、国や城、庭園などの成り立ちに魅了された主婦です。何だろう?と思ったことを調べて、皆さんにお伝えすることで気持ちを共有できたら幸せだな~と感じながら仕事をしています。ちょっとマニアックな歴史記事ですが、軽い気持ちで触れてみてくださいね!

この記事のカテゴリ

国内
歴史
長野

関連記事を見る

国内の記事を見る

湯河原温泉の歴史とお薦めスポット3選!万葉集にも詠まれた古湯です
「平将門」の歴史。天皇になろうとして失敗するも、後世に残した影響とは?
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
戸隠神社に行ってきた!日本屈指のパワースポットで運気チャージの旅
京都観光前に知りたい「東寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
京都観光前に知りたい「東福寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「三十三間堂」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
遺産総額70億円?!応仁の乱の原因を作った日野富子は金の亡者か?
「後三年の役」ってどんな戦い?東北地方の覇者によるお家騒動
明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?
平安時代中期の反乱「前九年の役」をもっとよく知ろう