初めての松本観光。地元民がすすめる観光スポットからアートにグルメにショッピング・話題のニュースポットまで。

東京方面からは特急あずさで約2時間40分。交通アクセスもよく、年間を通じて多くの観光客でにぎわう長野県松本市。今回は国宝松本城をはじめとする人気の観光スポットから、レトロで可愛い町並みを散策、お洒落なカフェやクラフトショップ等々、女子旅にもぴったりの長野県松本市をギュッとまとめてご紹介!

1.魅力いっぱいの長野県松本市へGO!

105459:1.魅力いっぱいの長野県松本市へGO!

撮影/橋詰真紀

旅ライターの橋詰真紀です。
今回は私の地元長野県松本市をご紹介していきますよ。
長野県の中信に位置する松本市といえば、国宝松本城を中心にした古くからの城下町です。
市内には歴史漂うレトロな建築物や、風情ある街並み、最近ではクラフトやアートの町とも呼ばれています。
またお洒落なカフェや雑貨店も多く女子旅でも人気のスポットです。

1-1.長野県松本を観光するなら、日帰り旅行?それとも1泊2日?

113951:1-1.長野県松本を観光するなら、日帰り旅行?それとも1泊2日?

撮影/橋詰真紀

東京方面からだと、JR東日本特急あずさで約2時間40分。
車でも高速道路を利用して約3時間ほどなので松本市内を観光するだけならば、日帰り旅行でも十分に楽しめます。

でもせっかく松本市に来たならば天然温泉につかりながら、ゆったりと過ごしてみたり、上高地方面や安曇野周辺まで足を延ばしてみたいといった場合には1泊2日はあった方がいいかも。
周辺にも人気の観光スポットも多いので、ぜひここは1泊2日をおススメします!

1-2.はじめての松本観光。移動方法はどうする?

105387:1-2.はじめての松本観光。移動方法はどうする?

撮影/橋詰真紀

初めての松本観光。
車で来た場合ならば松本城や松本駅周辺に車を停めて、徒歩で観光するのがおすすめ。
というのも、松本市は城下町のため一方通行がとっても多く、細い道もあるので観光客にとってはちょっとだけ運転しにくいかも?

電車だったら松本駅から徒歩15分から20分程度の場所に、主要な観光スポットがあるので、散策しながら十分楽しめますよ。

1-3.松本市内の無料レンタサイクルを利用しよう「力車(りきしゃ)」・「すいすいタウン」

105358:1-3.松本市内の無料レンタサイクルを利用しよう「力車(りきしゃ)」・「すいすいタウン」

撮影/橋詰真紀

もう少し足を伸ばしたい場合には無料のレンタサイクルがおすすめです。

市内には無料レンタサイクルの「力車(りきしゃ)」「すいすいタウン」があります。
レンタルサイクリングがあると、移動距離も増えて効率的に松本市内の観光もできますよ。
料金は無料で「力車」は松本市内のホテルや旅館等を中心に貸し出し。

「すいすいタウン」は松本市内の公共施設・駐車場で貸し出しを行っています。
なお「すいすいタウン」は原則日帰り(午前9時~午後5時)の貸出なのでご注意くださいね。

貸し出しなどの詳細については公式HPをご覧ください。

114178:

撮影/橋詰真紀

さらにできるだけ移動はラクチンな方がいい!という方には市内を周遊するバス「タウンスニーカー」が便利でおすすめ。
松本の有名観光スポットを巡るのにぴったりな周遊バスで、1日乗り放題のきっぷのきっぷもありますよ。
大人500円小人300円

また松本市内観光施設の観覧料等が、割引になる特典もついているんです。

チケットの購入は「タウンスニーカー」の車内、または松本駅前バスターミナルでどうぞ。

2.松本の観光スポットの定番「国宝松本城」へ行こう!

93696:2.松本の観光スポットの定番「国宝松本城」へ行こう!

撮影/橋詰 真紀

松本観光に外せない定番スポットといえばココ「国宝松本城」松本に来たならば一度は見ておきたいスポットです。
以前にもワンダートリップでは「国宝松本城」についてはご紹介しましたが、ここでもう一度おさらい。
国宝松本城は現存する五重六階の天守の中では、日本最古のものです。
黒い外観から別名「烏城(からすじょう)」と呼ばれる事も。
93698:

撮影/廣瀬

大天守の6階からは西に北アルプス、東の美ヶ原高原の絶景を望むことができます。
ここ数年は「城ブーム」もあり国内外から年間を通じて多くの観光客が訪れる人気スポットです。
特にここ数年はあまりの人気ぶりで特にゴールデンウイークなどの大型連休の時は、かなり混み合うため天守に登るのに2時間待ちなんてこともあるそう。
地元民的にはちょっとビックリ!
93700:

撮影/廣瀬

国宝松本城の二の丸庭園への入場料は610円。
隣接する松本市立博物館の共通観覧券になっているのでお得ですよ。

なお松本城のお堀の周辺の観覧ならば入場料はかかりません。

93705:

撮影/廣瀬

国宝松本城は天守まで登ることができて、このように内部には江戸時代に製造された火縄銃を中心に貴重な兵装品などが展示されています。
93704:

撮影/廣瀬

松本城天守内の階段はかなり急なので、気をつけて上ってくださいね。
まあいわゆるビルの6階まで徒歩で上がるイメージ?!でしょうか。
松本城の平均観覧時間は約45~60分。
天守内にも見所いっぱいです。






2-1.地元民がすすめる。松本城を見るベストシーズンは?

96393:2-1.地元民がすすめる。松本城を見るベストシーズンは?

撮影/橋詰 真紀

国宝松本城には四季を通じて多くの人々が訪れます。
季節ごとにさまざまな風景を映し出してくれるのですが、私のおすすめは4月初めの桜が咲くお花見シーズンです。
桜と松本城のコラボレーションはまさに絶景!この時期は特に混み合いますが、やっぱりそれだけ見る価値はありますよ。

この他にも新緑シーズンや紅葉のシーズンもおススメ。
通年を通してそれぞれの季節の良さはありますが、冬の松本はすごーく寒いのでこの時期だけは防寒対策をしっかりしてお出かけくださいね。

3.重要文化財「旧開智学校」で歴史を感じてみて。

105406:3.重要文化財「旧開智学校」で歴史を感じてみて。

撮影/橋詰真紀

旧開智学校は明治6年に開校し、この校舎は明治9年4月~昭和38年3月まで約90年間使用された国内で最も古い小学校の一つなんです。
明治時代の当時のモダンな建築は、実は西洋と東洋の和洋折衷といった擬洋風建築。
105407:

撮影/橋詰真紀

建物の細かい部分を見ていくと、開智学校の学校名の両サイドにはかわいい天使がいたり。
一番上の部分には風見鶏があったりと、なんともレトロな雰囲気が漂っています。
中に入るとなんとも懐かしい雰囲気の教室や、当時実際に使われていた教科書等もあって歴史を感じながら楽しめて見所も満載です。

4.カエルの街「縄手通り商店街」

105416:4.カエルの街「縄手通り商店街」

撮影/橋詰真紀

松本市を散策するならば外せないのはココ「繩手通り商店街」松本城から約5分。
市内を流れる女鳥羽川沿いにあり”縄のように長い土手”ということから「縄手通り商店街」と名付けられたそうです。

昔ながらの骨董店や懐かしいおもちゃ屋さん、食べ歩きにもぴったりのグルメ等個性的なお店が50店舗程あり、てくてく散歩にぴったり。

105466:

撮影/橋詰真紀

かわいいカエルがシンボルとなっている繩手通り。
地元民もなんでカエル?と疑問に思っていたのですが、どうやらその昔、女鳥羽川にはカジカガエルがたくさん住んでいたんだそうです。
105350:

撮影/橋詰真紀

でもカジカガエルはキレイな川にしか生きていけないカエルで、ある日から女鳥羽川ではその姿が見られなくなったそう。
女鳥羽川に再び、カジカガエルが住めるような思いを込めてこのカエルのキャラクター達が生まれたんだそうです。
105467:

撮影/橋詰真紀

カエル大明神なんてものもあったりして。
繩手通りにはこの他にもカエルグッズが目白押し。
ここにいるだけで、なんともかわいいカエル達に癒されちゃいますよ。

5.繩手通りで街歩きしながら、食べ歩きもおススメ!

繩手通りには個性あふれるお店がいっぱい。
街歩きをしながら食べ歩きなどもおすすめです。
114066:

撮影/橋詰真紀

繩手通りの入口付近にある、手焼きせんべいの「雷神堂」には食べ歩き用のせんべい(250円)があります。
焼き立てのおせんべいをパリパリほおばりながら、街歩きもいいですね。
ここのおせんべいの人気は信州味噌味。
種類も豊富なので、松本のお土産にしても喜ばれそうです。

次のページでは『5-2.名物一本焼きのたい焼き「ふるさと」』を掲載!
次のページを読む >>